なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「スプリーム(特上)」@ヨコハマシャリランカカレーの写真1600円。2018.02.11(日)、12:50訪問。先客女子2人。
謝甜記貮号店の行列を横目にエレベータで4階へ。カレーを店主が、揚げ物、マリネを寿司屋の若大将が作っている。銀杏BOYZのライヴがスクリーンで。今日の特選漬けはホタテ。

メニュー説明抜粋↓
シャリランカカレー=さば味噌ドライカレー×さかなの醤油漬けマリネ×かつお出汁のカレーあん×酢めし。
トッピング=メカフライ+マグカラ+特選漬け。
和風スープ付。

お茶(プーアル?)と、鰹出汁の和風スープから配膳。動物も少し入っているか?優しいスープ。
少し待って、揚げたてのフライ2種が盛られ、メインプレートが配膳。デカい。
どれから食べればいいか悩ましいところ。

マリネ2種とフライ2種から。
特選漬けのホタテマリネは海苔醤油がかけられる。レモン、ワサビの風味も。実はホタテ、そんなに好きではないのだが、コレは旨い。
サーモンとアボカドのマリネは塩気控えめで、サーモン、アボカド、ネギの風味がしっかりとマッチ。
フライは両方とも、穴子の詰めタレがかかっている。甘め。
メカフライ=メカジキのフライはサクサクフワフワ。
マグカラ=マグロの尾の身の唐揚げは、衣の塩気がかなり強めだが、中はふんわり。
思い出せる範囲ではあるが最強のフィッシュフライ。流石寿司屋、魚のプロ。旨い。

手前にはブロッコリーとジャガイモの煮たようなもの。優しい味わい。
ガリと紫玉葱のピクルスはいいアクセント。
大葉の裏には隠れかつお節佃煮。うん、佃煮。

マリネを大方食べてから、その下のさば味噌ドライカレーを。
マスタードシードがホールで。
味噌は強くなく、サバ風味にふんわりとスパイスの香り。
塩気も強くなくこちらも優しい味わい。

吉野葛使用の鰹出汁カレー餡は少し甘め。
鰹出汁風味に、スパイスは後がけのスパイスのみっぽい。
もう少しスパイス感が欲しいかも

シャリ飯酢は酢っぽさあまりなし。言われなければわからないくらい。
モルジブフィッシュはカリカリ。鰹風味は強くないが、いいアクセント。

全体的に辛さはほぼなしで、甘めに味わいが寄っている。
カレーっぽさはサバ味噌ドライカレーにあるくらいで、カレー要素は少ない。
スリランカカレーのように混ぜて食べる仕様ではなく、単品を楽しむのが良さそう。
それぞれクオリティが高く、1600円でも高くはない。ちょっと量が多いが。
甘いものが苦手な自分はもう少し辛さが欲しいなと思ってしまったが、一般的にはありなのかも。

今後量を減らして、価格を下げるなんて話もしていた。
店主と若大将は幼馴染らしく、調理も楽しそうで、雰囲気がいい。
公式FBを見てみたら、面白そうなメニューが登場しそう。また来てみてもいいかも↓
今後開発予定 ・まぜチャイナ(ルーローvsマーボー) ・不協和音(和カレーvsミャンマー油カレー/vsタイグリーン/vsインド海老カレー)
・スーパードライ(ドライカレーwiz薬膳スーパーフード) ・おさかなバクテー肉骨茶 ・寿司屋のフィッシュヘッドカレー

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。