なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

no

男性 - 東京都 (1982年生まれ)

アルコールタバコラーメンカレーニンニク辛いものクセのあるもの猫ロック女映画ミュージック読書AVダイヴィング海外旅行好き。交通課甘いもの満員電車仕事ヒップホップ咀嚼音強い香水嫌い。RDB12年290杯、13/370杯、14/385杯(ユーザランキング最高6位/年末7位)、15/271杯、16/172杯、17/131杯。CurryDB15年/142杯、16/256杯、17/159杯。

平均点 80.777点
最終レビュー日 2019年4月18日
770 649 0 685
レビュー 店舗 スキ いいね

「うま辛スパイス牛すじカレー+半熟卵+焼きチーズ」@Hot Spoon 丸の内店の写真853円+108円+162円。2019.04.06(土)、13:40頃訪問。皇居限定公開の桜を見たあとにコチラへ。店内は8割ほど入り。卓上には福神漬のみ。酒類が100円引きとのことでホットチリハイボール(302円)も。
ライス少なめ(200g)、辛さは辛口で。

Webより↓
「飴色玉葱と牛すじ肉と香味野菜を6時間煮込んだブイヨンのビーフカレーと14種類のスパイス、バター、トマトのチキンカレー」
うま辛スパイスカレー↓
「生スパイスと粉スパイス 2種のスパイスがカレーの旨みを引き出しました」

提供時に生/粉スパイスが店員さんの手でカレーに乗せられる。
生はアチャールにスパイスを足したようなものがしっかり1ディッシャーほど。粉スパイスは小匙。小匙3杯までで2杯がオススメとのこと。3杯で。

グツグツしていて熱々。
恐らくチキンカレーの方がベースになっている。
粘度少なめ。シャバめに野菜等グレィビィ。
スパイス感はあるが、さほど強くはなく、やや控えめ。
塩気少しあり。甘みがあるが、辛さでうまく相殺。
辛口はちゃんと辛さあり。生/粉スパイスでも恐らく辛さがプラスになっている。
けっこう汗出る。ベースの味とうまくマッチした辛さ。

生スパイスは、玉葱、トマト、生唐辛子が少し(?)あたりの粗刻みがドサっと。
アチャール的な酸味がいい感じに効いている。しっかり辛さあり。カレーによく合う。
スパイスは入っているのだろうが、目立つほどでなし。
ホールスパイスも入っていないので、生スパイスという表現は違うような。

粉スパイスは自家調合だと思うが、要はガラムマサラ。
砕かれたホールスパイスも見えるが、個別のスパイス風味はさほど強くない。
全体的なスパイス感と辛さの底上げになっている。

牛すじはプルプルとミシっと部分と。かなり量が入っている。
スパイスカレーに牛すじ。よく合う。
チーズはすごく伸びる。けっこう量あり。風味もあって、間違いなし。
半熟玉子は後半に溶かす。マイルドに。黄身の風味がカレーに良く合う。

カレーソースの量がかなりあり。
ライス並盛270gでもちゃんとバランスが取れそう。
少なめ200gで、カレーをメインにしっかり楽しんで満腹。

メニューチョイスが良かったのかもしれないが、最後まで旨く楽しめた。
ツレの頼んだ通常牛すじカレーの方が黒胡椒、クミン、クローブとスパイスは立っているが、けっこう甘みがあったので、ビーフカレーベースは自分はちょっと苦手かも。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ディナータイムダブルカリー+ポテトサラダ」@レインボウスパイスの写真1300円+100円。2019.04.03(水)、17:30頃訪問。先客なし、後客1人。
店員は若い女性3人。なかなかいい。卓上にはアチャール、マサラソルト、唐辛子と自家製ガラムマサラ(?)。
今月のカレー・カリムホテルチキンシチューと、グランドメニュー・北インド風チキンマサラカリーのダブルで。ライス大盛り無料とのことだが普通でお願いする。
カレーはできているもの提供なので、すぐに配膳される。

カリムホテルチキンシチュー。オールドデリーの路地裏にある店由来のようだ。
シャバシャバ。スパイス強い。
ホールのコリアンダーが多量入っていて前面に。同じく黒胡椒も多めに。
ホールスパイスのザクザク食感がありながら、本体と上手く調和している。
少しクリーミィさあり。フレッシュコリアンダーは天辺に一葉。
辛さはちゃんとあり。チキンはデカめがひとつ。

