なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

no

男性 - 東京都 (1982年生まれ)

アルコールタバコラーメンカレーニンニク辛いものクセのあるもの猫ロック女映画ミュージック読書AVダイヴィング海外旅行好き。交通課甘いもの満員電車仕事ヒップホップ咀嚼音強い香水嫌い。RDB12年290杯、13/370杯、14/385杯(ユーザランキング最高6位/年末7位)、15/271杯、16/172杯、17/131杯。CurryDB15年/142杯、16/256杯、17/159杯。

平均点 80.784点
最終レビュー日 2019年2月21日
753 636 0 646
レビュー 店舗 スキ いいね
80

「オムドライ(辛口)」@むさしやの写真750円。2018.11.07(水)、17:50頃訪問。ニュー新橋ビル。ひと席の空きにスルリと着席。後ろは1,2名並びが続いていた。回転が早いので、並びもさほど待たない。
カレースパ、メニューから消えている。コチラを辛口で注文。
卓上にはソース、タバスコ、胡椒、塩。

フライパンでしっかりと炒められている。
ドライカレーは香ばしさあり。意外とスパイス感もあり。
チリピクルスの荒微塵が割と入っている。
辛口仕様で多めに入っているのかも。ちゃんとピリ辛強あり。酸味も合う。
具は豚バラの細切れくらいだった気が。普通に合う&旨い。
ライスは少し硬め。焦げ弱箇所の食感もいい。量は若干少なめ。

オム部分は卵ひとつ分くらいだろうか。
目玉焼き(100円)がふと目について、追加でオーダー。
卵だだ被りになったが、オムより半熟の黄身のまろやかさがドライカレーに合う。

ナポリタンが多めに。
さほど特徴のないパサめのナポリタンだが、それがいい。
後半タバスコを少し。

キャベツの千切りはマヨネーズ少ないのでソースで。
味噌汁付き。合う。食堂の茶碗のような椀に入っているのがまたなんとも言えずいい。

大人のお子様セットといった趣。
ドライカレーの味わいは少しだけ高級版。
老舗@ニュー新橋ビルというのが美味しさアップになっていそうだが、旨かった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ドライカレー+温泉玉子」@カフェハイチの写真700円+100円。2018.11.04(土)、15:40頃訪問。ノーゲスト。6席のみ、こじんまりとした店内。
ブロードウェイに時計を見に来たついでにコチラに。卓上調味料なし。

カスリメティではないと思うが、茶葉っぽいのハーブのいい香りが表面から。
水分が飛ばされているが、ウェット感は少し残っている。

玉葱、挽肉メイン。
スパイス感はやや少なめ。香ばしさあり。
玉葱からの自然な甘みに、ピリ辛弱。
塩気は強くないが、味はしっかりと濃いめ。

キーマは少なめだが、濃いので少しでライスと合う。
ライスは日本米、少し硬めのいい炊き加減。
並は200gとやや少なめなので、サクッと完食。

閉店してしまった、カフェ・ハイチ 川崎ルフロン店以来のハイチドライカレー。
フランチャイズではない本流はココのみらしい。旨かった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ドライカレーハンバーグ」@レストラン ばーくの写真700円。2018.10.31(水)、18:30頃訪問。先客15人、8割の入り。後客も続々で満席近く継続。
卓上にはとんかつソース、ウスターソース、醤油、塩。

先日ハムカツ定食を食べてほどなくコチラも。
ライス+カレーソース(ルゥ?)をガンガン炒めて水分を飛ばして、カレー粉をまぶしている?
ライスはみっちり、少し硬め。もっちりみっちり食感。量は250gくらい?
しっかり炒めで、お焦げに近い焦げが少しあって、たまにカリッと。
香ばしい、いい薫りあり。

スパイス感は少なめ。辛さはピリ辛弱あり。
カレー味がガッツリ入っている感じではなく、ふんわりカレー風味といった味わい。
チーズが全体に混ざっていて、少し糸を引く。チーズの香り、風味あり。

