なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

no

男性 - 東京都 (1982年生まれ)

アルコールタバコラーメンカレーニンニク辛いものクセのあるもの猫ロック女映画ミュージック読書AVダイヴィング海外旅行好き。交通課甘いもの満員電車仕事ヒップホップ咀嚼音強い香水嫌い。RDB12年290杯、13/370杯、14/385杯(ユーザランキング最高6位/年末7位)、15/271杯、16/172杯、17/131杯。CurryDB15年/142杯、16/256杯、17/159杯。

平均点 80.772点
最終レビュー日 2019年4月20日
772 650 0 687
レビュー 店舗 スキ いいね

「Cセット(ハンバーグカレー)」@レストラン ばーくの写真1300円。2019.04.13(土)、13:50頃訪問。閉店間際だが、自分達が入って満席に。自家製ポタージュ付きが気になって、セットで注文。カツカレーをハンバーグカレーへ変更できるか聞くと大丈夫とのこと。老若男女の客層が面白い。卓上には醤油、塩、ウスターソース、とんかつソース。

約20種類のスパイス使用らしい。
粘度は少しで、サラッとしている。熱々ではなし。
味わいはしっかり濃いめ。以前食べた時と違って抜けはなし。塩気は少し強め。
粉っぽさが少しあるのは粉スパイスと小麦粉だろうか。
クローブが少しだけ前に出たスパイス風味がしっかり。
少し苦味のある焙煎味。いい香ばしさ。
辛さはちゃんとあり。唐辛子と胡椒からだと思われる。
ほぐれた繊維状の豚がたくさん入っていて、いい感じ。

ハンバーグは普通。ハムカツと違って大きくはない。
ジューシィさはなく、みっしりと硬め。牛風味少し。
単品で食べる感じでなく、カレーと合わせる前提。
カレーの具で、豚(?)がしっかり一片。ホロホロで肉感あってコチラもカレーとよく合う。

ライスは少し硬め。
具はどっさりが多い店だが、ライスは普通量。
小食なのでどちらかといえばありがたい。
カレーとのバランスはいい。

自家製ポタージュはコーンポタージュ。単品価格500円。コラーゲンたっぷりと以前のメニューにあり。
大きい平皿に入っている。セットだとサラダも別皿なのでテーブルをかなり占拠する。
サラダはキャベツ千切りたっぷりに、ゆで卵ハーフ×2、プチトマト。サウザンドレがやや少なめだが、シャキシャキキャベツがカレーにも合っていい。
ポタージュは小麦粉たっぷりか、ドロドロで、シチューのような感じ。コーン風味しっかり。コーンも入っている。コーンスープは洋食タイプよりサラリとした中華タイプの方が好き。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「メンチカツカレー+チーズ」@DS100%カレーの写真950円+250円+ミニコールスロー150円。2019.04.11(木)、20:00前に訪問。先客1人、後客なし。卓上には福神漬、カイエンヌペパー。BGMはJPOP系だったような。
辛度:普通とあり。辛さによってルゥが違うようだ。辛さ増しは不可。卓上の粉唐辛子で調節をとのこと。ライスは大盛、おかわり2杯まで無料。

「30種類のスパイスと沢山の野菜と果物をじっくり5日間かけて煮込んだカレー」
「シェフは某一流ホテルフレンチ出身」「本格ホテルカレー」

小麦粉使用? ドロリとしている。果物の甘みが前に。
欧風カレーを謳っているが、クミン等スパイス風味がある。
個別に強く出てはいないが、スパイス感はそこそこあり。
味わいは濃いめ。塩気は適度。
存在感は薄いが、挽肉がチラホラと。
チーズはもったり。塩気は強くなく、存在感はあるが、味わい的には少し弱いか。

メンチはジューシィ。
挽肉はギュッと入っておらず、ふんわりとしている。
塩気は強くないが、そのままでもいける。
メンチ内の玉葱微塵の辛みが甘めのカレーに合う。
カレーボートの底にゴロっと大きめのジャガイモ片1個。
ホロホロにはなっておらず、ホクホク。普通に旨い。

ライスは200g弱。ルゥより多めだが、ルゥが濃いめなので、バランスはいい。

卓上のカイエンヌペパーを多めにかける。
辛さはしっかりと入るが、甘みは消されず、後味にちゃんと残る。
甘めのカレーがアリの人は好きそうだが、甘いものが苦手な自分はちょっと好みから外れる。
ミニコールスローはドレッシングたっぷり、キャベツしっとりで旨かった。

