なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

no

男性 - 東京都 (1982年生まれ)

アルコールタバコラーメンカレーニンニク辛いものクセのあるもの猫ロック女映画ミュージック読書AVダイヴィング海外旅行好き。交通課甘いもの満員電車仕事ヒップホップ咀嚼音強い香水嫌い。RDB12年290杯、13/370杯、14/385杯(ユーザランキング最高6位/年末7位)、15/271杯、16/172杯、17/131杯。CurryDB15年/142杯、16/256杯、17/159杯。

平均点 80.777点
最終レビュー日 2019年4月18日
770 649 0 685
レビュー 店舗 スキ いいね

「スパイシーマトンビリヤニ」@アジアティーク 立川店の写真1350円。2019.04.02(火)、20:30頃訪問。店内やたら広い。先客8組くらい、後客団体10人。外からは見えないが、意外と客が入っている。卓上調味料なし。チベット風蒸し餃子も頼んでみた。
店員はインド、ネパール、タイ? もしかするとそれ以外の国の人もいるかも。メニュー構成は北インド、タイメインにモモだけネパール。タイはラープもあり、意外と力が入っている。
サルビスはパパドでなく、タイ寄りで海老せん。

10分弱で配膳。
一色。恐らく炒め形式のビリヤニ。
炒められている故か、バスマティライスにふわっと感はない。
表面は水分が少ないが、中はそこそこしっとりしている。
羊肉周りにグレィビィあり。
ホールスパイスがけっこう入っていて、スパイス感はいい。
クミン、クローブ、カルダモン、シナモンあたりが少しずつ。
炊き込みタイプのふんわりではなく、直接的にくる。
辛さはピリ辛ちょいが疎らに。もう少し辛くてもいいかも。

羊肉は中サイズが5つくらい。
もさもさ。風味そこそこ。普通には旨いが、もう少し羊風味欲しいかも。
茹で卵は合う。カシューナッツ少しに、彩りだろうが、謎の青ネギ。
レーズンは意外と多く乗っていて、捌ききれないと判断し、どけた(甘いもの嫌いなので)。

ライタは酸味塩気が強め。これはアリ。
キュウリにジャガイモ? 野菜も多めに入っている。

ライタが味変に優秀だが、味わいが単調なので、やはり若干後半飽きる。
写真も炒めタイプだったので、詐欺ではなし。
スパイス感は思った以上にあったので良かった。
マトンにもう少し強さが欲しかったかも。

北インド系は日本人に寄せていそうな雰囲気が大分あるので、北タイかタイチャーハンでまた来るかも?

チベット風蒸し餃子はそこそこ↓
https://gyouzadb.supleks.jp/review/1224160.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「KHAJA SET」@ネパール・スパイス&レストランバーの写真700円。‎2019‎年.03‎.‎24(金)、18:00過ぎ訪問。前回はなかったスクティがあることを確認して入る。ネパーリ子連れひとりが買い物に来ていた。卓上には塩のみ。BGMなし。
アサヒスーパードライ500ml缶(400円)で。

前回に続いてまずはチャウチャウサデコ(400円)を。
辛さを聞かれたので、辛めでお願いした。
ワイワイヌードル(ネパールの即席麺)に、トマト、キュウリ、針生姜、玉葱、ダニヤ(パクチー)。
ジャンクなサラダ。スパイス感そこそこに、即席麺の強めの塩気。
唐辛子の辛さしっかりで、段々と激辛、汗だくに。辛いが旨い。ビール合う。

カジャセット(スクティ)が少し遅れて到着。
しっかり調理をしていた。汗だくだったので辛さ控えめにするか聞かれ、それでお願いをした。

チウラはレンチン?炒めてある? ホカホカ。
大豆も煎られているか、ポリポリで旨い。

タルカリとアチャールは冷たい。
ジャガイモ、玉葱。味付けしっかりでうまい。
ゴルベラコアチャールもトマトにダニヤ、スパイス風味。こちらも旨し。

スクティは硬めの高弾力。
噛めば噛むほど羊風味。スパイスでしっかりと炒められている。
最高の酒のツマミ。針生姜、ピーマン、玉葱入り。

チウラ等は現地でもスプーンで食べるそうだ。(ヒトやエリアによるかもしれんが)
手で楽しんでいたが、そう言われたらスプーンで。
具がウェットタイプだと手の方が食べやすいが、そうでなければまぁスプーンのがやはり食べやすい。

