なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

no

男性 - 東京都 (1982年生まれ)

アルコールタバコラーメンカレーニンニク辛いものクセのあるもの猫ロック女映画ミュージック読書AVダイヴィング海外旅行好き。交通課甘いもの満員電車仕事ヒップホップ咀嚼音強い香水嫌い。RDB12年290杯、13/370杯、14/385杯(ユーザランキング最高6位/年末7位)、15/271杯、16/172杯、17/131杯。CurryDB15年/142杯、16/256杯、17/159杯。

平均点 80.827点
最終レビュー日 2019年10月15日
890 739 0 906
レビュー 店舗 スキ いいね
81

「Hazi Biriyani」@Haji Biriyani Cox's Bazarの写真190TK。2019.10.10(木)、17:00頃訪問。パハルプール、バゲルハットと夜行バスで特急世界遺産巡り。ダッカ→バゲルハット夜行バスが、ガンジス河のフェリー減少(20→3艘。水量増量?)により、10時間+で22時間かかった。短縮で飛行機利用。ダッカ→コックスバザール着。世界最長の天然の砂浜を持つ海岸線の町。
店名はHAJIだが、メニューはHazi。有名老舗店と同名だが、調べてみたら関係ないようだ。恐らく有名店に寄せた同名メニューを。客は時間帯故か1組くらい。
ウリ、唐辛子、ライム付き。

ほんのり温かいくらい。
シナモンがほんのり香る。ホールクローブがいくつか。
短粒種、チニグラ米。水分少なめでパラり。
マトン風味は全体に薄っすらと。
塩気はちょうどいい。辛さはピリ辛弱くらい。

マトンはプリプリ。小さめ骨付きが割と入っている。
唐辛子を齧って辛さを増しながら。ライムもいいアクセント。

最終日にダッカの本店に行ったが、風味はほぼ同じ。
チニグラ米の食感/風味で本店に軍配が上がるも、普通に旨い。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「BEEF ACHARI GOSHT+GARLIC NAAN」@Bird's Eye Roof Top Restaurantの写真590TK+125TK+VAT15%(1TK=1.26円)。2019.10.06(日)、19:00前訪問。荷物を背負って暑い中1日歩き回ったのでヘトヘト。歩き方掲載の景観レストランへ来たが、ベンガル料理なし...、インド、タイ料理中心だった。。もちろんアルコールもなしorz。MIXED PAKURA 10Pcs(TK.495+VAT15%)と。

ミックスドパコラから到着。
チキン、海老、魚、野菜が10ピース。衣厚め。うーん、普通。

ビーフアチャーリゴーシュト。
牛キューブ、マンゴーピクルとレッドグレィヴィ。
ドロリとしたグレィヴィに角切りの牛がドッサリ。
ピーマン、トマトもけっこう入っている。
濃いめの味わいだが、スパイスはバランス型。
クミン等に、コリアンダー風味少し。ちょい辛口。

牛がドッサリ入っているのでCPは悪くないが、牛自体の風味はそこそこ。
トマトの酸味が、濃い味わいにいいアクセント。

ガーリックナンはニンニク風味弱い。
しっとり。ナン故か、少し甘めでちょっと微妙。

ルーフトップ屋外でいい環境なのだが、酒が呑めないのはやはりキツイ。
高めのホテルのバーへ移動。国産のHunterBeerは350TK。冷たくて美味い。が、後ろめたさがあるのだろう、店内が暗い(顔が見えないようにしていると思われる)のがちょいと。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
81

「Rui Curry」@Radhuni Restaurantの写真約300BTD(1BTD=1.26円)。2019.10.06(日)、12:00過ぎに訪問。開店すぐ故ノーゲスト。後客チラホラ。
バングラといえば川魚。フィッシュカレーを所望すると種類を聞かれる。イリッシュ(バングラ淡水魚)よりルイフィッシュ(コイ系の淡水魚)のほうがいいとのことで、それで。フライかドライか聞かれる。フライは素焼き(スパイスから揚げ?)、ドライはタルカリ(カレー)スタイル。ドライで。
現地人は皆、手食。インドも最近は外食ではカトラリーを使う人が増えているが、バングラは外食もまだ手食のようだ。外国人なのでスプーンが添えられるが、自分も手食で。

