なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

4門

男性 - 東京都

●旨いモノ程身体に悪い!●食は「脂」に有り。●味は結局、好き嫌い。●店も客を選ぶ!

平均点 79.660点
最終レビュー日 2019年2月11日
470 298 14 100
レビュー 店舗 スキ いいね

「カレー丼 750円」@二天門 やぶの写真超久々の『二天門やぶ』である。

ここでは蕎麦だけでなく飯物をよく頂くが、
「天丼」も「かつ丼」も美味しくて有名だ。

今日は初めて此方の「カレー丼」を所望!

大きめで半生食感の玉葱、
長く切られた鶏肉のみの具沢山丼である。

超シンプルなカレー餡かけは、
濃いめの蕎麦つゆベースの正統派である。
余計なスパイシーさやビターさ等は無い!

こういう昔ながらでオーソドックスな
「カレー丼」を出す蕎麦屋は最近中々無く
減っているので嬉しい限りである。。。

片栗粉の粘度も固過ぎずゆる過ぎず…!
お新香とお吸い物で最後まで美味しく完食。

欲を言えば、
あまりにもササッと造られた感じが有り、
料理というより賄い飯なクオリティである。

もう少し玉葱の調理具合とか、細部に丁寧
な印象を持たせてもらえるとリピート必至
なんだがなぁ~。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「カレー丼 650円」@中華料理 ハルピンの写真強烈な個性を放っている町中華の此方!
メニューの数も内容も異彩を放っている。

此方には他店には無いメニューも多くあり、
コレもその中の一つである。。。
「カレー丼」とは、カレー味の中華丼なのだ!

見るからにジャンク!!
ボリュームもハンパ無い!
なのに、650円という下町価格がありがたい。

もやし・白菜・人参・豚肉・小松菜・玉葱・
木耳、そして一番多いのがピーマンである。

白いご飯が見えない程のカレー餡は、
片栗粉で固めてあるので、時間が経つと徐々
に水分が溶け出してシャバシャバになる…。

それを阻止しながら食べるも熱々で舌が火傷
しそうになるのだ。カレー味は優しく円やか。
細かいクズ野菜的なものが多くて残飯っぽい。

付属の玉子&ワカメの塩スープも優しく、
此方の店の風貌とは少しギャップ感がある。

期待した美味さではなかったが、
凄く他のメニューも試したくなる店である…。

一緒に頼んだ「餃子」は旨くて350円だった!
両方で1000円である。コスパは抜群だ。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「自家製ビーフカレー(ブュッフェランチ)」@ブラジリアンレストラン キボンの写真ちょっと変化球なレビューです…。


浅草のブラジル料理専門店のブュッフェランチ!
シュラスコの肉5~6種類から好きな肉と量を
切ってもらい、先ずはソレを量ってもらう。。。

次に各種豊富な野菜・総菜・肉料理・豆料理・
・ライス・スープ・カレー等から食べたいだけ
皿に盛りソレも量ってもらう。。。

肉とその他の両方の重量で金額が決まるシステム。
写真のワンプレートで税込995円だった!

肉はランプステーキとガーリーックステーキで
約160g。カレーは此方自家製のビーフカレーで、
他にもストロガノフ等もありかなり種類は豊富。

ブュッフェではあるが、お替りしたい時も
いちいち又皿を量るので正直かなり面倒くさい!
でも慣れちゃえば楽しく美味しく頂けると思う。

カレーは柔らかい繊維質の牛肉が入り、
比較的サラッとした如何にもなブラジリアン
カレーである。単品でも旨いが、シュラスコ肉と
一緒に食べると凄く美味しい!充実したランチだ。

カレー単品だと78点そこそこ位だが、此方は肉も
他の料理も結構美味いので全体像として85点だ!

1時間のドリンクバーが400円で付けられる。
肉を全種類食べても多分全部で2000円は行かない。
一般的な焼き肉ブュッフェとは違うし中々好い…。

店内も60席在るので比較的ゆったり出来る。
また再訪したいお得感有るランチであった。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「バングラプレート  2106円」@シックダール 御徒町店の写真今月20日には移転してしまう此方。

先日訪問して美味しかったので、
当初から狙っていた「バングラプレート」を求めて再訪。

メインのカレーは残念ながら先日食べたものと完全に
同じだった。ティラピアのカレーで青唐辛子が効いた
本格的に辛いカレー!小骨の多いティラピアは淡白だ。

マスタードの辛味が印象的なバングラサラダもダブった。
美味しいから良いけど。。。

ティラピアカレーと同色のカレーは鹿肉のブナ!
ピタパンのようなルティと良く合っていて中々美味しい。
青唐辛子の破片も見えて、辛味の根源が理解出来た…。

侮れなかったのが、カレーライスの脇にちょこっと
添えられていたポテサラのような食感のレンズ豆のボルタ。
これが一番辛くて驚いた!サラダなのに。。。
でも、パリパリのパパドと合ってて美味いんだけどね~。

真っ赤なニンジンペーストの甘くて冷たいデザートは
美味いけど中身が不明で謎が残る。隣のアチャールは、
インドカレーのとは全く違っていて面白かった!

店員のお姉さんが手作りしたというタマリンドを煮詰めた
アチャール。水飴のようなねっとり感と深い甘味が魅力。

全体的にかなりボリューミーでお腹いっぱいになったが、
正直ワンプレートで税込み2106円が少々高いと思う。。。

付属のマンゴーラッシーも旨かったけどね…!
ご馳走様。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「マスダルバートセット  1501円」@シックダール 御徒町店の写真珍しいバングラデシュ料理の専門店へ訪問!