北インド風チキンマサラカリー。看板メニューらしい。
トマトベース。野菜グレィビィで固形感と水分のシャバっと。
コチラもスパイスしっかり。クミンにメティ、フェヌグリーク系が前に。
あとがけのホールスパイスも疎らに香る。シチューもそうだが、クローブ等もベースに。
チキンはデカめひとつと小さめひとつ。

ライスはカリフォルニアのバラ、カルローズ米。フライドオニオンが乗っている。
日本米×タイ米の中粒種。風味はさほど感じないが、もっちりとパラッとの間の食感はハーフっぽい。
150gくらいか。カレー多めで食べるにはちょうどいい量。

サブジはしめじメイン。スパイスは強くなく、添えおかず的でいい。
ポテトサラダはマスタードシード、人参、玉葱等入り。
マイルドなスパイス風味ありで旨い。

ホールスパイス多量でスパイス感は強いが、薬膳っぽい嫌な感じはなし。
インドっぽさも意外と感じず、所謂日本のスパイスカレーなのだが、そのなかでもかなりバランスがいい。
ココのバターチキンが食べてみたくなってきた。
職場駅近なので、そのうちまた食べにくるハズ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「スパイシーマトンビリヤニ」@アジアティーク 立川店の写真1350円。2019.04.02(火)、20:30頃訪問。店内やたら広い。先客8組くらい、後客団体10人。外からは見えないが、意外と客が入っている。卓上調味料なし。チベット風蒸し餃子も頼んでみた。
店員はインド、ネパール、タイ? もしかするとそれ以外の国の人もいるかも。メニュー構成は北インド、タイメインにモモだけネパール。タイはラープもあり、意外と力が入っている。
サルビスはパパドでなく、タイ寄りで海老せん。

10分弱で配膳。
一色。恐らく炒め形式のビリヤニ。
炒められている故か、バスマティライスにふわっと感はない。
表面は水分が少ないが、中はそこそこしっとりしている。
羊肉周りにグレィビィあり。
ホールスパイスがけっこう入っていて、スパイス感はいい。
クミン、クローブ、カルダモン、シナモンあたりが少しずつ。
炊き込みタイプのふんわりではなく、直接的にくる。
辛さはピリ辛ちょいが疎らに。もう少し辛くてもいいかも。

羊肉は中サイズが5つくらい。
もさもさ。風味そこそこ。普通には旨いが、もう少し羊風味欲しいかも。
茹で卵は合う。カシューナッツ少しに、彩りだろうが、謎の青ネギ。
レーズンは意外と多く乗っていて、捌ききれないと判断し、どけた(甘いもの嫌いなので)。

ライタは酸味塩気が強め。これはアリ。
キュウリにジャガイモ? 野菜も多めに入っている。

ライタが味変に優秀だが、味わいが単調なので、やはり若干後半飽きる。
写真も炒めタイプだったので、詐欺ではなし。
スパイス感は思った以上にあったので良かった。
マトンにもう少し強さが欲しかったかも。

北インド系は日本人に寄せていそうな雰囲気が大分あるので、北タイかタイチャーハンでまた来るかも?

チベット風蒸し餃子はそこそこ↓
https://gyouzadb.supleks.jp/review/1224160.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「いきなり!ステーキカレー」@いきなりステーキ 立川北口店の写真【店舗限定】1393円+スープ&スモールサラダセット378円+ブルーチーズソース108円。
2019.04.01(月)、20:40頃訪問。満席で待ちあり。マジかや。10分弱待って着席、すぐに注文。スープとサラダがすぐ来たが、スープ到着からステーキカレー到着まで15分。スープはもちろん冷めた。メインと一緒に飲む用でないか、普通?
牛肉片入りで、普通に牛骨スープで旨いが、熱い状態で飯と食いたかったところ。

立川では提供のないカレーライスのメニュー説明↓ほぼ同じだと思われる?
「じっくり炒めた玉ねぎをベースに牛肉とフルーツの旨味に乳のコクを加え、オリジナルのカレー粉に数種類の単体スパイスを入れて仕上げられています。柔らかく煮込んだ牛肉と、スライスビーフをトッピングし、いきなりステーキならではのビーフカレーとなっています。」

鉄板は鉄板ジュージューしてない。仕様だろうか。
ステーキも熱々ではなし。鉄板は熱々なので、保温効果はある。
カレーはスープカップに入って提供される。写真はかけた後。

カレーには細かい挽肉が結構入っている。
日本式カレー。粘度強めのもったり。スパイス感は少し。
塩気はやや強めで、味わいは濃厚ではある。
序盤、ピリ辛強を感じることもあったが、段々と感じず。
チリは疎らに入っている?
甘みが少しあるので、段々と緩和されたのかも?