具はハムの荒微塵が割と入っている。
ハムステーキやハムカツで使わない、端ハムのカットだと思われる。
ハム味、塩気もあって、よく合う。

ハンバーグは牛。ジューシィさは弱い。
表面はソースかと思ったが、肉汁かも。
牛の味はしっかり。肉に塩胡椒はしてありそうだが、味付はほぼなし。
塩と醤油を追加。
単品でつまむより、カレーの具として合わせるといい感じ。

腹一杯で完食。
サウザンドレのかかった千切りキャベツも量があって嬉しい。
先日のハムカツ定食(料理写真参照)も薄衣のデカいハムカツ4個でかなりのインパクトだった。
営業時間的になかなか来られないのだが、ドカ盛りのから揚げも気になるのでまた来ると思われる。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「タンドーリチキンドライカレー(ストロング) etc.」@デリー 上野店の写真【日替りプレミアムメニュー水曜】1300円(ストロング変更無料)+ラサム500円+ナスのピクルス200円。
2018.10.17(水)、17:45頃訪問。気になっていたこのメニューを。先客10人くらい。18:00頃は店内5人くらいに。かと思ったら段々混み始め、18:15頃には2人並びになっていた。混む前のタイミングに入れたようだ。
卓上には玉葱アチャール、きゅうりピクルス(キュウちゃん系)。
ナスピクルス、ラサムと配膳され、後客注文のカシミールのあとにドライカレーの提供。炒めが入るためちょっと面倒なようだ。

以下メニューより。
ドライカレー「風味豊かなカレーピラフ」
ストロング~「ドライカレーに辛味とヒグの香りをプラス」
ラサム「南インドスープ」
ナスのピクルス「ナスをにんにく生姜・唐辛子・マスタードで炒めた逸品」

ナスピクルスはウールガイみたい。マスタードシード入り。
ニンニク風味は穏やか。酸味、辛み、塩気も控えめでよく言えば上品、悪く言えばパンチが弱い。
ラサムは少しだけトロリと粘度あり。玉葱スライス、マッシュルーム入り。
甘み少しあり。辛さ控えめ。酸味も控えめ。タマリンドほんの少しっぽい。
日本人に寄せているのかも。ホールのコリアンダーシードは風味が強く、いいアクセント。

ドライカレーは日本米使用。
白米と炒めているっぽいので、ピラフではないと思うが。。
メニュー書き通りピラフっぽい雰囲気。コメはもっちり食感あり。
思ったよりスパイスは控えめ。クローブとコリアンダーあたり(?)が少し前に出ているくらい。
「ヒグ」は恐らくヒングだろう。こちらはイマイチわからず。
メインの味わいはどちらかというと洋食屋のチキンライスやピラフ寄り。
辛さはストロングでもピリ辛くらい。もう少し辛くてもいいかも。
グリンピース入り。少し酸味のある小さいカットのザーサイ? しいたけ?が割と入っていて、いいアクセントになっている。
チキンティッカのソースかカレーか不明だが、後がけの粘度の少ないソースが中央部中心に染みている。
ちょっと味プラスになっていたと思うが、量が少ないので、あまり印象なし。

ドカっと大きめタンドーリチキンティッカが3つ乗っている。
ちょいミシ食感。香ばしめ、皮付きで普通に旨いが、コチラもスパイス感は弱め。
下味なしっぽい。鶏味はあるが、味付けも弱め。
生トマト、タマネギスライスは相性いい。
プリプリのエビが4つくらい。スパイスが絡んでいないので相乗効果はないが、あったほうがいい。

卓上の玉葱アチャールを混ぜ込むといい感じ。ピリ辛に少し酸味。生玉葱の風味も残っている。
それ以上に、ナスのピクルスが相性いい。コレが混ざって完成なのかも、くらいのいいスパイス感、味わいになるが、一部で使うくらいの量だからな。。

チキン、ライスともしっかり量あり。ラサムもあり、満腹完食。
ちょっとスパイス感が足りず、不完全燃焼感はあるが、普通に旨かった。
やっぱりデリーはカシミール、コルマ、カラヒの三択かなぁ。あ、デリーではコルマ食べたことないかもしれない。次回食べてみようと思う。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「ヘブン風キーマカレー 辛く チェダーチーズトッピング」@ハングリー ヘブン 上板橋店の写真1290円(1080円+50円+150円/トッピングの税計算不明)。2018.06.28(木)、14:00頃訪問。先客3組4人。
カレーメニューもあるバーガー店。最近バーガーも好きで、上板橋の取引先に来ると、中本よりコチラに寄りたくなる。来週も来るかもしれないので、バーガーでないメニューを試してみる。

