なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「赤のべっぴん薬膳カリー 880円」@カリー&ワヰン ビストロ べっぴん舎 柏店の写真平日の12時半に到着。柏ボンベイの系譜のお店が御茶ノ水で好評を得て、地元に支店を出したことに興味を持って来店。場所としては好立地ではないものの、御茶ノ水と同じマークが壁に掲げられていた。入店すると全て一人客の女性3名で、恐らく地元の方ではなかろうか。一番奥のカウンターに座り、掲題のメニューを一番辛い6・ライス大盛(無料)でオーダーして待つことにする。

出てきた一皿は確かに赤が目立つカレーで、ホールスパイスや細かく刻まれた玉ねぎが目立つビジュアルで、ライスの皿は正しくボンベイを彷彿とさせるモノである。ポテトサラダが最後に添えられた。カレーをそのまま食べてみると、強いスパイス感に酸味と甘みがあって美味しい!スパイスはカルダモン・クミンにペッパー系で、辛さ6なりのビシッとする辛さがくる。ただヒリヒリ感は長く続かず、激辛でも食べやすい辛さである。酸味はトマト、甘みは玉ねぎと思われるが、野菜由来の旨みも目立ち、ベース出汁に野菜をかなり使っているカレーだと思った。赤い色は何かのスパイスの色だろうか。このカレーをライスにかけて食べてみると、ライスがカレーに浸み込み、ライスの香ばしさや甘さと相俟って美味しい!ライスはやや硬めの炊き加減で、クオリティもGOOD。柏ボンベイの系統ってライスのクオリティが良いと勝手に思ってしまった。具材はチキンにオクラやトマト等の刻まれた野菜類。チキンは大小4~5個入っており、カレーがしっかり浸み込んでいる仕様で美味しい。野菜類はほぼ固形ではなくなっているが、ライスと一体感があって美味しいと思った。ちなみにポテトサラダはマッシュポテト的な食感で、個性的な付け合わせだと思った。最後にデミタスコーヒーが提供され、苦味が美味しさとなっている味わいであった。

スパイスを多種多様しているだけではなく、野菜類をふんだんに使って旨さを引き出しているカレーで、辛さ6でも薬膳感もしっかりとあった味わいであった。薬膳カレーはかつてcresson(亀戸・閉店)で食べたのが好印象であったが、こちらもタイプは違うものの素晴らしい味わいであった。会計時軽く店主と話すと、辛さ6を選ぶ人は少ないとのこと。その辛さでこそ今回は満足感があった。店主の仕込みを見ながら退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。