塩が付いてくる(使わなかったが)。
ルイ、ベジ、ダル、ウリ&唐辛子、アチャール。

ダルはまろやか。トロリと豆の粘度あり。
コーヒーのような焙煎味、香ばしさあり。豆を煎っている?
塩分適度、ニンニクも効いて、味わいしっかり。辛みも少しあり。

ルイは玉葱グレィヴィに覆われている。
チリが効いている。バランスのいいスパイス感。
クミン系が強くなく、シナモン、カルダモン、メティ系が多いのがバングラの特徴かも。
ルイは皮がプルプル。白身魚の味わい。臭みなし。グレィヴィとよく合う。

ベジもほんのりスパイス風味でいいオカズ。
アチャールはライムだったか。程よい酸味、辛味。

ライスはチニグラ米。smallと言ったが、それでも大盛り量あり。
パラめで日本米よりは腹に溜まらない。が、それでも多。

アザーンが街に鳴る中の食事、いい。
店内のカーテンが全部閉まっていたのは開店直後だったからか。もう少し明るいといいのだが。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件
81
AL RAZZAK ( )

「Chicken Tarkari」@AL RAZZAKの写真250BTDくらいだった気が(1BTD=1.26円)。2019/10/6(日)、9:30前に訪問。
バングラ旅行数件連投。
ダッカに深夜に到着。同名ホテルの1階で朝食。けっこう客が入っている。メニューなし。チキン、ベジ等聞かれ、チキンにする。
ルティ(バングラ読み)、水ペットボトルが自動で付いてくる。卓上にはライム、唐辛子。

予想外のビジュアル。
クリーミィでシチューに近い味わい。表面に油層。
スパイスもおとなしめ。ホールカルダモン入り。
辛さなし。卓上の唐辛子を少し齧って調整。ライムもよく合う。
骨付きチキン中が2片。骨が多い。
ルティとよく合う。もう少し肉が欲しいが、朝食にはちょうどいいか。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
82
Cafe Mondegar ( )

「Egg Curry, Garlic Cheese Naan」@Cafe Mondegarの写真270Rs(約413円)+120Rs(184円)。2018.10.27(土)、19:00前訪問。インドのラスト飯。余り時間に余裕がないが、200Rsで宿にてシャワーを浴びて、最後にコチラで呑み食いを。
生ビール(220Rs)旨い。4杯くらいいったか。

エッグカリーはドロっとグレイヴィ。
バター(ギー?)たっぷりで香りがする。北インド寄りの味わい?
甘み少しあり。チリのピリ辛あり。
塩気はしっかり。意外とスパイスはおとなしめ。
フレッシュコリアンダー多めでいいアクセント。
エッグは2個分、ハーフが4つ入っている。
やはりカレーにゆで卵は合う。白身、黄身両方ともいい。

半ナマガーリック、チーズたっぷりのガリチーナンにドシドシとカレーを乗せて。
カレー自体はそこまで好みでなかったが、ガリチーナン効果でバッチリ。
ビールにもすごく合って、良い最後の晩餐となった。

少しゆっくり回ろうかと思っていたのだが、やはり終始高速パッカーに。来年こそは彼女とまったり海沿いリゾートにでも行きたい。彼女作らないとなぁorz

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「Paper Masala Dosa」@Sahakari Bhandar Restaurantの写真125Rs(約192円)。2018.10.27(土)、12:00前訪問。インド最終日。観光地は大体行ったので、博物館へ行ってみた帰りに昼飯を。一番高いメニューを頼んでみた。タイミングギリギリだったか、みるみる席が埋まって、12時前満席。自分の向かいにも相席で入った。
水、飲み水と普段使いと以前より明確に分けているようで、店で出てくるものは不味くなく、飲める。一杯は飲まないけれども。
ワダ食べてる人が多い。意外に15分ほど待ってコチラが到着。