・豆入りキーマカレー ・目玉焼き ・ハラペーニョ
・レリッシュ ・トマト ・千切りキャベツ
*キーマカレーは辛くできます!(+50)
オススメトッピングはグリルパイン(+50)とチェダーチーズ(+150)

トマト感のあるウェット系のキーマ。
ひよこ豆、レッドビーンズ入り。
挽肉感は薄め。肉っぽさは表に出ておらず、存在感は少ない。
スパイスはそこそこ効いていて、しっかりカレーだが、風味はチリビーンズ寄り。
カレーバーガー(スパイシーキーマ)がカレーソース+チリビーンズだったので、こちらも同じか近い感じなのかもしれない。
辛さプラスは激辛パウダー? ちゃんと激辛。ハバネロ系かも。痛さあり。汗だく。
辛旨だが、痛さでけっこう持っていかれる。デフォでよかったかもしれない。

チリビーンズ系にハラペーニョ、トマト、レリッシュ(ピクルス微塵)はそれぞれ合う。
メキシコ系がどんどん強くなるw
マヨネーズは辛さを少し緩和。目玉焼きは半熟で合う。
チェダーチーズは1枚。150円ほどの価値はないかもしれない。
辛さもあるかもしれないが、風味は目立たない。

千切りキャベツはシャキシャキでいい食感。
ライスは日本米。普通量あり。200g弱くらいか。

普通に旨いキーマだったが、肉要素が薄い。
カレー系を食べるにしても、よっぽど米気分でなければ、CP、肉要素でバーガーのほうがよさそう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
79

「黒ドライカレー」@瞠 池袋店の写真400円。2018.04.16(月)、13:00過ぎで8人先客あり。後客も数名。
池袋のカレーをググっていたら、コチラを発見し、しばらく経ってからの訪問。あぶらそばと。
卓上には一味唐辛子、胡椒、揚げネギ節(?)ラー油、酢、辣油。

「4種のスパイスと野菜の旨味がぎっしり」とあり。
ハイチ(しばらく食べてないが)っぽい感じ。
ドライタイプだが少しだけウェット。
塩気は適度だが、味わいは濃厚。
挽肉メインに、玉葱は少し入っていたかどうか。
スパイスは個別には感じず、バランスよく適度に。前面には出ていない。
野菜出汁はわからなかったが、旨味が底上げされているのだろう。
唐辛子輪切りでピリ辛あり。イカスミっぽい風味が微かに。レモン系の柑橘風味も少し感じる。

ライスは日本米であたたかい。150gくらいか。
挽肉の量はライス量を考えるとちょっと少ないか。味濃いめなので少なめで食べればいけるかも。

柑橘風味で飽きにくくなっている。
スパイスがもう少し前に出ているともっと好み。
この量で400円はちょっと高い。点数はCP抜き。

比内地鶏のあぶらそばも濃厚で、量も多め。腹一杯。
https://ramendb.supleks.jp/review/1139468.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「Aランチ(トマトとチキン) 酢たまご」@LION SHAREの写真1200円+150円。2018.02.24(土)、12:45頃訪問。先客4組7人、後客2人。
乗り換えを間違えた。。何かないかと探してこちらへ。オサレな店内。BGMは静かにロック系がかかっている。選べる辛さは「辛さ2倍」でお願いをした。

HPより↓
油・塩分は極少、化学調味料、添加物、乳製品、卵、小麦粉はすべて不使用。胃もたれしません。

トマトとチキンのカレー。
スープまではいかないが、サラサラ。もしくは粘度のあるスープ状というべきか。
トマト風味メイン。粘度は恐らく玉葱等の野菜からだろう。風味は前に出ていないが、おそらく鶏出汁も入っていると思われる。
スパイスはクローブが少しだけ前に。シナモン、カルダモン、コリアンダーあたりがふんわりと。爽やかあっさり系。
塩気が少なく味わいもあっさりめ。
辛さ2倍はしっかりと辛く、汗がジワリだらり。唐辛子の辛さ。
味わいは辛さで飛んではいないが、辛口のほうが味わうにはいいかも。