辛口のポークか牛すじカレーならいけるかなぁ~。若しくは怖いがハバネロか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ソーセージと厚切りベーコンエッグカレー(中辛)」@銀座咖喱堂 そごう横浜店の写真1404円+中辛54円。2019.04.07(日)、14:40頃訪問。店内半分弱ほどの客入り。卓上に福神漬。野菜サモサ(162円)も注文。

サモサから配膳。*料理写真参照。
熱々。マッシュポテトに玉葱等、グリンピース少し。スパイスは少し控えめだが、現地の味と大差なし。ケチャップも合う。

ストウブのココットに入って配膳。
粘度少しでサラッとしている。具はソースに溶け込んでいて形はなし。
クミン少し、カルダモン、クローブ等。意外とスパイスがしっかり前面に。
野菜等からだろうか、少し甘みあり。段々と少しずつ甘みが目立ってくる。
中辛は辛さ5倍。ピリ辛強あり、じんわりと汗をかくが、甘みはまだ残る。

ソーセージとベーコンは熱くないのが残念だが、普通に旨い。
塩気ありでそのまま食べられる仕様。カレーにも合う。相乗効果はあるようなないような。
半熟目玉焼きがふたつ。黄身はやはりカレーによく合う。

ライス量は200gかもう少しくらい。
カレーソースが少なくて不安だったが、意外とバランスはいい。
スパイスバランスが自分の好みから少しだけ外れていたのと、甘みとで、後半少し飽きてしまった。

ツレの焼きカレーの方が間違いなかったかも。
少し食べさせてもらったが、チーズたっぷりにスパイス感は少ないが、しっかりカレー味。トマトの水気もいい感じ。
次回があれば焼きカレーで。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「うま辛スパイス牛すじカレー+半熟卵+焼きチーズ」@Hot Spoon 丸の内店の写真853円+108円+162円。2019.04.06(土)、13:40頃訪問。皇居限定公開の桜を見たあとにコチラへ。店内は8割ほど入り。卓上には福神漬のみ。酒類が100円引きとのことでホットチリハイボール(302円)も。
ライス少なめ(200g)、辛さは辛口で。

Webより↓
「飴色玉葱と牛すじ肉と香味野菜を6時間煮込んだブイヨンのビーフカレーと14種類のスパイス、バター、トマトのチキンカレー」
うま辛スパイスカレー↓
「生スパイスと粉スパイス 2種のスパイスがカレーの旨みを引き出しました」

提供時に生/粉スパイスが店員さんの手でカレーに乗せられる。
生はアチャールにスパイスを足したようなものがしっかり1ディッシャーほど。粉スパイスは小匙。小匙3杯までで2杯がオススメとのこと。3杯で。

グツグツしていて熱々。
恐らくチキンカレーの方がベースになっている。
粘度少なめ。シャバめに野菜等グレィビィ。
スパイス感はあるが、さほど強くはなく、やや控えめ。
塩気少しあり。甘みがあるが、辛さでうまく相殺。
辛口はちゃんと辛さあり。生/粉スパイスでも恐らく辛さがプラスになっている。
けっこう汗出る。ベースの味とうまくマッチした辛さ。

生スパイスは、玉葱、トマト、生唐辛子が少し(?)あたりの粗刻みがドサっと。
アチャール的な酸味がいい感じに効いている。しっかり辛さあり。カレーによく合う。
スパイスは入っているのだろうが、目立つほどでなし。
ホールスパイスも入っていないので、生スパイスという表現は違うような。

粉スパイスは自家調合だと思うが、要はガラムマサラ。
砕かれたホールスパイスも見えるが、個別のスパイス風味はさほど強くない。
全体的なスパイス感と辛さの底上げになっている。

牛すじはプルプルとミシっと部分と。かなり量が入っている。
スパイスカレーに牛すじ。よく合う。
チーズはすごく伸びる。けっこう量あり。風味もあって、間違いなし。
半熟玉子は後半に溶かす。マイルドに。黄身の風味がカレーに良く合う。

