なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「牛骨醤油ラーメン定食(並盛)1,058円」@焼肉屋の写真●2017年4月28日(金)晴 12:08訪問 12:19着丼。

●JR高崎駅東口にされている温度計が20℃を表示していました。

●今日の昼は、群馬県高崎市栄町(高崎駅東口ヤマダ電機5F)にある『わぎゅう専科 焼肉屋』さんへ訪問をしました。

●訪問時に先客が数人いました。

●今回も【牛骨醤油ラーメン定食(並盛)1,058円】を注文ました。

●注文時に女性店員から写真撮影の許可を頂きました。

●牛骨醤油ラーメン定食には、牛骨醤油ラーメン、カレーライス、野菜サラダが付いている定食です。

●カレーは、甘くなく辛くない美味しいカレーライスでした。

●お腹が一杯になりました。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「トマトカレーとうどんセット 780円 ※」@水織の写真※北本トマトカレー 単品:650円

土曜の13時半前に到着。以前から注目していたこの地区のカレーであるが、機会を見つけてこの度来店。本来は別なお店に行こうとしていたが、食事を提供しなくなったと知ってこちらに変更した。入店すると席数の多いお店で、店員さんも多い。天井が高いのも特徴的である。単品でいこうかと思ったが、うどん店にて掲題のメニューでオーダー。この曜日のこの時間はファミリー層が多かった。

出てきたセットはドレッシングのかかった新鮮に見えるレタスにミニトマトの肉巻きフライ・トマトライス、そしてトマトの入ったカレーと統一感がしっかりと見えているビジュアルで、トマト好きには堪らないビジュアルである。まずカレーをそのまま食べてみると、トマトの酸味と挽肉の旨みに一体感があって美味しい!スパイス感も程良くあるが、辛さはほとんど見えていなかった。トマトそのものの旨みを優先した味わいである。ライスはトマトの入っており、油を入れて炊き込み御飯にしたという印象。食べてみると結構酸味が強く、トマトの存在感があって美味しい!適量の油類が絡んでおり、カレーと併せることによって味が引き立っていた。トマトは本来水分が多いので、よくこの色を出せたなあと感心しながら食べた。量的には価格を考えると妥当な量である。そのライスとカレーを混ぜて食べると、トマトメインの味わいにシナジーがはっきりと出ていて美味しい!優しい味でもあるが、後半に辛味があるか確認すると、最初に出し忘れた旨を話され、お詫びの言葉があった。その姿勢がGOOD!辛味スパイスを大量に投入して食べてみるとこれも美味しいが、辛味スパイスそのものがさほど強い辛さではないというのがわかった。ミニトマト肉巻きフライは二つにスライスされ、そこからトマトと肉の汁が出ている仕様で、そのままでも味わいがGOOD。カレーと併せて食べると、これも一体感があった。

ちなみにレタスはやはり新鮮な仕様で美味しく食べることができた。全体として優しい味わいのカレーで、創意工夫によってトマトの個性を生かしたご当地カレーを堪能できたと思った。この一皿としては満足できるモノであったが、辛口嗜好の方には優しすぎる味わいであるので、別添えの辛味に工夫があるとさらに美味しく食べることができるのではと思って退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ミニカレー(¥280)」@丹波屋の写真インドカレー@立喰蕎麦

本日はコチラ「丹波屋」へ伺い「ミニカレー」を頂いて参りました。朝に訪問してミニカレーをオーダーするも、「カレーは10:30からです。」と言うネパール人の女将に冷たくあしらわれ、ツンデレ期待でお昼の再訪ですw さて「ミニカレー」。直径15センチほどの平皿で提供。壺漬けの沢庵が立喰蕎麦屋のフレーバーを感じさせます。インドカレーは結構サラサラです。辛味はそれほどでもなく、具材も煮込まれていてよく分かりません。サラサラ故にごはんに流れ込んでいく感じでよく馴染みます。ミニカレー故にあっという間に完食完飲。秒で退店となりました。ご馳走様でした!コチラのお店は細うどんもあるみたいなので、次回は細うどんでカレーうどんをおねだりしてみたいと思いますw 再び、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「豚バラ肉とほうれん草のカレー(カニクリームコロッケ付)」@ジンコックの写真出張で上京するので、激戦地と噂に高い神保町周辺で美味しいカレーを食べたいと探した所、このお店が気になったので行ってきました。
なんでもカニクリームコロッケが絶品とか。そもそもカニクリームコロッケが大好きな私としてはこれは行かないわけにはいきません(笑