19時前くらい、雑貨を買いに来たカップルの後に、ネパーリ若者4,5人来場、みんな同じものを頼んでいた。
でかい丼だったので、汁麺系かと思ったが、スープモモ。汁どかっとでボリュームあり。
次回はモモも食べてみようか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「マトンビリヤニ・セット」@デリーダイニングの写真1200円。2019.03.03(日)、12:30頃に訪問。先客4組くらい、後客もチラホラと。ビリヤニが食べたくなったが、東京まで出る気分でなし。神奈川は炒めていないちゃんとしたビリヤニを提供している店が本当に少ない。検索してもなかなか出てこなかったが、以前ブッフェ利用をしたコチラを発見。
インド映画が流れているが、音量がすごく小さい。トイレでは何故かはっきりと聞こえるので、フロアの音量調整間違っている気がするw

サラダが先に到着。キャベツ千切りにレタス少し。ドレ多めで旨い。
しっかり作られているようで、しばし待ってからの配膳。

ふわっとバスマティライス。上部はグレィビィほとんどなし。
概ね一色で、すこし色の濃淡があるくらい。
スパイス風味はふんわりと全体に。塩気は全体的には控えめ。

コチラにはクミンくらいしかホールスパイスは見当たらなかったが、ツレのチキンビリヤニには
クローブ、ブラックカルダモンも。
姿は見えないが、しっかりと疎らに上記スパイスにシナモン、ミント系の香りが入る。

マトンは底に、大きめが5、6個。
底にマトン周りを中心にグレィビィがしっかりと。旨い。
グレィビィは塩気適度。ふんわり部分とグレイビィをそれぞれ食べたり混ぜたりで楽しめる。
全体的にはピリ辛強の辛さだが、生唐辛子が少し入っていて、口に入ると激辛に。

フライドオニオンはグレイビィのほかに上部にも少し。
玉子は味なし茹で卵。インド人茹で卵好きだよなw
フレッシュコリアンダーが少し。グレィビィにも入っているだろうが、生の風味はやはりいいアクセント。

ライタはキュウリ、玉葱たっぷり。量もたっぷり。
甘くなくてしっかりとサラダ感覚でいける。
ビリヤニには当然合う。唐辛子を摘んでしまった後の辛い口には特にいいw
最初から混ぜても十分な量なので、個別でも食べる。

バスマティで食感軽めではあるが、しっかりと量あり。
サブでなにかが欲しくてチーズナン(300円)も頼んだのだが、ちょっと失敗したかと思ったくらい。
チーズナンはニンニク風味なしであっさりチーズ風味。普通に旨かったが、単品で食べるには少し物足りなさもあるかも。

食後にセットデザートのキール、同ドリンクでホットチャイ。腹一杯で完食。
ブッフェのカレーも普通に旨そう。アフガンチキンティッカ、ベジタブルパコラも旨そうだった。
横浜のインドカレーでは地味にナンバーワンかも?

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「カツカリーパン」@コメダ珈琲店 池袋西武前店の写真【季節限定3/31まで(なくなり次第終了)】920円。2019.02.26(火)、21:00前訪問でほぼ満席、少し待ちで中へ。もしかしたら初めてのコメダかもしれない。混んでるな。。帰り際の21:35は数組待ちがいた。
辛子マヨ入りですが大丈夫ですか? と。大丈夫です。

「新宿中村屋と共同開発したカリーソースがカツパンの味を引き立てます。」

10cm×20cmくらい。デカイ。
さらに厚みも。外側サックリの自社製パンを手で潰してカブリつく。

カツは揚げたて熱々。
豚肉は1cmくらい。たまに層が見える。味も食感もハムカツっぽい。
衣は薄くサクサク。旨い。

カレーソースは全体にギリギリ行き渡っていないくらいの量。
薄めに塗られているので、カレー風味強といったくらい。
味、風味はしっかりとしていて、たまに少しスパイス感を感じる。
少しアチャールのようなバランスの風味も。
辛さはピリ辛弱で微かながらあり。辛子の辛さも少しあるかも。
チリピクルス? ピーマンじゃないと思う。一片発見。
もう少し入っていたと思う。いいアクセント。

