なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
79

「季節の焼カレー」@こせりの写真1080円。2018.11.09(金)、14:15頃訪問。先客3組5人、後客2人。
マトンカレー単品にしようかと思っていたが、表題メニューとほうれん草ソースのパスタ(Sag Curry Pasta)がいつの間にか登場していた。パスタは今は出せないそうで(夜メニュー?)、焼カレーを。

たっぷりミックスチーズ。
すぐ下にトマトソースの層が厚めに。
スパイス感は弱めで、欧風寄り。
というより、カレー風味は少なめで、トマトグラタンに近い。

鶏だと思われる挽肉がトマトソースにしっかりと。
季節の焼きカレーとあるが、野菜は少ない。
ソースのトマトと玉葱以外は、表面に乗っているヤツだけかも。
マッシュルーム。ナス。や、普通に旨いけれども。

たまにクミンが香る、カルダモンも。
ホールが少し入っていて、当たると香る感じ。

ライスは日本米っぽい。少し硬めくらい。量は普通。
チーズしっかりなのと、トマト挽肉ソースがしっかりとで少し重く、腹は膨れる。
代わりに後半少し飽きるか。

カレー感は少ないけど普通に旨い。
グラタンとしてはコレでいいのかもだが、カレーとしては、もう少しクミン等スパイスが多いほうがいい感じになりそう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件
80

「オムドライ(辛口)」@むさしやの写真750円。2018.11.07(水)、17:50頃訪問。ニュー新橋ビル。ひと席の空きにスルリと着席。後ろは1,2名並びが続いていた。回転が早いので、並びもさほど待たない。
カレースパ、メニューから消えている。コチラを辛口で注文。
卓上にはソース、タバスコ、胡椒、塩。

フライパンでしっかりと炒められている。
ドライカレーは香ばしさあり。意外とスパイス感もあり。
チリピクルスの荒微塵が割と入っている。
辛口仕様で多めに入っているのかも。ちゃんとピリ辛強あり。酸味も合う。
具は豚バラの細切れくらいだった気が。普通に合う&旨い。
ライスは少し硬め。焦げ弱箇所の食感もいい。量は若干少なめ。

オム部分は卵ひとつ分くらいだろうか。
目玉焼き(100円)がふと目について、追加でオーダー。
卵だだ被りになったが、オムより半熟の黄身のまろやかさがドライカレーに合う。

ナポリタンが多めに。
さほど特徴のないパサめのナポリタンだが、それがいい。
後半タバスコを少し。

キャベツの千切りはマヨネーズ少ないのでソースで。
味噌汁付き。合う。食堂の茶碗のような椀に入っているのがまたなんとも言えずいい。

大人のお子様セットといった趣。
ドライカレーの味わいは少しだけ高級版。
老舗@ニュー新橋ビルというのが美味しさアップになっていそうだが、旨かった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

スパイスの効いた辛さの中に旨味があって、ルーを最後の一滴まで飲み干してしまいます。
チキンカレーの最高峰です。

場所柄、週末は家族連れが多そうですが、このカレー目当てに一人で来ている人も結構います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ロースかつ河金重 1100円」@河金 千束店の写真今日もランチ時にお邪魔した。

ランチメニューに「河金丼 800円」も
あるのに、敢えて表題のお重を頂く。。。

昼時は「鶏唐揚げ 2個」もサービスで付く
のでお腹いっぱいになるし高カロリーだ!

たっぷりのカレールーには粗挽きの鶏挽肉。
ロースかつと白飯の間には千切りキャベツ。
この感じは「金沢カレー」にも通じる!?

辛くなく、とろっとまったり美味いカレー!
カツの感じもとっても良い。柔らかく、
豚肉の風味もあり、且つ家庭的な雰囲気だ。

また、此方は自宅からも激近なので、
フラッと実家にカレーライスを食べに帰った
ような気分になれる。塩辛い味噌汁も好き!