運んでくるところから「おぉッ」っとなったのだが、デカイ…
テーブルからはみ出す大きさ。紙のような薄さにのばしたドーサという意味合いだったようだ。
パリパリサクサクで旨い。

カトリは4つ。ラッサム系トマト味強め2つに、ミント系ソース、ジャガイモマサラ。
トマトソースは酸味少しにスパイス。ピリ辛弱。
オクラっぽいものが入っていたが、オクラじゃなかった。外の殻が硬め。なんだろう。
ミントソースはココナツファインにスパイス、チリ。コチラもピリ辛あり。
ジャガイモは安定の味わい。ジャガイモと豆。クミンメインの優しいスパイス。

薄いがやはり量がある。腹一杯で完食。
この量だとティファンじゃないなw
近くの現代美術館に行くも、ドイツの作家のものしか展示していない週間とのこと。残念。
PMはモスク、市場、置屋街を観光。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
79
Cafe Mondegar ( )

「Mushroom Tikka etc.」@Cafe Mondegarの写真Mushroom Tikka(290Rs/約444円)+Chicken Cutlet & Chips(320Rs/597円)+Garlic Cheese Naan(120Rs/184円)。外税。2018.10.26(金)、22:50頃訪問。
オールドゴアを駆け足で観光して、飛行機でムンバイに戻り、またも宿探しに若干苦戦してからコチラへ。酒が呑める飯屋が、ゴア等特殊な場所以外はインドは少ない。

近くのレオポルド・カフェかコチラが、宿から近くて呑める場所なのだが、コチラのほうが少し明るいか。双方老舗で旅行者も多く常に賑わっている。ひとりなので端の椅子の高い2人席に滑り込めるが、3人以上は諦めて帰っていく人が多い。
両方ともBGMは古め中心の洋楽。コチラにあるジュークボックスはインド発だそうな。
https://en.wikipedia.org/wiki/Cafe_Mondegar
https://en.wikipedia.org/wiki/Leopold_Cafe

King Fisher Draught Beer(Tap Beer by the Mug) 220Rs(337円)。
冷たくて旨い! 一杯目は瞬殺。 ビンも合わせてつらつらと呑んでいく。
さほど腹が減っていなかったので、つまみメニューを。

マッシュルームティッカ。
スパイスヨーグルトマリネのタンドール焼き。
表面にしか味が入らないので、あとはマッシュルームの味。
思ったより量が多い。冷めると微妙になってくる。ミントソースは旨し。

ガーリックチーズナンは予想外に絶品。
チーズとニンニクの荒微塵が大量に乗せられ、焼かれている。
チーズの味、塩気にニンニクのパンチ。胸焼けする可能性があるが、単品で楽しめる。

チキンカトレットはデカいナゲットのような見た目。
マッシュされた鶏肉に、鶏軟骨も入っている。
欧米系メニューかと思いきや、中もしっかりスパイスで味付けがされていてインド的。旨い。

しっかり酔っ払って、看板猫と戯れてから就寝。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
84
Ritz Classic ( )

「FISH CURRY RICE(THALI)」@Ritz Classicの写真ランチライム限定266Rs(約407円)。2018.10.26(金)、13:50頃訪問。ゴアのビーチエリアを原チャで散策後、オールドゴアへ向かう前にランチを。ピークを過ぎた頃かと思ったが、2階までローカルほぼ満席。ギリギリ入れた感じ。複数人組で待ちっぽいのもいる。ハイネケン(140Rs/214円)に、追加でキングフィッシャー(110Rs/168円)も。

豪華。左のテーブルが手食をしていなかったので、スプーンメインで。
カトリを外に出して、中央にライスをこぼし、パパドを散らし、それぞれのカレーを楽しむ。
中央左から時計回りに。それぞれスパイスの風味は違うが、バランスよく効いていた。