キャベツの千切りは多めに敷かれている。
辛子マヨが多くないながらも絡んでいて、旨みを底上げしている。
カツのサクサクと、キャベツのシャキシャキの食感はバッチリ。

しっかり腹が膨れて完食。コーヒーは頼まなかったが合うだろう。
旨いのだが、カレー感がけっこう少ないのが残念。
カレーソースたっぷりだったらすごく旨いと思うのだが。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ディロセット(トウモロコシ)」@ミトー ネパールインドレストラン&バーの写真1450円。2019.02.20(水)、17:45訪問。先客1人、5名客の待ちのようだ。後客は1組2人、テイクアウェイが2人。ツマミを迷いながらもスクティ(650円)にして、マクダウェルハイボール(390円)も。辛さを聞かれ、少し辛いくらいでとお願いする。
BGMはネパールPV。卓上には唐辛子パウダーあり。

ハイボールにはパパドが付く。粉感ありタイプ。
スクティから、炒めたて熱々で配膳。(料理写真参照)
やや硬めのミシプリ。完全にドライな感じではなく、弾力あり。脂部分も割とある。
野菜はピーマン、玉葱、天辺にダニヤ。
ニンニク風味はほんのりくらいかと思ったが、後半は割と風味を感じられた。ガッツリまでいかないが、いい感じ。
羊風味はちゃんとあり。旨い。
酒のアテにチビチビ食べていた。冷めるともっとミシミシに。
冷めた方が硬さが増して、羊風味もじんわりと染み出して旨い気がする。

少ししてディロセットが到着。メニュー内容↓
「ディロ1種類(トウモロコシ・ヒエ・蕎麦から選択)、スパイシー骨付マトン&チキンカレー、ネパールマスコタル、アルコアチャール、ムラコアチャール、ゴルベラコチャットニ、サグ炒め、パパド、デザート、ギョウ、ソフトドリンク」
ヒエも気になるが、トウモロコシディード≒アフリカのシマ、ウガリっぽい感じなのでは? と思って気になってコチラに着てみた次第。

デザート、ギョウ(ギー)が別皿。ギーをディードに垂らしてから手食で。
ディードもカレーソースも熱々で、手食ツラめ。段々と冷めていくのを待ってゆっくりと食す。

お目当てであったトウモロコシディード。
喉越しを楽しむモノらしいが、やはり噛んでしまう。
やはり、アフリカのシマ、ウガリと同じ感覚。
カレーも合うが、肉の方がアフリカ感覚だと合う。喉越しを楽しめていない故もあるが。
スクティやほうれん草と一緒に食べるのがトウモロコシディード的には一番旨いかも。

ダルはちょいドロ。
豆風味、しっかりバター風味に、ニンニク風味少し。
序盤、味の抜けはないが、あっさり目に感じる。
底に溜まった豆と、少し溜まったニンニクで、後半の方は少し濃いめに。

マトンはサラサラだが、少し玉葱等グレイビィあり。
ディードがダルの次に絡みやすい。羊風味がスープにも染みている。
マトン自体も風味ありで旨い。塩気強め。スパイスしっかり。
微かに一瞬、シナモンが香った。珍しく。

チキンは一番スープっぽい。
少しザラザラしているが、グレイヴィほぼなし。
こちらも鶏風味がしっかりとスープに染みている。
鶏自体はちょいモサ。風味はいい。細い骨あり。
こっちもマトンとタイプの違うスパイスがしっかりと効いている。

ゴルベラコアチャールが旨い。
辛さそこそこ。アジョワン? 風味がすごくいい。
アルコアチャール、豆とジャガイモは味付け強くなし。
サグ炒めはあっさり塩味。スパイス多分なし、ほうれん草旨い。
ムラコアチャール、大根はよく発酵していて、酸味がしっかりあり。