此方って基本的には「トンカツ」店なので、
たまにはカレーじゃない料理も色々頂こうと
思うのだが、どうしてもカレーの魅力に
負けてしまうのである。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

スパイシーなルー
とろけるポーク
ホクホクのジャガイモ
こちらのポークカレーは、自分的には日本最高峰です。

でも実は、本店よりも、ここのセントラルキッチンのミミカ(埼玉県三芳町)の方が、全てにおいて完成度は高いです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

浦和競馬場の近く、競馬場通りからちょっと住宅街に入ったところにあります。一見、普通の住宅のようですが、1Fが店舗になっています。地元でもかなりの人気店で、12時開店ですが、30分前には結構並んでいます。 味はスパイスの風味がよく出た本格派のカレーで少し酸味があります。 ”今週のカレー”は週ごとに具が変わります。具もサンマやアサリ、サーモンなど珍しいものが出ます。おすすめはチキンカレー(大)です。チキンレッグが丸々入っており、ボリューム、コスパとも十分です。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製ビーフカレー」@地雷也の写真焼肉屋さんの昼のみ営業のカレー店へ。ごろんとした肉は、1000円超のレベル。

 ただカレーは、少し不満。ごはん、ルートもボリュームは文句ないが、ルーはレトルトレベルで満足感が少ない。一方、牛肉は存在感があり、不満を解消してくれる。トロトロではないが、十分柔らかくて合格。しかし、味は普通。カレーに入れるなら、カレー味を足してほしいものだ。普通のカレーの肉がカレーと同居しているとすれば、ここは別居状態。カレーと肉を食べた印象で、ボリュームの割には、満足感を味わえなかった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「カレー丼」@神田まつやの写真1000円。2018.11.05(月)、19:30頃訪問。店内7,8割埋まっている。
池波正太郎に愛された店とのこと。ロンプラにでも載っているのか、外国人が何組か。着物の方、常連ぽい方が多い。
もりそばも頼んだので、コチラはライス少なめでお願いした。
卓上には七味、山椒、ゆず七味。

スプーン提供なし。箸で食べる。
ルゥは熱々トロトロ。片栗粉使用のような粘度。
カレー風味より、そばつゆの味の方が少し勝っている。
出汁風味、濃口醤油、甘めの風味にカレー粉の家庭系カレー風味が入る。
辛さはほぼなし。
ライス少なめで、ルゥも少なめになった? だいぶ少ない。
割と濃いめの味わいなので、ライス多めで食べる仕様なのかも。

具は鶏肉と玉葱スライスのみ。
鶏肉は小さめが割と入っている。しっとり柔らかで旨い。
玉葱はシャキシャキ感が残っていて、自然な甘みもいい。

ライスはほかほか。
少し硬め炊き。少なめで150gくらいだろうか。
出汁カレーに合う。

お吸い物、漬物、緑茶付きなのも嬉しい。
それぞれ合うのと、甘みの緩和にもちょうどいい。

蕎麦も旨かった。
https://sobadb.supleks.jp/review/1188154.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ドライカレー+温泉玉子」@カフェハイチの写真700円+100円。2018.11.04(土)、15:40頃訪問。ノーゲスト。6席のみ、こじんまりとした店内。
ブロードウェイに時計を見に来たついでにコチラに。卓上調味料なし。

カスリメティではないと思うが、茶葉っぽいのハーブのいい香りが表面から。
水分が飛ばされているが、ウェット感は少し残っている。

玉葱、挽肉メイン。
スパイス感はやや少なめ。香ばしさあり。
玉葱からの自然な甘みに、ピリ辛弱。
塩気は強くないが、味はしっかりと濃いめ。

キーマは少なめだが、濃いので少しでライスと合う。
ライスは日本米、少し硬めのいい炊き加減。
並は200gとやや少なめなので、サクッと完食。

閉店してしまった、カフェ・ハイチ 川崎ルフロン店以来のハイチドライカレー。
フランチャイズではない本流はココのみらしい。旨かった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カツカレー 900円」@洋食 小春軒の写真2018/11/07 外部会議は朝イチから。正午前に終了。ふふ。
有名な親子丼を食べに行く予定と云う連れの二人を此方に誘導。
私は再訪店です。15年以上ぶり。前回何を食べたかは忘れちゃいました。
因みに前出の親子丼も体験済みです。
引き戸を開けると既に半数の席が埋まっていますがちょうど座れました。
連れの二人は名物のカツ丼、特製盛合せを発注。私は標題にしました。
標題は一番遅れて到着。カツは揚げたて、トロサラのルーもアツアツ。
女将さんは話好き。男性団体客は同じメニューを注文し、
女性団体客は全員が別メニューを頼むのよ、とのこと。へー。私らはオネエではないわよ。失礼。
他二人のメニューも美味しそう。お腹も心も満足。ご馳走さまでした。
またお邪魔します。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件