ステーキは100g強か。ミディアムレア。中心部に少し赤み。
塩胡椒がしっかりと絡んでいて、旨い。
ステーキとカレーの相性はいいが、相乗効果はないか。
ステーキがちゃんと強いので、あくまでステーキにカレーがかかっている感じ。
卓上のおろしニンニク、醤油がやはり一番合う。

ホットステーキソースを。
ステーキにももちろん合うが、カレーの味変にもいける。
カレー量に比してライスが多めなので、ライス用にもアリ。

ブルーチーズソース(ドレッシング)はサラダにももちろん合うが、ステーキにも合う。
ステーキにブルーチーズはすごくいい。カレーに混ぜてみても面白かったかも?

後半、平日なのであまり加えられなかったが、おろしニンニクをちょいちょい足して、醤油を垂らしながらカレーを味変して完食。
ステーキ自体は、ステーキカレーの中では上位。肉食ってる感はやはりいい感じだが、カレー自体はそうでもなし。コレにスパイスばっちりのカレーをかけたら最高だろうなぁ。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「ミートボール・カレー味」@ハングリー・ハンフリーの写真800円(?)。2019.03.30(土)、19:40頃訪問。前日オールでグロッキィ。タワレコカフェ@原宿でTheBirthdayコラボメニューをサクッと食べてから、新宿ゴールデン街老舗のコチラへ。やっとこられた。

以下Web情報等から概略↓
「グラタン皿に入れてオーブンで焼き上げるカレー。ビーフシチューのようなまろやかでコク深い味わい。おいしさの秘訣は、鶏ガラスープと香味野菜で6時間程度煮出して作るブイヨン。そこにカレールゥを溶き、ニンジンと一緒に煮込んでひと晩寝かせ、手間暇かけて完成。仕上げにのせたサワークリームもおいしさのアクセント。」
「居酒屋じゃなくてBARだから、ごはんものは出したくなく、バゲット付き」

瓶ビールで一杯やってから、ズブロッカソーダへ。
そのくらいでコチラが到着。

欧風寄り。粘度あり。スパイス感はほぼなし。
鶏ベースで味わいはしっかり濃厚。塩気は少しだけ強め。
野菜屑が少し残っていて、香味野菜の風味がしっかり感じられる。
牛風味こそないが、確かにビーフシチューのようなカレー。
サワークリームは間違いなし。
カレーにサワークリームはあまり見ないが、コレ、定番化してもいいくらい。
濃い目の味わいに酸味がよく合う。欧風で味わいしっかりなら同じく合うはず。
皿の端の固まった部分も旨い。

ミートボールは三つ。粗挽き。
肉の味がちゃんとして、普通に旨い。カレーとばっちり合う。
インゲンが数本に、人参ひとつ。
バゲットもよく合う。日中でもライスよりバゲットのほうが合いそうだが、ウォッカを呑みながらなら尚更。

ホウレン草サラダは生のホウレン草にカリカリベーコン。*料理写真参照
醤油はもしかするとタレを作っているかもしれないが、そのままの醤油な気もする。
カリカリベーコンと醤油だけで生のほうれん草がすごく旨い。
バジリコのスパゲティ。*料理写真参照
太めのスパゲティはアルデンテ~少し柔らかいくらい。
バジルたっぷりに少しシソ。シンプルながら間違いなし。
ウォッカにも合う。

店の雰囲気がよく飯の味も上ブレに感じる。
流石はゴールデン街の老舗。ココ、また来たい。

以下蛇足↓
CDBの分類が貧しいので、オーブン焼きということで焼きカレーにした。ネパール・インドネシア・パキスタン・ミャンマー等、インド・タイカレー以外の外国カレーが全てその他になるんだよなぁ。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーdeパンダ」@上野グリーンサロンの写真830円。2019.03.23(土)、11:00頃、奇想の系譜展@東京都美術館前に訪問。店内ほぼ満席。家族連れが多い。受取口に調味料多数。