レモンは聞いてみるとカレーとか副菜に好きに搾ってとのこと。
ディードにかける仕様っぽくはないが、かけても意外と味変にいい。
終盤ダルにかけたら、新しい味わいになった。悪くはないが、良くなったわけでもなし。

ハイボールを2杯おかわりして締めのデザートへ。
ヨーグルトは甘みなし、酸味あり。粘度があってよく伸びる。
コレすごく旨い。自家製だろうか。
このヨーグルトに合わせると、甘々のグラブジャムンもアリに。

腹一杯で完食。
パパドはセット内容に含まれていたが、酒のアテで出したので省略されたのか、先に出されたのか。
そういえばソフトドリンクも聞かれていないが、ハイボールを頼んだので省略されたと思われる。現地式料理店あるあるなので、特に損したとも感じない。

集まった先客グループの5人。カレー部?
コザブロとか、ビートイートの話が出ていたが、トゥクパを知らない? 謎。
食べログのカレー部っぽいか。知らない人のカレートークが聴けるのは面白かった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「骨付きラム肉・野生鹿カレー・和ダシラッサムetc」@エリックサウス マサラダイナーの写真ラム半額286g1001円他(全て税別表記)。19:00前訪問。異動に伴い山手線定期が死ぬので、前から来たかった月曜日限定ラムステーキ半額狙いで。3,4組、後客ソロ含めチラホラと入り、20:00過ぎに出る頃にはほぼ満席に。
BGMはわかりやすいインド系からアコーディオン(インド?)等のインストが落ち着いた音量で。卓上調味料はなし。以前もディナー時はなかった。ランチのみ提供か、なくなってしまったかは不明。まぁウールガイ無料はだいぶサービスだよな。。限定メニューを見たら食べたいものが多数。独りコースのようになってしまった。こうなると酒もそりゃあ頼む。ワーキングクラスドリンカなのでジムビームハイボール(450円)を

◆本日の限定メニューより
・和ダシのラッサムスープ(590円)
カツオ・昆布・椎茸のブレンド出汁がベースの当店オリジナルラッサム
・カジキマグロの石窯レアステーキ 南インド的なタップナード添え(half 900円)
スパイスでマリネした新鮮なカジキマグロを高温短時間でレアに焼き上げました。スパイシーなオリーブのソースで。
・岐阜県産 山県ジビエ野生鹿のカレー(単品800円)+バスマティライス(400円)
スパイスとハーブをふんだんに使用し柔らかく煮込んだカレー。
◆グランドメニューより(おすすめ★マーク付き)
・豪州産 骨付きラム肉の厚切りスパイスステーキ(1gあたり7円/月曜半額3.5円)
赤みの味わいがしっかりと楽しめるジューシーなステーキです。本日のカット肉からお好みのサイズ・部位をお選びいただけます(標準200g~300g)

和出汁のラッサムから配膳。熱々。
ワダがひとつ入っている。豆、小麦粉風味がよく合う。
三つ葉、トマト、豆微塵。クミン、黒胡椒、タマリンド(梅も?)。
酸味はさほど尖っておらず程よく。
トマトの自然な酸味に恐らくタマリンド。梅っぽい風味もあったような?
チリの辛みは、じわじわとちゃんと辛い。
序盤は和出汁それっぽいかな~くらいで、三つ葉で和風に寄せている感じだったが、アクセント用に残しておいた後半にしっかりと出汁も感じる。底に溜まっていたのか、冷めて味わいが落ち着いてきたからか。
三つ葉の主張がやはり強いが、昆布、椎茸、鰹の風味がちゃんと出ている。しかし味わいはしっかりラッサム。
後半の方が旨いかも。

次はカジキマグロ。
ミディアム焼き、生部分は中心部に少し。火入れミスかも?
ティッカのように漬け込まれてはおらず、スパイス感は少しであまり感じない。
マリネ液の油が下部に少し溜まっている。マグロの味は普通にいい。
タプナードが旨い。オリーブ微塵に、タマリンド(梅?)で少し酸味あり。
ウールガイっぽい風味。スパイスバッチリ、辛さは控えめ。
ただ、量は少ない。いいマグロなのかもしれないが、瞬殺。