カレーソースの量がかなりあり。
ライス並盛270gでもちゃんとバランスが取れそう。
少なめ200gで、カレーをメインにしっかり楽しんで満腹。

メニューチョイスが良かったのかもしれないが、最後まで旨く楽しめた。
ツレの頼んだ通常牛すじカレーの方が黒胡椒、クミン、クローブとスパイスは立っているが、けっこう甘みがあったので、ビーフカレーベースは自分はちょっと苦手かも。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ディナータイムダブルカリー+ポテトサラダ」@レインボウスパイスの写真1300円+100円。2019.04.03(水)、17:30頃訪問。先客なし、後客1人。
店員は若い女性3人。なかなかいい。卓上にはアチャール、マサラソルト、唐辛子と自家製ガラムマサラ(?)。
今月のカレー・カリムホテルチキンシチューと、グランドメニュー・北インド風チキンマサラカリーのダブルで。ライス大盛り無料とのことだが普通でお願いする。
カレーはできているもの提供なので、すぐに配膳される。

カリムホテルチキンシチュー。オールドデリーの路地裏にある店由来のようだ。
シャバシャバ。スパイス強い。
ホールのコリアンダーが多量入っていて前面に。同じく黒胡椒も多めに。
ホールスパイスのザクザク食感がありながら、本体と上手く調和している。
少しクリーミィさあり。フレッシュコリアンダーは天辺に一葉。
辛さはちゃんとあり。チキンはデカめがひとつ。

北インド風チキンマサラカリー。看板メニューらしい。
トマトベース。野菜グレィビィで固形感と水分のシャバっと。
コチラもスパイスしっかり。クミンにメティ、フェヌグリーク系が前に。
あとがけのホールスパイスも疎らに香る。シチューもそうだが、クローブ等もベースに。
チキンはデカめひとつと小さめひとつ。

ライスはカリフォルニアのバラ、カルローズ米。フライドオニオンが乗っている。
日本米×タイ米の中粒種。風味はさほど感じないが、もっちりとパラッとの間の食感はハーフっぽい。
150gくらいか。カレー多めで食べるにはちょうどいい量。

サブジはしめじメイン。スパイスは強くなく、添えおかず的でいい。
ポテトサラダはマスタードシード、人参、玉葱等入り。
マイルドなスパイス風味ありで旨い。

ホールスパイス多量でスパイス感は強いが、薬膳っぽい嫌な感じはなし。
インドっぽさも意外と感じず、所謂日本のスパイスカレーなのだが、そのなかでもかなりバランスがいい。
ココのバターチキンが食べてみたくなってきた。
職場駅近なので、そのうちまた食べにくるハズ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「スパイシーマトンビリヤニ」@アジアティーク 立川店の写真1350円。2019.04.02(火)、20:30頃訪問。店内やたら広い。先客8組くらい、後客団体10人。外からは見えないが、意外と客が入っている。卓上調味料なし。チベット風蒸し餃子も頼んでみた。
店員はインド、ネパール、タイ? もしかするとそれ以外の国の人もいるかも。メニュー構成は北インド、タイメインにモモだけネパール。タイはラープもあり、意外と力が入っている。
サルビスはパパドでなく、タイ寄りで海老せん。

10分弱で配膳。
一色。恐らく炒め形式のビリヤニ。
炒められている故か、バスマティライスにふわっと感はない。
表面は水分が少ないが、中はそこそこしっとりしている。
羊肉周りにグレィビィあり。
ホールスパイスがけっこう入っていて、スパイス感はいい。
クミン、クローブ、カルダモン、シナモンあたりが少しずつ。
炊き込みタイプのふんわりではなく、直接的にくる。
辛さはピリ辛ちょいが疎らに。もう少し辛くてもいいかも。

羊肉は中サイズが5つくらい。
もさもさ。風味そこそこ。普通には旨いが、もう少し羊風味欲しいかも。
茹で卵は合う。カシューナッツ少しに、彩りだろうが、謎の青ネギ。
レーズンは意外と多く乗っていて、捌ききれないと判断し、どけた(甘いもの嫌いなので)。

ライタは酸味塩気が強め。これはアリ。
キュウリにジャガイモ? 野菜も多めに入っている。

ライタが味変に優秀だが、味わいが単調なので、やはり若干後半飽きる。
写真も炒めタイプだったので、詐欺ではなし。
スパイス感は思った以上にあったので良かった。
マトンにもう少し強さが欲しかったかも。

北インド系は日本人に寄せていそうな雰囲気が大分あるので、北タイかタイチャーハンでまた来るかも?