湯むきトマトは大きいのがひとつ。スープのトマト感がアップ。
チキンは骨からするりと外れるが、味はスープに持っていかれていてあまりしない。

ドライキーマは水分がしっかり飛んでいる。
13種類のスパイス使用。1時間じっくりと炒めているらしい。
挽肉はたまにカリッとした食感も。グリンピース、レンズ豆(?)が少し入っている。
スパイス感はあまり強くない。こちらも塩気薄め。
雑穀米のような食感のライスは三分付き玄米らしい。
食感が非常によく、楽しいが、あっさりヘルシーな感じ。

ドライキーマの上には、玉葱アチャールと針生姜。レタスが少しだけ散りばめられている。
アチャールはスパイス感強くなく、ピクルス寄り。生姜とともにいいアクセント。

酢たまごは、ほどよい酸味がしっかりと玉子に沁みている。
コレ、アリだな。家でも試してみよう。

それぞれを味わいながら、一緒に食べながらで完食。
オサレでヘルシーな感じがあるが、意外と量があってお腹いっぱい。
女性客が多く、カフェとしても利用できそう。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラム肉のカレー味炒め飯」@深圳の写真900円。漢字表記[咖喱炒仔羊肉飯]。2017.07.25(月)、21:00過ぎ。先客6人、後客1人。卓上調味料はなし。
熱い中国茶提供。ドクダミ、ジャスミン系少しに微かに甘みもある気が。スパイス、漢方系が入っていそう。
先客のメニューをロット1で作ってから自分のが作られ始める。30分弱待ち。オーダーが被らない限り、1品ずつ作っていくので、時間の余裕がないと厳しそう。
ネットでかなりの変化があったと見たのだが、確かにメニュー写真と全然違う。

ラム、野菜等を炒めて赤い粉を投入。唐辛子?
炒めた後に中華鍋から取り、粘度のあるカレーソース(恐らく)を加えて、じっくりと和えていた。
先客の時にもかけていたソース(オイルなのかタレなのか)をかけて、上に諸々乗せて完成。

野菜は玉葱メイン、人参少し、ラムは小さめ切りがたくさん。
クミンシードたくさんに、天かす。マーマレードがトップに。トマト、パクチーはサイドに。

カレーは恐らく市販のものではなく、オリジナルな気がする。
スパイス感は少しで、家庭カレー系ではあるが、安っぽさはなし。
クミンシードは結構入っているが、主張は思ったより強くなく調度いい。
最初は感じなかったが、じわじわピリピリときて、ピリ辛強に。いい辛さ。

ライスは炒めたものが炊飯器に。
クチナシで炊いた卵チャーハンとネットに情報があった。
味付は薄め~ほぼなしで、具としっかり合う。パラパラではなく、しっとり。
量はしっかりあり。250g以上ありそう。

ラムはクセはないが、風味は残っている。
もっと味わいが強くてもいいが、羊感はちゃんとあって旨い。
小さめがたくさん入っているので、最後まで楽しめるのがいい。
野菜類は味が染みていて、炒飯とよく合う。

大量の天かすはサクサクで食感が楽しい。
パクチーは相性抜群。トマトはしっかりと大きい。アクセントに。
マーマレードは自家製かもしれないが、甘いもの嫌いな自分はしばらくぶり。
オレンジ風味と甘さ。クルミかカシューナッツかわからないが、ナッツを纏っている。
全体に混ぜるとピリ辛と甘みがある程度相殺されてなかなか相性がいい。
甘いものが大丈夫であれば相乗効果は高そう。

トマトスープはトマトの優しい風味がスープに沁みている。
コクは薄めなので、動物系は使っていなさそう。
薬膳っぽい風味がある気がする。香辛料がなにか入っていそう。茶葉系かもしれないが。
ピリ辛強のカレー味によく合う。