続いてお目当てのラムが到着。
グラム表示された真空パックが出され、そのなかから選べる。150gくらいのものもちょうどよく入ったとのことで勧められたが、半額なので大きめ286gを(貧乏性)。一番大きいのは330gくらいあったか。
ラム肩ロースが地元スーパーでグラム3.9円。半額の時に買いだめをしている。ラムチョップはもっと高い(半額にほぼならない)。店舗でこの価格で食べられるのは凄い。半額ディは採算度外視となっている。

レア焼き。石窯で焼かれていて、炭火焼きのような香ばしさあり。
焦げ風味と火の通った部分と生部分のラムの風味がそれぞれ味わえる&混ざる。
羊風味もちゃんとあり。旨い羊は正義。
表面に薄らスパイス風味。ラムの風味を味わうために抑えめにしているのかも。塩分もやや控えめでふんわり薫るのがまたいい。
グリーンチャツネはコリアンダーのいい風味に、酸味少しでドレッシングぽさも。辛さはピリ辛弱。とても合う。
粒マスタードは言わずもがな。フレッシュコリアンダーの刻みも当然合う。
端の大きいものが、関節可動部位のカットだったようで、外すのにやや苦戦したが、骨周り生肉、筋もまた堪らない。ほかの生き物を食べて生きていることを実感する、と言ったら大げさか。

ラストに野生鹿カレーが到着。
英語表記はVenison roghanjosh。カシミリプラオ(フルーツやナッツを炊き込んだピラフ)とセットで1350円だが、甘いものが好きでないので単品で。
北インド系かお姉さんに聞いてみると、南寄りとのこと。ロティとバスマティと迷うが、どちらがオススメか聞いてバスマティにした。

表面にオイル、トマトメインに玉葱のサラッとしたグレイヴィ。
テンパリングオイルがしっかりと浮いている。
スパイスは強めながらバランスよく。柑橘系の酸味がやや強めにあり、辛みもしっかり。汗がじわじわと出てくる。
針生姜はいいアクセントになっている。
鹿肉ホロホロ食感、適度な柔らかさの小・中サイズ片が7,8個。
クセなし。肉の味はするのだが、クセが消されているのと、食べることが少ないため、牛、豚、鶏でない味わいだが、なかなか覚えられない。臭みが消されていないものも一回食べてみたいところ。

チビチビと楽しんでいたラッサムの残りに、カレーで残ったバスマティライスを入れてフィニッシュ。
それぞれが被らず、さほど間を置かずに提供される。単品オーダーだったが、ちゃんとコースになっていた。
ハイボール3杯で5444円。贅沢気味のディナーだが、コスパは間違いなくいい。
山手線定期なくなるの痛いな~。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「加厘牛鞭子【牛のペニスカレー煮込み】」@上海小吃の写真2000円。2019.02.16(土)、土曜相談会出勤後、ツレと18:30過ぎに訪問。
思った程は混んでおらず、すんなり入れた。一時満席近くなったが、別館等もあるようなので、まだまだ余裕はありそう。卓上には中国っぽい醤油、恐らく普通の酢、胡椒。
酒は青島ビール(500円)、缶チューハイハイリキ旬果搾りレモン400円から紹興酒ボトル(2000円)を。
飯は中国旅行で日本人大好きなw 蕃茄炒旦【トマトと卵の炒め】(1000円)、表題メニューに、水餃子、蟹冷ラーメンに海鮮おこげ(1800円)で締め。
店員は日本語がほとんど喋れない人もいる模様。配膳も食器下げも「ガチャっ」「バシっ」といった感じで現地っぽくて非常にいい。注文急かしたと思ったらあとは顔を出さなかったりw

メニュー説明書き↓
「牛のペニスをカレー風味に煮込んだもの。元気のない方いかがですか。」

鶏(?)スープ系の味わいに、カレー粉うっすらのカレー風味餡。
ちょいシャキ食感を残して、柔らかくなった玉葱がたっぷりと。
上部に玉葱多めで、牛のペニスは下部にけっこう量あり。
プルプルのコラーゲン。(料理写真に部分アップ)
部位によるのか、ちょいコリのところ、繊維っぽいところもある。
概ねソレ自体に味わいはなく、食感のあるコラーゲンといった感じだが、大きめなものの中心部には微かな内臓系の風味を感じられる。この風味は好みが分かれそう。自分はアリだが。