大通りからちょっと入った所にありますがなかなかの人気店のようで、時間が悪いと満席になっているそうです。
少し遅めの時間を狙ってゆきましたから、オフィスのお昼休みは終わっておりすんなりと座れました。
とはいえ、ガラガラではなく7割方席は埋まっていましたし、入れ替わりお客さんが入ってきます。
確かに人気店のようです。

メニューはおすすめにしました。辛さは「辛口」と言いたいところですが、「極辛」がおすすめとあるので、ここは極辛で!
待つこと数分。スタンドカレーではないのですぐには出てきません。
その間にメニューを拝見。注文したインドカレーの他に、欧風カレーとトマトカレーというジャンルがあるようです。
周りの人の様子を見ていると、どうやらインドカレーはルーがお皿に、欧風カレーはルーは例のカレーフー用の銀色の器に入っている模様。(トマトカレーは不明)

やってきたカレーはシャバシャバのカレーです。
そして辛い!でも、とても美味しい!!
カニクリームコロッケとの相性も抜群!

じっくりと味わってきました。

また状況の際に、時間が許せば立ち寄りたいです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カライライス(普通盛) 800円」@スタンドニューキャッスル神田の写真銀座の老舗が神田駅東口に来たという情報をゲット!

しかし支店という訳でなく、元々の焼き鳥店の昼時間
を間借りしての営業みたいである。店内は5席と狭い。

カレールーからライス、目玉焼きに至るまで全てを
銀座の本店から持って来ているという体制という事だ。
此方の店が狭過ぎて、一切料理の仕込みが出来ない…
という理由からそうなったとのことである。。。

此方のメニューは銀座的な駅名表ではない!
「大森=小盛り」で「蒲田=普通盛り」だから、常連客以外ややこしいいので止めたのだろう…。
此方では普通に「普通盛り 800円」と「ちょっと少なめ 700円」の2種類のみである。

自分は今回「普通盛り(蒲田)」を所望!
もう器から何から全てが銀座本店そのままである!!甘くて辛くて、目玉焼きがツルンと美味い!
カレー激戦区「神田」に参戦したのは、自分のようなファンとしても嬉しいことである。。。

店内のあちこちに貼ってある「焼きとり」のメニューを見て想像したのだが、
此方の夜の部で販売している焼きとりの具をこのカレーにトッピングしてもきっと旨いと思う…。
神田限定『ニューキャッスル』と『バードマン』の合作カレーなんてのも今後やればいいのに。。。

個人的には、普通にチキンカツだけでもトッピングして食べてみたいと痛切に思う…。
ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーナポ(並)+目玉焼き+ソース増し+α」@スパゲッティーのパンチョ 池袋店の写真750円+50円+100円。2017.04.25(火)、20:30訪問。先客11人、後ろもポツポツ途絶えることなく10人くらい。同一価格で【小300g/並400g/大600g】選択可能。
スタナポにカレーを追加できるか聞いてみると、厨房のお兄さんがしばし思案後、可能とのこと。お願いする。追加料金を聞くとなくていいと。ありがたい。
卓上には卓上には粉チーズ、タバスコ、ソース、胡椒。スタッフ声掛けで普通のスプーン、香味唐辛子たれ、マヨネーズあり。御徒町と編成が違う。10分たたずに到着。

公式HPより概略↓
前日に茹で置きした極太麺。ほどよく水分を吸った麺がソースによく絡む。アルデンテってなんですか?