チベット風蒸し餃子はそこそこ↓
https://gyouzadb.supleks.jp/review/1224160.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「いきなり!ステーキカレー」@いきなりステーキ 立川北口店の写真【店舗限定】1393円+スープ&スモールサラダセット378円+ブルーチーズソース108円。
2019.04.01(月)、20:40頃訪問。満席で待ちあり。マジかや。10分弱待って着席、すぐに注文。スープとサラダがすぐ来たが、スープ到着からステーキカレー到着まで15分。スープはもちろん冷めた。メインと一緒に飲む用でないか、普通?
牛肉片入りで、普通に牛骨スープで旨いが、熱い状態で飯と食いたかったところ。

立川では提供のないカレーライスのメニュー説明↓ほぼ同じだと思われる?
「じっくり炒めた玉ねぎをベースに牛肉とフルーツの旨味に乳のコクを加え、オリジナルのカレー粉に数種類の単体スパイスを入れて仕上げられています。柔らかく煮込んだ牛肉と、スライスビーフをトッピングし、いきなりステーキならではのビーフカレーとなっています。」

鉄板は鉄板ジュージューしてない。仕様だろうか。
ステーキも熱々ではなし。鉄板は熱々なので、保温効果はある。
カレーはスープカップに入って提供される。写真はかけた後。

カレーには細かい挽肉が結構入っている。
日本式カレー。粘度強めのもったり。スパイス感は少し。
塩気はやや強めで、味わいは濃厚ではある。
序盤、ピリ辛強を感じることもあったが、段々と感じず。
チリは疎らに入っている?
甘みが少しあるので、段々と緩和されたのかも?

ステーキは100g強か。ミディアムレア。中心部に少し赤み。
塩胡椒がしっかりと絡んでいて、旨い。
ステーキとカレーの相性はいいが、相乗効果はないか。
ステーキがちゃんと強いので、あくまでステーキにカレーがかかっている感じ。
卓上のおろしニンニク、醤油がやはり一番合う。

ホットステーキソースを。
ステーキにももちろん合うが、カレーの味変にもいける。
カレー量に比してライスが多めなので、ライス用にもアリ。

ブルーチーズソース(ドレッシング)はサラダにももちろん合うが、ステーキにも合う。
ステーキにブルーチーズはすごくいい。カレーに混ぜてみても面白かったかも?

後半、平日なのであまり加えられなかったが、おろしニンニクをちょいちょい足して、醤油を垂らしながらカレーを味変して完食。
ステーキ自体は、ステーキカレーの中では上位。肉食ってる感はやはりいい感じだが、カレー自体はそうでもなし。コレにスパイスばっちりのカレーをかけたら最高だろうなぁ。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「ミートボール・カレー味」@ハングリー・ハンフリーの写真800円(?)。2019.03.30(土)、19:40頃訪問。前日オールでグロッキィ。タワレコカフェ@原宿でTheBirthdayコラボメニューをサクッと食べてから、新宿ゴールデン街老舗のコチラへ。やっとこられた。

以下Web情報等から概略↓
「グラタン皿に入れてオーブンで焼き上げるカレー。ビーフシチューのようなまろやかでコク深い味わい。おいしさの秘訣は、鶏ガラスープと香味野菜で6時間程度煮出して作るブイヨン。そこにカレールゥを溶き、ニンジンと一緒に煮込んでひと晩寝かせ、手間暇かけて完成。仕上げにのせたサワークリームもおいしさのアクセント。」
「居酒屋じゃなくてBARだから、ごはんものは出したくなく、バゲット付き」

瓶ビールで一杯やってから、ズブロッカソーダへ。
そのくらいでコチラが到着。

欧風寄り。粘度あり。スパイス感はほぼなし。
鶏ベースで味わいはしっかり濃厚。塩気は少しだけ強め。
野菜屑が少し残っていて、香味野菜の風味がしっかり感じられる。
牛風味こそないが、確かにビーフシチューのようなカレー。
サワークリームは間違いなし。
カレーにサワークリームはあまり見ないが、コレ、定番化してもいいくらい。
濃い目の味わいに酸味がよく合う。欧風で味わいしっかりなら同じく合うはず。
皿の端の固まった部分も旨い。