見た目より意外と量あり。
カレー風味は薄らでやや薄味なくらいなので、後半飽きが来る。
卓上の中国醤油も使えるが、辣油系があるともっとありがたいか。

海鮮おこげ(1800円)も旨い。(料理写真参照)
イカはゲソもしっかりと入っている。海老はプリプリ。
野菜類は人参、キャベツ、椎茸。
醤油餡たっぷりで、熱さの残っているサクサクおこげによく合う。
後半は餡がおこげに絡んでしっとりもっちりに。コチラもいい。

盖帽【蟹冷ラーメン】1800円 旨い↓
https://ramendb.supleks.jp/review/1213202.html
鮮肉水餃【水餃子】1000円 旨い↓
https://gyouzadb.supleks.jp/review/1213214.html

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ネワリボジセット」@ドゥナタパリの写真1680円。2019.02.10(日)、13:00頃訪問。先客3組、後客2組。半分はネパーリ。ついに川崎にもネパール料理店が。風俗無料案内所の2階(笑)、階段を上がりきった入口の近くにはマニ車。思ったよりしっかりした店内。調べてみるとネパール民族料理 アーガンの姉妹店とのこと。なるほど。
卓上調味料はなし。BGMはネパール音楽。

メニュー内容↓
干しご飯、緑豆、漬け物、トマトの漬け物、マトンカレー、チキンカレー、タケノコ、香草スープ、木の実の漬け物、ネパールヨーグルト、シサプサ、ネパールのお酒(ラクシーorチャナ)、デザート。

ツレが未食のため、パニプリ(550円/料理写真参照)も。
ジャルジーラの色が濃いが、味わいはさほど変わらず。
プリーの具が多く、あまり注げないが、バランスは大丈夫だった。
辛さもあって旨い。

セット到着。手食で。
酒から。チャナはマッコリのような風味で甘みがあるので、ラクシーを選択。
ネパール焼酎の原液がカトリに。けっこうたっぷり。人によっては酔っ払う量w

マトンは骨なし。いい弾力、羊風味。ピリ辛ちょいでニンニク風味あり。
チキンは骨付き。しっとり適度な柔らかさ。ピリ辛くらい。
両方ともグレイヴィにチウラ(干しご飯)を絡ませて。
スパイスはチキンの方がカレーっぽい。
ゴルベラコアチャール(トマトの漬け物)はメティっぽい風味がしたが気のせいだろうか。
適度な辛さ。主にチキンにつけて食べた。
ミックスアチャール(漬け物)は大根と豆。浅漬かり。もう少し漬かっているほうが好み。
緑豆はさほどスパイス感なし。多くてちょっと苦しい。

アルタマ(タケノコ)。は発酵タケノコのスープ。
熱々提供。トマト、スパイスベースに発酵風味。
たっぷり入ったタケノコはメンマに似た味わいで、しっかりと発酵風味が出ている。
苦手な人はダメかもしれない。豆、ジャガイモ等具沢山。辛みもあり。旨い。

シサプサはなんだっけと思ったが、生野菜。
木の実の漬物はやや渋みあり。独特の味わいだが、他と混ぜるとアリ。
香草スープはジャルジーラとほぼ同じか。パクチー感はさほどないが、爽やかな酸味、辛味。
ネパールヨーグルトは軽い酸味、軽い甘み。コチラも合っているかわからないがカレーに後半混ぜた。

終盤豆に苦戦しながら、チウラと各種を混ぜて完食。
かなり腹一杯に。飯でも旨いが、やはり味わいは酒のツマミのほうが近いかも。

デザートはグラブジャムン。コチラはツレにプレゼント。
シロップは中心までは染みていなかったので、少し甘さ控えめかも? 食べていないのでわからないがw

間違いなしのネパールツマミ。
場所がちょっと悪いが、ネパール人も来ているので潰れることはないか?
長く続いて欲しい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カザセットB」@ベットガットの写真900円。2019.02.05(火)、20:00過ぎ訪問。地下でキャバクラかなんかの居抜きだろうか、妙な間取り。先客3組中、2組はネパーリ。卓上調味料は塩のみ。
ハイボール(460円?)にアルアチャールがついてくる。お通し代は取られていないので、酒のツマミサービスだろう。ジャガイモにヒヨコマメ、大根。ニンニクが効いていて旨い。