一番大きいカトリに入っているのは、海老カレー。小エビ数匹、ソースに海老風味がしっかりと移っている。
カニカレーはほぼ固形。手のところは食べるところがほぼなかったので飾り。
ココナツファインと野菜微塵のグレイヴィにカニの身が細かくなって入っている。たまにカニの殻も。
白身魚のカレー①。魚の風味はソースには移っていない。ベーシックな味わい。
アサリはココナツファインとスパイス等で炒められている。
ジャガイモサブジ。
白身魚のカレー②。こちらのほうが身が大きめで魚味が楽しめる。
ラッサムっぽいものはベリー使用だろうか? 酸っぱさに加えて微かにフルーティな甘さあり。

白身魚の揚げ物は揚げたてホクホク。スパイスは控えめで、焼き魚感覚。普通に旨い。
ライスは短粒種。パサめ軽めでサクサク腹に入る。マンゴーピクルは鉄板。
中央のデザートはキール系。グラブジャムンほどではないが、やはり甘い。少し残した。

腹一杯で完食。豪華な内容なのにこの値段。CP最強。ローカルで満席になるわけだ。
左の歳いってるグループ(スプーン派)の食べるのが早かった。合わせてスプーンで食べたのだが、右のカップルの20代けっこう可愛い女子は手食。周りを見ると半々くらいか。
家では手食なのだろうが、外食ではマチマチの様子。う~ん、家庭環境とか好みなのだろうか。
レシートを見たら、FOOD2.5%、LIQUOR22%の税金がプラスされていた。ゴアは酒税がかなり安いらしいので、ほかだとアルコールはもっと税金がかかるはず。パッカー旅なので、外税の店にあまり行かないけれども。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
84

「Puri Bhaji」@MAMA CECELIA'S BEACH CAFEの写真150Rs(約184円)。20180.10.26(金)、ゴア最終日。朝食スタートの8:00過ぎに訪問。ポットでチャイも(100Rs/153円)。
けっこう待った。スロースタートなのだろうw
浜辺の朝なのでゆったり待つのもいい。

揚げたてのプーリが三つに、出来たての野菜カレー。

カレーのベースはサラサラスープ状。
ダイスカットのじゃがいも、細かいカットのカリフラワー、インゲンに、豆が数種類。
青菜に見えるものは全てフレッシュコリアンダー。
スープ状ではあるが、細かい野菜が大量に入っていて、ソースより多い。
ホールでクミン、マスタードシードが入っている。
スパイスしっかり、味付け濃いめ。辛さはピリ辛ちょいでいい感じ。
ニンニク少しに、フレッシュコリアンダーの風味もいい。

プーリは小麦粉と水のみで揚げたものなのでシンプルな味わい。
小麦風味と油感が良く合う。
量しっかり、ベジメニューの健康的な朝食で大満足。
原チャを借りて、散策へ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件
84

「Beef Vindaloo」@MAMA CECELIA'S BEACH CAFEの写真280Rs(約429円)+Cheese Garlic Chapatti(50Rs/77円)+Plain Rice(120Rs/184円)。
2018.10.25(木)、19:30頃訪問。ダイビングから戻ってきて、砦まで徒歩で。5kmくらい歩いたか。クタクタで晩飯。
ムンバイでも実はビーフ(バッファロー)を食べたのだが、カレーでの提供は今回初めて。
Beefとなっているが、恐らくBaffaloだろう。水牛はセーフらしい。

ドロっとしたグレイヴィ。
酢系の酸味がしっかりに、チリの辛みもしっかり。
ベースはトマトの味わいが強い。
スパイスはバランスよく効いているが、強く出ているものはなし。
ホールスパイスなしで、フレッシュカレーリーフが数枚入っていたくらい。

ビーフはプリプリとミシミシ。ゴロゴロとたくさん入っている。
牛味のほかにも、下味が染みているのか、味あり。
固形で残ったトマトもたまに顔を出す。

ライスはバスマティよりプレインライスのほうがソフトで合うとのこと。
ソフトだがやはり軽い。サクサクと食べられる。
チーズガーリックチャパティもカレーと合わせるといい感じ。たまにニンニクのパンチ、チーズの風味。

ゴアに来た目的のひとつってほどではないが、食べようと思っていたビーフカレーを食べられて満足。
トマトベースの味わいがゴアには多い? しっかりビンダルーが効いていて、旨かった。酒も進む。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件