早速ホールのお姉さんに声掛けし、マヨネーズと香味唐辛子たれを入手。端にかけておく。

太ストレートのスパゲティ。
芯なしもっちり。柔らか過ぎもせず、THEナポリタンって感じで旨い。
並で400g。しっかり多め。

スタナポ要素で、ニンニクの芽、フライドガーリック、刻みニンニクが入っている。
特に刻みニンニクは粗めで二郎のマシ量が入っている。ガッツリ。

ソース増しはナポリタンソースのみ増しだろうか?
こないだ御徒町で食べた時よりカレー感は少なめ。
ほぼケチャップ系にニンニクしっかりで、スパイス感は飛んでいて、ふんわりカレーっぽいくらい。
辛さもほぼなし。

ピーマン、玉葱、ジャガイモ、小口切りウィンナー。
ジャガイモはしっかり炒め(揚げに近い?)で外側硬めで中ホクホク。
ウィンナーもプリッとしていて旨い。
目玉焼きは上部ほぼ生、下部は完熟。下面のみ焼きだと思われる。

粉チーズを随時スプーンでバサッと。
安いチーズの風味だが、大量にかけられて間違いないB級の旨さ。
タバスコ鉄板。香味ダレはピリ辛弱に少し甘みあり。局所使用で味変にはいい。
マヨネーズは玉子とチーズミックスでカルボ感。マヨ好きには間違いなし。

ニンニクがっつり。旨い。が、平日はヤバイ。
御徒町はしっかりカレーっぽかったので、コレでカレー感が同様であればもうひとレベル違う旨さだったと思われる。
ソース増しが失敗だったかな。。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレー+チーズ」@ぼんごの写真250円+50円(画像左)。豚キムチ+納豆(250円+50円/画像右)、とうふ汁(170円)。月曜日は終日ランチ料金で、おにぎり2個セット+とうふ汁で570円。トッピング50円2つで670円。
2017.04.24(月)、19:30過ぎ訪問。サクッと食べて帰ろうと、コチラへ。先客6人、後客5,6人。おしぼり提供あり。お茶はホットorアイスが選べる。1ロット4個。店長が常連さん(?)とライン交換なんかしてたり、持ち帰りが優先で作られたりで20分くらいかかって到着。間が悪かったか。

多めの米をまな板へ置き、具材を乗せ、同量の米を置いて海苔で挟み、ギュギュっと成型する。

公式HPより↓
新潟県岩船産コシヒカリは棚田米を使用。
海苔は香りが豊富でアミノ酸の含有量が多い有明産を使用。
ミネラル豊富でクセのない沖縄の塩。
カレー   ¥250円
味噌に見えますがカレーです。(・・;)
食感に竹の子。本格的に炒め玉ねぎで甘さを出しています。

煮詰められたウェットなドライカレーが適度に空気を含んだおにぎりの中に挟まっている。
具1:米2と何かに書いてあった気がする。しっかりと具が入っている。
カレーは濃厚。玉葱の甘みの後に辛みがじんわりと来て旨い。
強くはないが意外とスパイス感あり。竹の子はわからず。
チーズはとろけるチーズ。普通のミックスチーズで、合うけどインパクトは薄いか。
米と塩、海苔が旨い。そこにカレーがバッチリ合う。
このレベルが普及すれば、カレーパンよりカレーおにぎりが主流になるであろう相乗効果。
チェーン店とか蕎麦屋のカレーライスより断然好み。

とうふ汁はネギ、有明産海苔入り。花かつお厚削りと昆布出汁で無化調らしい。
ちゃんとした味噌汁ってやはり旨い。スーパーの味噌で作る家での味噌汁と飲み比べて違いを探してみたいと思ってしまう。
コチラはお替わりOK。次は待っているときに一杯空けてしまおう。

豚キムチ+納豆はやはり鉄板。
豚キムチ説明「豚バラ肉と白菜キムチのごま油炒め。結構辛いですよ!挑戦してみてください。」
納豆説明「ただの納豆ではありあせん。塩と一味で味付けしました。」
ピリ辛ちょいのキムチに豚の味わいと納豆の風味。うまくないはずなし。