カザセット到着。久々手食で。
それぞれをチウラに乗せて、周りに纏わせて食べる。

右上、マトンフライ(スパイス炒め)。冷たい。
マトンは風味あり。繊維を感じる、程よい食感。
生ニンニク入りでパンチあり。生姜に、ダニヤ(パクチー)、青ネギも少し。
グレイヴィにも染みたマトン風味、肉に染みたスパイス風味が旨い。

左上、内臓系のミックスフライ。こちらも冷たい。
マトンと違ってややドライタイプ。
食道(?)、皮、軟骨付近やレバーと多種入っている。
コリコリ、モソモソと混在した食感が楽しい。
ニンニク少しにこちらもダニヤ、生姜、青ネギ。

マトンカレーは羊風味がスープによく染みている。
トマトベース。脂からの羊風味がいい感じ。
少しオイリー。ピリ辛から段々としっかり辛く。チウラ合う。

アルアチャールはハイボールについてきたものと同じ。
チウラはパリミシ。好きなタイプ。いいツマミ。

少し遅れてセット内のモモが到着。(料理写真参照)
肉みっしり、ちょいプリ。ジューシィ。
粗めの挽肉は豚だろうか。マトンかもしれないが、特有の風味はなし。
皮は結構破れている。
ゴルベラコアチャールは辛さはほぼなし。
コリアンダーに、ミントの風味もあって旨い。

ハイボール2杯でご馳走様。
やっぱりネパール料理、酒に合う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「レモンライス」@レモンライス東京の写真800円。2018.02.02(土)、12:00に訪問。ケララの風 モーニングで遅めの朝食を楽しんだあと、タワレコにてTHE POGUESのアイリッシュウィスキーを入手し、気になっていたコチラへ。
TakeAwayOnly。先客2人。女性がひとりでまわしている。店からレモン/レモングラスのいい香り。アコギの洋楽がいい感じに流れている。ひとつずつ丁寧にやっていて、提供に1食5分弱かかる。10分くらいで受け取り。気が付けば8人並びになっていた。
公園等下調べをしていなかったので、次の目的地の恵比寿方面に歩いて行ったが、落ち着ける場所ないな。。駐車場で座れるところを発見。少し冷めてしまったorz

化学調味料、小麦粉、保存料不使用。
レモンライス、パプリカ、レモン、玉葱アチャール、パクチー、季節のバジルピクルス、エキゾチックチリソース(辛口)、カレーソースの構成。

押し麦入りの日本米とナッツ、マスタードシード。
レモンの風味がふんわり。少し硬めのモッチリ食感が意外だが合っていて旨い。
ナッツの風味、食感もよく合う。スパイス感はほとんどなし。

カレーソースはサラサラ。
トマト風味メインに鶏出汁。
スパイス風味抑えめで、辛さはピリ辛弱。塩気も控えめ。あっさり。
中に1個と少し鶏が入っている。柔らかくて旨い。

エキゾチックチリソースは東南アジア系の風味にしっかりめの辛さ。
胡麻っぽい風味に、ナンプラー系風味もあったような。ハーブも入っていそう。
旨い。辛さと強い味わいはほとんどココからのみなので、もっと欲しいところ。

アチャールは浅浸かり。辛味は強くなく、酸味がいいアクセント。
季節のバジルピクルスは玉葱。バジル風味はさほど感じなかったが、こちらも酸味アクセント。
パクチーは鉄板。追いレモンをして完食。

全体的にあっさりで、量も少なめ。サクッと軽食といったところ。
個人的にはもっと味わいが強いほうが好きだが、これはこれでバランスが良くうまい。
出来立てだと旨さが2倍になると思われる。
近くの場所を事前にリサーチするか、持って帰って温め直してが間違いない。

軽め2発だったので、中華麺酒房 中華そば すずらん@恵比寿で締めた。
https://ramendb.supleks.jp/review/1209554.html

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件