唐辛子っぽいピリ辛とベースのカレー風味に微かなラムの風味とたまに入るパクチー。
量は多めだが、それぞれの味わいと鼻孔を抜ける薫りを楽しんでいたら、意外とあっさり完食。
甘いもの嫌いとしてはマーマレードはないほうがいいか。あっても楽しめたけれども。

待ちもなかったが、「定食屋だからすいません」と、長居の客を優しく退席させていた店主、いい感じ。
声大きめの男女で、わちゃわちゃ喋りながら食べていたのでちょっと場違いな感じであった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「テンペドライカレー」@マレーチャンの写真1400円。2017.05.17(水)、ノゥ残業ディ。17:30訪問。ノーゲスト。マレーシア料理店。
フィッシュヘッドカレーを食べたかったが、多過ぎると言われ、もう一つ迷っていたこちらで。ハイボール(550円)と。

メニュー説明↓
アジアの納豆、テンペをドライカレー風に仕上げました。レタスに包んで。

ウェットタイプ。
油は多くは感じないが滲んでいる。
ココナツミルクあり。スパイス感はやや弱めで、微か~に北インドっぽさあり。
辛さはピリ辛ちょいでいい。甘みは野菜からの自然な感じのみ。
アジアの納豆=テンペは大きめの大豆がハーフになったものがそこそこ入っている。
発酵風味は感じず。たまに微か〜にあるかないかくらいで存在感は薄い。

具材は挽肉少し、玉葱微塵+ミックスベジタブル(グリンピース,コーン,人参)な感じ。
挽肉は少なく、存在感なし。グリンピースの味が強いのがちょっと嫌。
コーン、人参は多くないものの、グリンピースの強さも手伝ってミックスベジタブルカレーな雰囲気が。
パクチーは飾りに少しなのでたまに軽くアクセントになる程度。

ライスは日本米っぽい短粒種。
硬めで食感は良く、ドライカレーとも合うが、ジャスミンライスのほうがお得感があるな。
量は普通。ドライカレーがたっぷりなので、バランスはいい。

レタスにドライカレーとライスを包んで食べるのが旨い。
もう1,2枚あると最後まで包んで食べられて嬉しいかも。

納豆っぽい発酵臭を期待していたのが少し外れてしまった。
旨いがコレで1400円はちょっと。2,3人前で頼めなかったフィッシュヘッドカレーが1680円(ライス別注文かもしれないが)なのでさほど変わらない。
点数はCP込み。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「スープカレーチャーハン」@味坊の写真972円。2016.12.09(金)、21:40頃訪問。相変わらず繁盛している。
卓上には醤油、酢、辣油、黒酢、胡椒。
ラムの水餃子(626円)、ラム肉の串焼き 5本(1080円)、ビール中瓶(540円)と。

スープカレー+チャーハンではなく、スープ+カレーチャーハン。

カレーチャーハンはふんわりカレー粉風味。
スパイス感は少し。恐らくカレー粉のみ。辛さはほぼなし。
炒めたてで熱々。香ばしさあり。空気を含んでふんわり。
味付けは適度。少しおとなしいくらいで塩気は弱い。
コレ単品だと飽きがきそうではある。
チャーシュー微塵は珍しく八角風味なし。
他の具は玉子にネギが少し。

スープは鶏ガラ塩の中華餡。こちらも熱々。
卵白が多めに漂っている。
トロミはしっかりあるが、炒飯にうまく染みる。
塩気強めで、やや薄味の炒飯に混ぜるとベストバランス。

炒飯の量がかなり多い。
顔を出している部分だけでも多めに見えるが上げ底なしの丼でしっかり下まで。
2人前量はある。無理はせずに持ち帰りで。

餡かけチャーハンとしては80点だが、ドライカレーとしてはこのくらいの点数。

ついでにラム肉の串焼き↓
焼きたて。ホールクミン、ゴマ、唐辛子でピリ辛ちょい。
クミンの風味と香ばしさがいい感じ。
プリップリだけど羊の味わい、クセが残念ながらない。
弾力の強い鶏モモかと思ってしまうくらい。
うまいんだけれども、羊感を期待するとそこは外されてしまう。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件