なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

no

男性 - 東京都 (1982年生まれ)

アルコールタバコラーメンカレーニンニク辛いものクセのあるもの猫ロック女映画ミュージック読書AVダイヴィング海外旅行好き。交通課甘いもの満員電車仕事ヒップホップ咀嚼音強い香水嫌い。RDB12年290杯、13/370杯、14/385杯(ユーザランキング最高6位/年末7位)、15/271杯、16/172杯、17/131杯。CurryDB15年/142杯、16/256杯、17/159杯。

平均点 80.827点
最終レビュー日 2019年10月15日
890 739 0 906
レビュー 店舗 スキ いいね
81

「Hazi Biriyani」@Haji Biriyani Cox's Bazarの写真190TK。2019.10.10(木)、17:00頃訪問。パハルプール、バゲルハットと夜行バスで特急世界遺産巡り。ダッカ→バゲルハット夜行バスが、ガンジス河のフェリー減少(20→3艘。水量増量?)により、10時間+で22時間かかった。短縮で飛行機利用。ダッカ→コックスバザール着。世界最長の天然の砂浜を持つ海岸線の町。
店名はHAJIだが、メニューはHazi。有名老舗店と同名だが、調べてみたら関係ないようだ。恐らく有名店に寄せた同名メニューを。客は時間帯故か1組くらい。
ウリ、唐辛子、ライム付き。

ほんのり温かいくらい。
シナモンがほんのり香る。ホールクローブがいくつか。
短粒種、チニグラ米。水分少なめでパラり。
マトン風味は全体に薄っすらと。
塩気はちょうどいい。辛さはピリ辛弱くらい。

マトンはプリプリ。小さめ骨付きが割と入っている。
唐辛子を齧って辛さを増しながら。ライムもいいアクセント。

最終日にダッカの本店に行ったが、風味はほぼ同じ。
チニグラ米の食感/風味で本店に軍配が上がるも、普通に旨い。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「BEEF ACHARI GOSHT+GARLIC NAAN」@Bird's Eye Roof Top Restaurantの写真590TK+125TK+VAT15%(1TK=1.26円)。2019.10.06(日)、19:00前訪問。荷物を背負って暑い中1日歩き回ったのでヘトヘト。歩き方掲載の景観レストランへ来たが、ベンガル料理なし...、インド、タイ料理中心だった。。もちろんアルコールもなしorz。MIXED PAKURA 10Pcs(TK.495+VAT15%)と。

ミックスドパコラから到着。
チキン、海老、魚、野菜が10ピース。衣厚め。うーん、普通。

ビーフアチャーリゴーシュト。
牛キューブ、マンゴーピクルとレッドグレィヴィ。
ドロリとしたグレィヴィに角切りの牛がドッサリ。
ピーマン、トマトもけっこう入っている。
濃いめの味わいだが、スパイスはバランス型。
クミン等に、コリアンダー風味少し。ちょい辛口。

牛がドッサリ入っているのでCPは悪くないが、牛自体の風味はそこそこ。
トマトの酸味が、濃い味わいにいいアクセント。

ガーリックナンはニンニク風味弱い。
しっとり。ナン故か、少し甘めでちょっと微妙。

ルーフトップ屋外でいい環境なのだが、酒が呑めないのはやはりキツイ。
高めのホテルのバーへ移動。国産のHunterBeerは350TK。冷たくて美味い。が、後ろめたさがあるのだろう、店内が暗い(顔が見えないようにしていると思われる)のがちょいと。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
81

「Rui Curry」@Radhuni Restaurantの写真約300BTD(1BTD=1.26円)。2019.10.06(日)、12:00過ぎに訪問。開店すぐ故ノーゲスト。後客チラホラ。
バングラといえば川魚。フィッシュカレーを所望すると種類を聞かれる。イリッシュ(バングラ淡水魚)よりルイフィッシュ(コイ系の淡水魚)のほうがいいとのことで、それで。フライかドライか聞かれる。フライは素焼き(スパイスから揚げ?)、ドライはタルカリ(カレー)スタイル。ドライで。
現地人は皆、手食。インドも最近は外食ではカトラリーを使う人が増えているが、バングラは外食もまだ手食のようだ。外国人なのでスプーンが添えられるが、自分も手食で。

