なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中村屋純印度式カリー 1620円」@Mannaの写真久し振りの新宿東口。

暫く来ないうちに、
高埜のビルが海外ブランドになってた!
その隣の中村屋ビルもオシャレに変わった。

店舗は地下2階に在り、
店頭の椅子に座って行列に接続するシステム。
自分の時は外待ち2人で直ぐに入れた。。。

本当に暫く振りの「印度カリー」は、結論から言えばかなり美味しかった!
やはり、老舗の変わらぬベストセラーにはそれなりの理由がある訳である。
今の流行のカレーと違って、どっしりと構えた貫禄がある。毎日でも食べられるカレーだ。

3種の薬味。ラッキョウ・ピクルス・玉葱アチャール。
3種の調味料。粉チーズ・マンゴーチャツネ・オニオンチャツネ。

これらの薬味の出し方にも此方の拘りを感じるが、どれもあまり使わないので勿体ない感じも…。
このセットも価格に入っているので、コスパの低さが少々難点である。。。

黄色味がかったカレーは円やか&スパイシー!辛さは殆ど無くて万人向けの味付けである。
大きな骨付きチキン、ジャガイモ1個は中々に食べ応えがある。ライスの仕上りも美味しい…!

これはコレで美味しいカレーではあるが、どうしても年配客が観光スポット的に食べてる感がある。
自分もそのうちの1人だが、やはり此方は歴史を食べている感の方が大きいのである。。。

今は本者のインド人が作る本場仕様のカレーがもっと安価で食べられる時代だからである。
ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ダルバットセット」@チトワン タス ガル & バーの写真650円。2017.06.26(月)、20:00前訪問。久々に新大久保。ネオンと店からの薫りが日本ではないアジアの薫り。う~ん、いい感じ。
大通りを曲がり、暗めの路地を歩くと到着。ネパール人グループ2組10人ほどが呑んでる。なかなかのアウェイ感w こちらもモロ現地。Youtubeで流しているネパールTVドラマに大受けのネパーリ達。
日本初を謳っているチトワンタースも気になったが、カシコマスに飢えていたためコチラで。

セット内容
◇マトンorチキン ◇ライス ◇ダルフライ ◇タルカリ ◇アチャール ◇サラダ

マトンはスープタイプでなく、ちょっとがっかりしたが、味わいは間違いなし。
玉葱(+トマト?)メインの素材感。ウェットだが、底にたまる水分はない。
クミン、カルダモンの風味が少し前に。ニンニクが割と効いていていい感じ。辛さはほぼなし。
マトンは小骨が付いている。羊風味バッチリ。マトンを食べたい=これを味わいたいという味わい。旨い。

タルカリはクミン、ニンニク少しにスパイス風味。こちらも辛さはほぼなし。
インゲン、カリフラワー、ジャガイモ、豆。味わいしっかりでいいおかず。

ダルはネパールベーシック。
豆の優しい味わい。塩気は控えめであっさり。味噌汁的役割。

アチャールは忘れられていたので、言うとすぐに持ってきてくれた。
ピリ辛強。ニンニク、トマト風味メインにいい感じにスパイスが。
ややシャープな味わいで、ここしばらくで一番旨いゴルベラコアチャールかも。

「サラダ」はキュウリと人参のスライス。
ネパール系店でサラダと表記されているとコレが多い。
人参はあまり好きではないのだが、アチャールを多めにつけると普通に旨い。

ライスは日本米だろうか。水分は多くはないが、もっちり食感。
米のいい薫り、味わい。量はちゃんとあり。マトンとタルカリをオカズに米が進む。

オカズがライス量に比してやや少なめか。
今回はダルはライスにかけずに食べたのでダルもかければちょうどかもしれないが。
最後に少しライスが多めになったが、アチャールご飯がまたいける。このアチャール万能。

腹八分で完食。
カシコマスがスープタイプじゃなかったのが残念だが、コレはコレですごく旨かった。
食べログ写真を見ると、セットではネパールの真鍮器に入ったスープタイプなので、ダルバートは器の関係で汁気を無しにしているのかも。にしてもほぼ固形だったが。

マトンの旨味でいうとインドよりネパールの方が当たりが多い気がする。
そろそろ久々に現地味のスープタイプカシコマスを食べたい。。
ナスコフードコードで帰りにBBQチキンを食べて締めようとしたが、まさかのシャッター。臨時休業だろうか。。年中無休のイメージだったのだが。残念orz

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメンカレーセット」@あさひや食堂の写真初訪問~!