ホワイトカレー。
少し粘度はあるが、割とシャバっとしている。
シチューの味わいに、少しカレー風味。
シチュー4:カレー1くらいのバランス。スパイス感はなし。
浮いている水分はシチューから分離? コンソメっぽいいい風味。
具は鶏肉、ジャガイモ、人参、黒豆に福神漬。
ジャガイモが適度に柔らかくて旨い。
カレールゥは平皿に浅めに張られていて、やや少なめ。

パンダの耳は黒オリーブ。目と鼻は黒豆。
硬め炊きで割と量がある。
カレー多めで食べていたのでライスが余りそうに。
受取口のパルメザンたくさんに、タバスコ少し使用。
タバスコチーズライスに少しカレーを絡める。アリ。

普通に旨かったが、カレー感は薄い。
白カレーの店 1/f ゆらぎと味わいはやはり似ている。
ホワイトカレーはやはり大体同じ感じになるか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「手仕込み豚カツカレー+チーズソース」@マジカレー 神田神保町店の写真890円+200円。2019.03.19(火)、18:30過ぎ。本店会議後、軽く呑んだあとに訪問。神田カレーGP2018グランプリ店。先客8人、後客も同じくらい。鶏カツに惹かれたが、売切れにつき豚カツで。大盛り無料らしいが、ライスは少なめで。
卓上には[真剣!神福漬け][真剣!スパイス]。

Webより概要↓
「毎日バターと小麦粉から。香味野菜とじっくり煮込んだ玉ねぎ、数十種類の独自ブレンドスパイス。牛肉の美味しい部位、肩バラ(ブリスケ)を長時間煮込んで作った旨味スープを投入。100時間以上かかる特製ビーフカレー」

鍋でカレールゥが温められ、豚カツは揚げて少し休ませてから提供。
別提供されたチーズソースをかけて。

しっかり野菜が溶け込んでる感あり。
動物は牛の風味まではわからないが、しっかりとベースになっている。
スパイス感は少し。個別には感じられない。辛さは微か、自然な甘み少しあり。
少し濃い目の味わいで、塩気も少しあり。

チーズソースは、チーズにクリームを混ぜたような風味。
しっかりチーズ味、塩気があって旨い。
ロースカツの豚は1センチくらい。プリプリ。少し厚めの衣のサクサク食感と相性ばっちり。
塩胡椒で下味ありか、カレーとチーズは少し付いているくらいで十分な旨さ。

ライスは少し硬めくらいで温かく旨い。
少なめは200g。皿が平たく、カレーの量がかなり少ないが、味わい濃いめなのでバランスはよかった。

[真剣!スパイス]は9種類以上のスパイスブレンドらしい。9種類以上って実質9種類仕様なのではw?
シナモン、クローブあたりの風味に、茶葉っぽいいい風味も。辛さはピリ辛くらい。
あまりかけると粉っぽくなってしまうのが難点だが、スパイス好きには必須。後半結構かけた。
[真剣!神福漬け]は玉葱メインにキュウリ少し。玉葱の素材感が残った浅漬けのような。少し甘い。

サクッと完食。
激辛(100円/通常の5倍)が良かったかも。この感じだと鶏カツもハンバーグも旨そう。
3/16に王様のブランチにて紹介をされたようだ。19:00弱で満席に。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「スペシャルスタミナカレー」@スタミナ中華ソバ とみ坂の写真1080円。2019.03.11(月)、20:30頃訪問。先客2人くらい、後客もそのくらい。
店主は若めっぽいが無愛想。ホールの女子1人が素敵にカバー。ご飯大盛り無料だが、食欲減退中なので、少なめでお願いする。卓上にはおろしニンニク、黒胡椒、酢。

ニンニクいれますか?とあるが、卓上のものでセルフ方式。しかもおろしニンニクなのでちょっと詐欺っぽい。
その他「ビーフカレーは牛骨スープで煮込みました」「黒毛和牛のトロスギ肉をパンチの効いた味付けで炒めました」

牛骨スープにカレー粉を溶かしたようなカレールゥ。
味わいは少し牛っぽさが感じられるかどうかくらい。
直前に火入れをしていたと思われるが、温まっておらずぬるい箇所あり。
日本式カレーで、スパイス感は弱い。辛さもほぼなし。