塩が付いてくる(使わなかったが)。
ルイ、ベジ、ダル、ウリ&唐辛子、アチャール。

ダルはまろやか。トロリと豆の粘度あり。
コーヒーのような焙煎味、香ばしさあり。豆を煎っている?
塩分適度、ニンニクも効いて、味わいしっかり。辛みも少しあり。

ルイは玉葱グレィヴィに覆われている。
チリが効いている。バランスのいいスパイス感。
クミン系が強くなく、シナモン、カルダモン、メティ系が多いのがバングラの特徴かも。
ルイは皮がプルプル。白身魚の味わい。臭みなし。グレィヴィとよく合う。

ベジもほんのりスパイス風味でいいオカズ。
アチャールはライムだったか。程よい酸味、辛味。

ライスはチニグラ米。smallと言ったが、それでも大盛り量あり。
パラめで日本米よりは腹に溜まらない。が、それでも多。

アザーンが街に鳴る中の食事、いい。
店内のカーテンが全部閉まっていたのは開店直後だったからか。もう少し明るいといいのだが。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件
81
AL RAZZAK ( )

「Chicken Tarkari」@AL RAZZAKの写真250BTDくらいだった気が(1BTD=1.26円)。2019/10/6(日)、9:30前に訪問。
バングラ旅行数件連投。
ダッカに深夜に到着。同名ホテルの1階で朝食。けっこう客が入っている。メニューなし。チキン、ベジ等聞かれ、チキンにする。
ルティ(バングラ読み)、水ペットボトルが自動で付いてくる。卓上にはライム、唐辛子。

予想外のビジュアル。
クリーミィでシチューに近い味わい。表面に油層。
スパイスもおとなしめ。ホールカルダモン入り。
辛さなし。卓上の唐辛子を少し齧って調整。ライムもよく合う。
骨付きチキン中が2片。骨が多い。
ルティとよく合う。もう少し肉が欲しいが、朝食にはちょうどいいか。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「サーロインステーキカレー」@ラ・トックの写真2145円。2019.10.05(土)、11:30頃訪問。客入りは2割ほど。卓上調味料なし。ライス少なめ。半分ちょいで。

「昆布出汁と醤油をベースに、野菜と香辛料。ハラール認証店。」
「秘伝のジャポソースと和風だしカレー」

ルゥはトロりと粘度あり。
昆布出汁、醤油感はわかるようなわからないような。
溶けた玉葱微塵が全体に。フルーツっぽい甘みあり。
ちゃんとピリ辛強あり。甘みはうまく相殺される。
クミン等スパイス感も後味に少しあり。

サーロインはレアで弾力あり。
醤油はほぼわからない。塩少し。
肉食ってる感あり。
じゃがいも2個はホクホクで塩がかかっている。旨い。
赤・黄パプリカ。

ライスは硬め。
半分ちょいでルゥとちょうどいい。

バングラデシュ旅行で牛肉はしばらく食べられないので、軽く食べ納めに。にしても高いか。
(バングラデシュ、ヒンズーじゃなくイスラムなので、牛は大丈夫だった)
点数はCP抜き。カレーは少し甘いが、旨い。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラム肉ソテーカレー+タンドリーチキン+辛肉バクダン」@カレーダイニングChaiの写真1328円。2019.09.30(月)、19:40過ぎ訪問。ノーゲスト、後客4組7人。ラム肉ソテーカレー930円+メニューにはないが、300円プラスでタンドリーチキン対応してくれた。レシートは渡されず。卓上にも置いてあるホットペッパー無料トッピングは辛肉バクダンで。卓上には福神漬と中国辣油っぽい風味の辛味。ライスは少なめでお願いをした。

付属のサラダ、スパから到着。
スパゲティはバジル少し? 地味に旨い。

ベースはビーフカレーとのこと。
強くはないが少し粘度あり。
トマト感少し。ドミグラスっぽさ少し。
スパイス感は弱めで、やや欧風寄り。
自然な甘みが少し。辛さはピリ辛弱。
肉が少しだけ入っていた。ビーフ?
フライドオニオンも合う。

タンドリーチキンはフライパン焼きだと思われるチキンティッカ。
プリップリのモモ肉、中サイズが5,6個。鶏味しっかり。
スパイスはもう少し強くてもいいが、ちゃんとタンドリースパイス。カレーにも合う。
ラムソテーは少し厚みのある5枚。弾力あり。羊風味はそこそこ。
もう少し塩気が強くてもいいが、カレーと合わせるためだろうか。
辛肉バクダンは粗い挽肉。上のスパイスはチリパウダーっぽい風味。
コチラもカレーに良い刺激。

ライスは少なめでちょうどいいかも。
カレールゥがさほど多くないので、ルゥ多めで食べるにはちょうどいい。
卓上の辛味が味変にいい。ニンニク、辣油、甜麺醤とか豆板醤も入っているかも。
辛さと風味が意外と合う。