サクッと完食。もうひとつ食べたくなったが、ちょっと待ちそうだったのでご馳走様。
間が悪く待ったが、混んでなければ提供は早そう。時間帯問わず意外と混んでそうな気もするが。。
チーズがさほどだったので、次回はトッピングベスト⑨位らしいカレー+牛すじ(牛すじ煮込みに山椒・七味)を食べてみたい。
職場池袋から近いので、呑みの〆の新たな選択肢ができたのが嬉しいところ。
筋子、卵黄、うにくらげ、山ごぼうetc...食べたいものが多くて困ってしまう。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「Aランチ 日替りカレー 800円」@アールティの写真2017/04/23 秋葉原でカレーを求めるため昭和通り口改札に行くと通行止め。
爆弾処理班なんかも出動中。それを横目に此方を目指します。再訪です。
お店は雑居ビルっぽい建物の2階。階段が奥まっっていてり分かりにくい。
スタッフに誘導され着席。「ヒガワリはスメズとチキンでーす」と云われた。
メニューを見ると定番チキンは唐辛子マーク1つ。日替りは唐辛子マーク3つ。
なので口頭で標題を注文。しまった!ライス指定を忘れた。ま、いっか。
確かにカレーは辛いですが、適度な辛さです。来てよかったな。ご馳走さまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「クラブレッドカレー(レギュラー/M) 1680円」@CRAB REDの写真蔵前は『バンダイ』本社前にオープンした新店!

タラバガニが乗った「クラブレッドカレー」1種類だけで
勝負する斬新な店舗である。1人前1680円なので安くない。

オシャレな店内は意外に広く、全部で37席位在る…。
辛さと飯の量を選ぶ「ココ壱」方式である。
辛さ「レギュラー」でも結構バシッと辛い!白飯は300gでMサイズである。価格の範囲内。

サラサラのタイ式レッドカレーで、意外と見た目より飯の量が多いので調子に乗ってカレールーを
ガツガツ食べていると後半ルーが足りなくなるので注意が必要だ。ルーの中に蟹以外具は無い。。。

タラバガニの足は予め半分にカットされているので、あとは専用スプーンで出すだけなので簡単だ。
だが、この蟹足。値段の割には香りも風味も弱めである…。ボリュームも少ないし若干物足りない!

かと言って、飯を大盛にしてルーも増し、蟹足をトッピングすればあと1000円以上増す事になる。
普通一般的に、欧風カレーの店で1500円も出せば、結構なシーフードカレー等も食べられる筈である。
そういう意味ではコスパは低めだと言える。。。

味は普通。確り辛いし「レッドカレー」としては旨い方である。でも他に具も無いし普通だ…。
生のパクチーが味と風味のアクセントだが、それにしても少し寂しい気がする。

この辺のお客さんに馴染むかどうかは疑問である。。。
多分、数か月後には他の安価なカレーメニューも登場しそうである。でないとやっていけないだろう。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「こんにゃく入まんぷくカレー 無料」@こんにゃくパークの写真平日の14時半に到着。来店時の状況は先に取ったRDBで。カレーもあったので、3切れとカレーを皿に盛って食べることにする。表示されているカロリーは数あるメニューの中では一番高かった。

食べてみると、赤みのあるこんにゃくを使用しており、恐らく唐辛子をイメージしていると思われる。こんにゃくそのものはほとんど辛くない仕様で、そのものは美味しいが、カレーの方は、粘度があってマイルドそのものである。というかスパイスや辛さが感じられない仕様で、どちらかというと牛脂と小麦粉が勝っている印象であった。

無料なのでいろいろ言いたくはないが、こちらは低年齢の子供がいる家族連れをターゲットとしている印象の味で、自身の普段の嗜好とは全く異なった味わいであった。カレーとこんにゃく双方にもっとはっきりとした味のアクセントがほしい。試食皿を返却口に置いて会場を後にした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件