ラーメンカレーセットのカレー!
見た目、黄色いですね~
具材はシンプルな肉、玉ねぎ、ニンジン、じゃがいも、かな~?
とにかく、昭和感、全開です‼
沖縄限定の○ンカレーは問題に成らないと思います(個人的)
大変美味しく頂きました‼

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チキンビリヤニ」@ケララの風Ⅱの写真【日曜限定】1100円。2017.06.25(日)、12:30頃訪問。店内含め5人くらい待ち。欧米人観光客が10人くらいおる。幸いすぐに入れた。
ミールスにも惹かれるが、今回は初のビリヤニを。アチャール多めでお願いする。

温かいが少し温度が下がっているか。
塩気は控えめで、あっさりとした味わい。
様々なスパイスが疎らに薫る。クローブ、シナモンあたりが薫る回数がやや多い。
クローブ、カルダモン、コリアンダーシードがホールで確認できた。
米は恐らくミールスと同じ。短粒種のインディカ米。パラパラふわふわで見た目よりも食べ口が軽い。

チキンは手羽先が5本くらいに小さいモモっぽいのがひとつ。
味付けはされていないが、鶏味はあり。
カシューナッツがけっこう入っている。レーズン系が少し。
上にかかっているフライドオニオンとフレッシュコリアンダーはいいアクセント。

ライタは塩気しっかり。野菜微塵に生姜も少し。合う。
アチャールはしっかりしょっぱい。辛さは少し。柑橘系の味わいもいい。

マサラオムレツも注文(料理写真参照)。シンプルで旨い。
卵、青唐辛子、玉葱、トマト、塩のみの構成。コレ、家で作ってみたい。

食後はチャイかコーヒーを選べる。チャイで。
ふんわりスパイス風味に、優しい甘みがいい締め。

ビリヤニはおかわりなしなので、サクッと完食。
やっぱりココに来たらミールスかなぁ~。サイドメニューはまた少しずつ試してみたい。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「カレーライス 590円」@札幌ラーメン えぞ松 本店の写真2017/06/21 所用で外出。少し時間があったので駅の反対側にある此方に。
久々の訪問です。前回は看板メニューのホイコーロー定食を戴きました。
が、メニューにカレーがあることを知り、そそくさと注文します。
着皿が早いのがいいですね。2、3分で出てきました!
味は家カレーの味プラスニンニク風味。これは美味しい。ビックリしました。
と云っては失礼ですね。お店の方の対応も優しく丁寧。
見た目は町の中華屋さんです。気軽に入れます。でも大盛は危険らしいです。
ご馳走さまでした。また来ます!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「キーマ・マトン」@CURRY BAR HENDRIXの写真870円。2017.06.24(土)、12:00前に訪問。店内8割ほどの入りで、並びこそできないが客足は絶えない。以前、夜に来たら満席。別日夜に電話をしてみると予約満席だったので、やっとこさランチでの訪問。
評判のいいポークカレーが本日の日替り。迷ったがマトンで。ライスとナンは2/1ずつを。
卓上にはカイエンヌペパー。BGMはおとなしめの洋楽がかかっていた。途中で次のCDを選んでいたので、日によって違うのだろう。
先にピクルスが到着。タイミングが悪かったのか、配膳まで割と待った。