会計。ん? 8%でも10%でも合わないが、いくらだったのだろう。
自家製チャーシューたっぷりの「肉肉肉カレー」1000円が人気のようだが、豚バラ肉よりコチラのほうが間違いなし。他の2種、キーマ、インド風チキンも気になるので、今度3種盛りも食べてみようか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「SUNDAY SPECIAL LUNCH BUFFET!」@ニルワナム 銀座店の写真1296円。2019.09.29(日)、11:50頃訪問。ロフトビル。店内は3割ほどの入り。12時をまわるとけっこう人が入ってきた。他店舗同様、インド(?)人客がいる。

「パーニプリ、ラーギドーサ、アンブルマトンビリヤニ、ライス、ケララポロタ、カライクディチキンカレー、パッタニクルマ、シンハプリチキンロースト、ガーリックヌドール、ベッジマカンワラ、ワダ、サンバル、マクハッディハルワ」

カトリは他店同様2個まで。(書いてないところもあり、他店でけっこう無視して盛ってしまっていたが、特に何も言われなかったm(_ _)m)
パーニプリ、ラーギドーサ、ケララポロタは席に運ばれてくる。

パニプリのプリは2個。3個のテーブルもあったが気分だろうかw
パニ(汁)は多店舗同様、最初に少し甘みがくる。辛みが追いかけてきて相殺でオーケー。
追加注文できるが、家でも作れるので、やめておいた。

アンブルマトンビリヤニ。アンブル。タミルナード州、チェンナイとバンガロールの間、パラ川のほとりにある町らしい。
ふんわりレモン風味あり。マトンは小さめが全体に。バランスのいいスパイス感。
細長いグリーンチリが入っていて、口に含むと激辛に。
バスマティ使用で見た目よりは腹に貯まらずけっこう食べられる。

カライクディチキンカレーは粘度ややあり。カライクディも南インドのようだが、北っぽくもある。
チキンの味わいが残っていて旨い。
シンハプリチキンロースト。味強め、やや辛、スパイス風味で旨い。

ベッジマカンワラは、ジャガイモ、カリフラワー、インゲン、人参等多種の野菜入り。コチラも粘度少しあり。少し蜂蜜系の甘みを感じたのだが、バターもあるか。
パッタニクルマは豆カレー。コチラも粘度あり。クリーミィながら甘みはあまりなし。豆風味。
ヌードルは思ったよりニンニク感なし。

サンバルは大根(冬瓜?)メインに野菜たっぷり。サラサラソースが大人しめのスパイス風味で味噌汁的。
サクサクのワダを浸して食べる。ニルワナムのワダ・サンバルはやはり間違いなし。

ケララポロタはカトリに入れたカレーで使用。
ラーギドーサも同様に。黒いドーサ。ラーギ=シコクビエらしい。

切り干し大根っぽいアチャールが優秀。
ココナツチャトニ、ドーサにもっと使えばよかった。

チリにけっこう当たり、けっこう汗だく。
サラダ類もあり、後半に食べようと思ったが、ビリヤニ、ライタメインにチキン2種をお代わりしたので食べる余裕なし。最後にサンバルを〆スープ代わりにして、腹一杯で完食。
ニルワナムのランチブッフェ。小食なのが悔しくなる。ディナーメニューは未だ食べていないが、代替店舗が増えてきたので必須ではないかもと思ってきた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
85

「インドオムラ」@カフェ アルルの写真820円+セットアイスコーヒー50円増し。2019.09.28(土)、12:30過ぎに訪問。スパイスカレー青藍@高円寺のあと乗換駅新宿で魔が差してコチラへ。店内7割ほどの入り。BGMはメロウなボーカルジャズ。卓上調味料なし。店の前と中に猫が1匹ずつ! 次郎長と石松というらしい。かわええ。。

コンソメスープ、ジャイアントコーン、バナナ、アルル特製辛味スパイスから配膳。
さほど待たずにインドオムラも到着。

完熟薄焼き玉子の中には、昔ながらのドライカレー。
スパイス風味は弱め。カレー粉っぽい味わい。
ピーマン千切り、玉葱、缶マッシュルーム、ミックスベジタブル(コーン、人参、グリンピース)、硬めの挽肉。*料理写真参照
辛さはピリ辛強でちゃんとあり。意外と辛い。汗がジワジワ。

上にかかったカレールゥ。ちょっと少ない...
トマト風味が少し前に。若干欧風寄りか。スパイス感は少しあったかも。
甘みがあるが、予想外にしっかり辛く、バランスがいい。