ミートボールは三つ。粗挽き。
肉の味がちゃんとして、普通に旨い。カレーとばっちり合う。
インゲンが数本に、人参ひとつ。
バゲットもよく合う。日中でもライスよりバゲットのほうが合いそうだが、ウォッカを呑みながらなら尚更。

ホウレン草サラダは生のホウレン草にカリカリベーコン。*料理写真参照
醤油はもしかするとタレを作っているかもしれないが、そのままの醤油な気もする。
カリカリベーコンと醤油だけで生のほうれん草がすごく旨い。
バジリコのスパゲティ。*料理写真参照
太めのスパゲティはアルデンテ~少し柔らかいくらい。
バジルたっぷりに少しシソ。シンプルながら間違いなし。
ウォッカにも合う。

店の雰囲気がよく飯の味も上ブレに感じる。
流石はゴールデン街の老舗。ココ、また来たい。

以下蛇足↓
CDBの分類が貧しいので、オーブン焼きということで焼きカレーにした。ネパール・インドネシア・パキスタン・ミャンマー等、インド・タイカレー以外の外国カレーが全てその他になるんだよなぁ。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「KHAJA SET」@ネパール・スパイス&レストランバーの写真700円。‎2019‎年.03‎.‎24(金)、18:00過ぎ訪問。前回はなかったスクティがあることを確認して入る。ネパーリ子連れひとりが買い物に来ていた。卓上には塩のみ。BGMなし。
アサヒスーパードライ500ml缶(400円)で。

前回に続いてまずはチャウチャウサデコ(400円)を。
辛さを聞かれたので、辛めでお願いした。
ワイワイヌードル(ネパールの即席麺)に、トマト、キュウリ、針生姜、玉葱、ダニヤ(パクチー)。
ジャンクなサラダ。スパイス感そこそこに、即席麺の強めの塩気。
唐辛子の辛さしっかりで、段々と激辛、汗だくに。辛いが旨い。ビール合う。

カジャセット(スクティ)が少し遅れて到着。
しっかり調理をしていた。汗だくだったので辛さ控えめにするか聞かれ、それでお願いをした。

チウラはレンチン?炒めてある? ホカホカ。
大豆も煎られているか、ポリポリで旨い。

タルカリとアチャールは冷たい。
ジャガイモ、玉葱。味付けしっかりでうまい。
ゴルベラコアチャールもトマトにダニヤ、スパイス風味。こちらも旨し。

スクティは硬めの高弾力。
噛めば噛むほど羊風味。スパイスでしっかりと炒められている。
最高の酒のツマミ。針生姜、ピーマン、玉葱入り。

チウラ等は現地でもスプーンで食べるそうだ。(ヒトやエリアによるかもしれんが)
手で楽しんでいたが、そう言われたらスプーンで。
具がウェットタイプだと手の方が食べやすいが、そうでなければまぁスプーンのがやはり食べやすい。

19時前くらい、雑貨を買いに来たカップルの後に、ネパーリ若者4,5人来場、みんな同じものを頼んでいた。
でかい丼だったので、汁麺系かと思ったが、スープモモ。汁どかっとでボリュームあり。
次回はモモも食べてみようか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「カレーdeパンダ」@上野グリーンサロンの写真830円。2019.03.23(土)、11:00頃、奇想の系譜展@東京都美術館前に訪問。店内ほぼ満席。家族連れが多い。受取口に調味料多数。

ホワイトカレー。
少し粘度はあるが、割とシャバっとしている。
シチューの味わいに、少しカレー風味。
シチュー4:カレー1くらいのバランス。スパイス感はなし。
浮いている水分はシチューから分離? コンソメっぽいいい風味。
具は鶏肉、ジャガイモ、人参、黒豆に福神漬。
ジャガイモが適度に柔らかくて旨い。
カレールゥは平皿に浅めに張られていて、やや少なめ。

パンダの耳は黒オリーブ。目と鼻は黒豆。
硬め炊きで割と量がある。
カレー多めで食べていたのでライスが余りそうに。
受取口のパルメザンたくさんに、タバスコ少し使用。
タバスコチーズライスに少しカレーを絡める。アリ。

普通に旨かったが、カレー感は薄い。
白カレーの店 1/f ゆらぎと味わいはやはり似ている。
ホワイトカレーはやはり大体同じ感じになるか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件