メインは牛系の具材。
牛スジはホルモンっぽい。クニュコリ食感がいい。
牛カルビは薄切り。両方とも塩味がしっかりと。スジはニンニクも入っていたかも。
牛タン切り落としはモサッとめに煮込まれている。スジとカルビよりは劣るが、コチラも味わいはいい。
おろしニンニク追加で鉄板に。

ライスはコシヒカリ。
少し硬め炊きくらい。普通に旨い。
少なめオーダーなので少なめ。

チーズは塩気弱めのミックスチーズ。
悪くはないが、チーズの風味弱めで相乗効果は弱い。
卵黄も、辛くも濃くもないので相乗効果はなし。

牛骨スープ。白湯で見た目はそそられるが、味わいは薄め。牛風味弱い。
ラーメンも牛骨スープらしく気になったが、このスープがベースなのだとするとあまり期待はできないかも。白湯なのに薄いってちょっと。。

牛すじ、牛カルビがバッチリだったが、カレーは弱い。
点数はCP込み。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「小松菜とひよこ豆のひき肉カリー(カニクリームコロッケ付)」@ジンコックの写真930円。2019.03.09(金)、19:00前訪問。先客6人、後客4人。本社研修後、偶然出くわした本社友人と軽く呑んでから、神田にて独り飯。神田ルー・ド・メール Loup de merへ向かうも、午前中で売切れ閉店orz。少し歩いてコチラへ。テレビが点いている。卓上には桜大根、福神漬、ソース。

カレーの選択に迷うが、本日のカリーからインド風カリーベースのコチラを。
辛さはおすすめとある極辛(プロ向)を選択。ライスは少なめでお願いをした。
インド風カリー「十数種類のスパイスを使い、4日間煮込みコクをだし、くせのないご飯に合うように作り上げたインドカレーです」

黒いシャバシャバソース。
クローブ、カルダモン等、スパイス感しっかりあり。
味わいはしっかり濃厚で、香味野菜等がよく溶け込んでいるっぽい。
カシミール風カリーが別にあるが、コチラもちょっとカシミール寄り。
塩気は適度。極辛はシャープにしっかり辛いが、味は飛ばない。
辛くするとコクが増すのでおススメとあるが、確かにこのくらいの方がコクをより感じるかも。

具は挽肉たっぷりに、小松菜、ひよこ豆。
小松菜はよく合う。ひよこ豆のホクホク豆風味もバッチリ。

ライスは少し硬め。カレーによく合う。
カレー多めで食べると少なめでちょうどいいかも。

「クリームコロッケのうまい店 カリー屋ジンコック」と表にあり。
頼まないわけにはいかない、カニクリームコロッケ。
もちろん揚げたて。粗めのパン粉でサックサク。
中は熱々トローリのカニクリーム。クリームの味わいがメイン。
具は見当たらないので、カニ要素は蟹エキスが入っているとか?
ちゃんとしたカニ味はわからないが、昔ながらの味わい。懐かしい。
そのままでも旨いが、カレーにも合う。クオリティ高い。

カレーもカニクリームコロッケも満足の味わい。
女性も多いが、みんなソロ客。近くにあったら全メニュー制覇するだろうな。
日替わりメニューもまた楽しそう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ビーフカレー 並盛」@松屋 池袋サンシャイン通り店の写真【11:00~17:00限定】500円。2019.02.27(水)、14:00前訪問。
券売機のカレーメニューを探しても無い。ランチメニュー内にあった。
ライス少なめでお願いをした。味噌汁付き。

カレギュウの牛が最初からカレーに入ったバージョン。
カレーは同じだと思われるが。。

玉葱トマトグレィビィにサラサラソース。
クローブメインにカルダモン等、スパイス感ちゃんとあり。
フルーツ由来(?)の甘み少しに、チリのピリ辛。
具は微かに固形感を残した玉葱に、熟成チルド牛バラスライス。
塩気は少し強めでいいバランス。旨い。

ライス少なめはけっこう少なかったw
カレー多めで食べるにはちょうどいいが、紅生姜も楽しもうと思うとけっこう足りない感が出てくる。
柴漬けチックな福神漬もいいアクセント。味噌汁が付くのも嬉しい。

サラッと完食。この値段でこのクオリティ。ココイチに負ける要素がない。
「松屋はカレー屋」説が最近有名になってきているが、間違いじゃないと思う。
前回食べた時よりスパイス感が増した気がするのは気のせいじゃないかも。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件