終盤、辛味スパイスを試す。
唐辛子の風味辛みが強め。ガラムマサラ感は少し。合う。

アイスコーヒーはインドオムラ中盤で到着。
苦味と風味。旨い。カレー合う。

サラダ菜、キャベツ、白フレンチ系ドレ。良い。
ポテサラは味薄め。

量は少なめ。2食目でもいける。
タバコ吸える。コーヒー旨い。
猫! 向かいの席の男性の膝の上で寝てる! 羨ましい!
女性店員ふたりも若くて可愛い!!
贅沢空間。家が近かったら読書、仕事、ゆったり。週一ベースで来るだろうな。
ココはまた絶対行くと思う。点数は雰囲気、CP込。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「スパイスチキンカレー定食」@スパイスカレー青藍の写真900円+ポテトサラダ250円+玉子100円。2019.09.28(土)、朝一で取引先会議系で西荻へ。折角なので、時間を少し潰してから同僚とコチラへ。11:00ちょいに訪問。整理券1,2番確保。5分前にくるとそれ以降整理券配布はなかった模様だが、11:30で一気に人が。開店5分くらいでほぼ満席に。卓上調味料はなし。

「小麦粉、化調不使用。玉葱、緑黄色野菜、鶏ガラ、鰹節、昆布出汁+α」
「ホールスパイス例)カルダモン・クミン・花椒・コリアンダー・黒胡椒・フェンネル・マスタード・四川青椒」
「定食)アンチョビ野菜炒め黒胡椒・キャロットクルミクミンラペ・大根マスタード・紫キャベツゴマ塩昆布・生パクチー」

アルミパンでホールスパイスをテンパリング。パンにカレースープを投入で完成。
サラサラスープ状のカレーソースに、野菜グレィヴィ。
スパイス風味は、ホールからそれぞれの風味が疎らに、いい感じに。
ベースの出汁はしっかりと出ている。ソースのスパイス感は強くなく、ソースだけだとカレーっぽさは強くないかも。
塩気は適度~控えめ。あっさりソースを、スパイスが多層にしている。
パクチーもけっこう存在感あり。疎らに強めにいい風味。
辛さは少し。唐辛子系はほぼなし。花椒ホールからのピリピリじわ辛。
チキンは小さめが2,3片。スープと一緒に茹で? 弾力はないが、鶏味はあり。ソースに合う。

アンチョビ野菜炒めは、キャベツメインに紫玉葱少し。
アンチョビ風味はさほどせず、黒胡椒も効いていないが、キャベツ旨い。
人参はクルミ風味したかも。大根アチャールは浅漬かり。味薄めだが、硬めで旨い。
ゴマ塩紫キャベツは少量ながら、いいアクセント。
それぞれ食感も良く、いいオカズ。

ポテサラはピーマンとフレッシュハーブ。塩気薄くあっさり。
ハーブ風味は少し。もう少し味が濃いほうが好みだが、あっさりなのもバランス的にはいいか。
味玉は醤油ベース出汁らしいが、味付け薄めで茹で卵かと思った。普通に合うが。

ターメリックライスは日本米。
少し硬め炊き。スープ状のソースによく合う。
米量はやや少なめ。女子でも普通に食べられる量。

評判通りに旨かった。
個人的にはもう少し辛さ、濃さなりがあるとより好みだが。
出るとき11:45くらいには8人待ち。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カリーブルスト」@ROSIE'S CAFE ラゾーナ川崎店の写真907円+チーズ108円。2019.09.23(月/祝)、13:30頃訪問。セットアイスコーヒー205円。
水置き場にマリーシャープスハバネロソース(中辛)。

ダッチ・ベイビー・パンケーキ。以前から気になっていた。
オーブン焼きで、スウィーツだけでなく、フードメニューもある。
フードの生地は恐らく砂糖なし。卵、小麦粉、牛乳だろうか。
厚さは1cm弱。玉子と小麦粉の間のような食感。ふわっと感あり。

記事の上に、カットされたソーセージが2本分くらい。
ケチャップ少しに、カレー粉が全体にかかっている。
ふんわりカレー風味。S&B系? スパイス風味のあるタイプのカレー粉。
チーズは風味あり。追加して正解。

ソーセージはけっこう量があるが、生地に対して味がやや足りない。
マリーシャープスでトマト風味と辛味を足すと解決。

生地がふんわりしている故、フォークが抜けやすく、若干食べづらいのがもどかしい。
家で作ってみても面白そう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件