マトンキーマはウェットタイプ。
北インド系でオイルが浮いており、生クリームがかかっている。
少しだけ形を残した玉葱と、トマトがベース。味・コクしっかり。塩気は適度。
スパイスは強めにバランスよく。シナモンの風味がたまに少し香る。
辛さはピリ辛弱。卓上のカイエンヌペパーで調節。ソースに寄り添ってしっかり辛くなる。
マトンは粗挽きがたっぷりと。ひとつひとつが大きくまとまっていて羊風味しっかり。
ソース全体にも羊風味が馴染んでいる。
ガルバンゾもたくさん入っている。食感、風味がいいアクセント。

タンドールあり。ナンはできたて熱々。
上にギーかバターが少しかかっている。生地に少し甘みあり。
表面はパリッとしているが、厚みがあってみっちり食感。
個人的にはもう少し薄めが好みだが、北インド系のカレーによく合う。

サフランライスは日本米。薄く色付いている。
ナンよりこちらのほうが合うか。いやナンも捨てがたいか。
ピクルスはゴボウ、赤パプリカ、シメジ、キュウリ、セロリ(?)、人参。
ゴボウ、シメジのピクルス珍しい。風味も残っていていい感じ。

腹八分で完食。旨かった。
次はポークを食べてみたいところ。夜のメニューも旨そう。
原宿から歩いてきたのだが、途中のMOKUBAZAに行列ができていた。
最近テレビででも紹介されたのか、オサレ系人気で常に並んでいるのかは謎。コッチのが旨いけどなぁ~。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏肉のエスニックカレー 辛口(定食)」@中華料理 味楽来の写真800円。2017.06.23(土)、18:40訪問。先客1人。ネットで何回か見たことのある中華料理屋のカレー。店主(?)はちょっと強面だが、接客がソフトで素敵。
卓上には醤油、酢、辣油、七味、黒胡椒。
単品でも定食でも価格は同じ。単品はライス無しらしいので、量が違うのかも?定食はライス、サラダ、スープ、キュウちゃん付。

厚めの油層あり。素材感はほとんど残っておらず、サラサラ。
見た目は日本のカレーというより北インド系。カレー風味は日本寄りの印象。
ナンプラーだろうか、風味は強くないが醤油系風味。
塩気はけっこう強いが、しょっぱいもの好きには問題なし。ライスが進む。
確かに言われてみればオリエンタルな感じの風味があるかも。なんだろう。やはりナンプラー?
カレー味はカレー粉だと思われるが、家庭カレーよりもスパイス感が少しだけ強いくらい。
辛さは微かにあるかないか。唐辛子の輪切りが数片入っていたが、食べても辛くない。
「この頃タイ産の唐辛子が手に入らず、日本の唐辛子で」「辛くないわよね〜、ごめんなさいね〜、でも美味しいわよね~」と中国系ぽいホール女性より。

鶏モモはたっぷり。プリップリのいい食感。
鶏味もちゃんと残っていて、カレーソースとバッチリ合う。
その他具材は縦1/6カットくらいのナスが一本、ジャガイモひと欠片。

ライスは日本米。
やや少なめ量。黒ゴマが散っていてたまに風味がする。
黒ゴマはたまに歯にヒットすると香る。そんなに相性は良くないが、アクセントとしては悪くない。

サラダはキャベツメインで普通だが、あれば嬉しい。
スープはあっさり塩ベースの卵スープ。カレーもほぼスープなのでそんなにいらない気もするが、飲めば落ち着く。
タイ産唐辛子でしっかり辛ければ、スープが箸休めになるのかも?
キュウちゃんはこのカレーには正直合わないが、味変、箸休めとしてはいい。

サクッと完食。
スパイスは強くなく、インドっぽくはない。かと言って中国系っぽい調味料(山椒/八角等)も感じず。しかしながら日本カレーとは全く違う。
エスニックな雰囲気のある(そもそもエスニックの定義が曖昧だが)、オリジナルのカレー。旨かった。
タイ産唐辛子バージョンのときにまた来てくださいね~と帰り際に言われた。ぬぬぬ。これで辛みがあったら確かに旨さがワンステップ上がるだろうなぁ。
東口勤務には意外と西口が遠い。機会があったらまた来たいところ。

一緒に頼んだ餃子は普通だった。
https://gyouzadb.supleks.jp/review/1074954.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ゲン キョ ワン(ヌァ)」@プリックの写真グリーンカレー(牛)1500円+カーオニャウ500円。2017.06.22(木)、20:30頃訪問。現地テイストが味わえると評判のコチラへ。
広くはないがほとんど席が埋まっている。タイ人1組おる。みんな呑み。キッチンに女性2人、ホールに男性1人。もちろんタイ人。卓上調味料なし。
辛さ抑えますかと聞かれたが、タイの辛さでお願いをする。
タイ米がよかったが、ライスは日本米とのことなので、カオニャウ(もち米)で。
さほど待たずに、デカイどんぶりで配膳。できたて熱々。

ココナツミルク風味にナンプラー少し。少しトロリとしている。
そこそこ甘みあり。辛さはピリ辛ちょいで、甘みは残るがいい感じに相殺される。
バイマックルーどっさりに、レモングラスの風味も。柑橘系がよく効いている。
ガパオ(ホーリーバジル)も割と入っていて、コチラもいい風味。
カーも強くはないが微かに感じる。

具がどっさり。
牛肉はたっぷりだが、硬めで風味は弱い。
タケノコ千切りがこれでもかと。当然旨い。
ナスが多めに。赤パプリカそこそこに、ピーマン少し。

もち米は熱々。みっちりと詰まっていて、意外と量あり。
風味いい。そのままだとやや硬く感じるが、カレーソースに付けるとハラリとほぐれる。

腹一杯で完食。
グリーンカレーにはクルワンプルーンを用いないのかもしれないが、味変にあったら間違いないだろうな~。強くはないが甘みが苦手なので、もう少し辛さやしょっぱさを追加できたらまたいい感じになったと思われる。
まぁそもそもグリーンカレーって基本的に甘みあるから仕方なしか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ランチミニカレーライス 100円」@二代目司流 とことんらーめんの写真ランチタイムで麺類を注文した者に限り、
なんと100円で追加出来る「ミニご飯」シリーズ!

他にも、叉焼ご飯・鶏そぼろご飯・とろろご飯・
ちりめんご飯・アジフライご飯・ハムカツご飯・
鳥唐揚げご飯・卵かけご飯・・・等がある。

確りとした手作りのカレーライス!
野菜や肉のエキスが溶け込んでいて中々旨い!!
付いてるカブの漬物が庶民的で良かった。。。コレで100円とは超お得なメニューである!

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「黒のべっぴんカシミールカリー(4辛) 880円」@ビストロべっぴん舍の写真神保町は名店『エチオピア』の在る通り沿いに新しく
出来たお店である。立ち食いそば屋の2階の店舗だ。

基本のカレーは4種類。あとはワイン押しのBARである。
本格的なスパイス使いの辛いカレーを出す店で、
早くもカレー好きの集まる人気店となっている。。。

自分は「黒カシミールカリー」をチョイス!
既に店内にはスパイシーな良い香りがしていて期待は高まる。ビールを飲みながらゆっくり待つ。

先ずは、アチャールとマッシュポテトの小皿が来て、その後平らになめした艶やかなライスが登場。
そして真打「カシミールカリー」が提供された!圧倒的な香りに包まれた真っ黒いビジュアル。
中には骨付きチキンと人参、茄子、ブロッコリー等がごろごろ入っている。スープはサラサラ…!

最小の「4辛」でもかなりの辛味だ。ガツンとバシッとシャープで爽快な辛さ!こりゃ~癖になる。
『デリー』のカシミールにも似たタイプだが、あちら程辛味が鋭角的ではなく爽やかな旨味が続く。

なんとも白飯に合うカレーである。玉葱アチャールもマッシュポテトも中々美味しくて笑顔になる。
後からジワジワと汗が出る辛味で、この爽やかさは不思議と全く嫌ではないのだ。。。

激戦区の新参カレー店だったが、かなり自分の口に合った嬉しい店である。
ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件