此方は店主がバングラデシュ人で、
店のカレー他料理は全て基本的にバングラデシュの
田舎地方の料理を出している本場の味付けとのこと。

そんな情報を聞いたら絶対に行く気になってしまう。

初訪の今日は「マスダルバートセット」を頂いてみた。
ティラピアの白身とジャガイモのカレーと豆カレーが
相盛りになったプレートにバングラサラダが乗った物。

バングラデシュは魚のカレーが多いらしく、
このティラピアは非常にポピュラーな食材らしい!
癖の無い身は普通にカレーに合って美味しかった…。

豆のカレーはインドのダルカレーとは豆の種類も違い、
あっさりとした仕上がりであった。バングラデシュの
カレーは全体的にアッサリ系だということだ。。。

ちょくちょく口内でスパークする本場香辛料の香り!
ワサビにも似た爽やかな辛味のサラダは、青唐辛子と
マスタードによるものらしい。初めての味で楽しい。

小骨の多いティラピアも何だかんだで完食。旨し!
サービスで頂いたデザートは、どう見てもチキン
ティッカを漬ける液のような赤さだが甘くて旨かった。

次に食べるべきバングラデシュカレー等も聞いたが、
此方はなんと来月中旬には新井薬師の方へ移転して
しまうらしいのである。せっかく気に入った店なのに。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「カレーオムライスセット 900円」@サラダイニングの写真ネパール人の女将が作るインド&日本の創作料理!

コレは、ほんのりカレー味のチャーハンの上に
玉子焼きを乗せて、両脇に辛口チキンカレーを
掛けたオムライス!ケチャップの笑顔はご愛敬だ。

中々ボリューミーな一品だが、先ず玉子は堅焼きで
ふんわり感は皆無。カレーもぬるくてイマイチだ!
中身のチャーハンも決して美味しくはない。。。

全部が微妙に冷めていたので温度的にイマイチだったが、味の構成バランスは間違いがない!
辛いチキンカレーを玉子が中和する役目なのに、玉子が硬くてチャーハンと分離してるので、
全体に一体感が欠落していたのが少々残念だった。でもネパール女将の渾身の創作料理なのだ。

頑張って全部頂いたけど、やはり此方では純ネパール料理が美味しいのだと思う。
次回は無理しないで「スクティー」「リード」「ダルカレー」等を頂くとしよう。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「ビーフカレーライス 540円」@ときわ食堂の写真500円というワンコイン価格に釣られて入店。
でも入ったら全メニュー税抜き価格だった!

想像通りのレトルトっぽいカレーである。
自分は安いカレーにおいて業務用のレトルト
カレーを店が使う事には決して反対ではない。

美味ければ手作りでなくたって構わないし、
今の時代は業務用ソースも馬鹿に出来ないから。

自分としては、こういった安価でカレーを出す店の
業務用カレーソースの使い方も含めて楽しむ…というスタンスであるから、そのソースをベースに
その店の技量や味のセンスも確かめたいのである。。。

で、此方の場合は具材の肉やルーはほぼそのままのようだが、一番懸念されるレトルト臭が少ない!
味も、何か此方の出汁(ブイヨン)を混ぜているのか、全然不味くないし、むしろ中々の味だ。

デフォでラッキョが3個付いているのは拘りだろうか。。。
普通福神漬けの方が安いし、自分も福神漬けの方が好きである。このカレーにも合うとは言えない。
油分の多い、カロリー高そうなカレーライスであった。如何にも食堂の味!!

でも、年配のおばちゃんばかりで運営してる此方は流石にサービスは良くなかった。。。
ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレー丼&そばセット 880円」@東嶋屋の写真黄色いカレーが特徴的な此方。

そうすると「カレー丼」はどんな仕様か
凄く気になっていたので追髄して訪問…!

ミニカレー丼と冷たい蕎麦のセットがあり
好都合なので注文してみた。これで蕎麦も
喰えるという一石二鳥の寸法である。。。

テカった表面の「カレー丼」が登場!
少しゆるめの片栗粉処理である。
味や仕様は極めてオーソドックスな仕上がり。カレー粉の量はむしろ少ないように思われる。

具は豚肉と玉葱。下の白飯を崩してカレーと混ぜると雑炊のようにシャバくなる。
それくらい片栗粉が弱いのである。味は普通!あの黄色いカレーとは全然違うノーマルなものだ。

カレー粉よりも出汁を多く煮詰めた印象のカレールーである。
ピチピチの胡瓜のお新香が美味い!セットの蕎麦もつゆも極めて普通なので無難なメニューである。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「トルコライス 1050円」@トレドの写真約2年振りの訪問。

今や此方の名物料理となった「トルコライス」
を頂いた。懐かしい女将さんと2代目の顔。
このお店は家庭的な雰囲気が良いのである。

普通一般的に「トルコライス」と言うと、
ピラフにナポリタン、そしてデミソースの
掛かったトンカツが乗っているのだが、
此方のは少々捻ったラインナップになっている。此方自慢の「継ぎ足しカレー」とナポリタン、
そこにケチャップの掛かったチキンカツという此方独自の3種類である。。。

先ず、揚げ立てでザクザク衣のチキンカツが旨い!ケチャップよりもソースで良かった気もする。
隣のナポリタンと味がカブるからだ。でもこのチキンカツにはケチャが軽くて合うのであった!
大きな具材のナポリタンスパも作り立てで美味しい!量は少なめだがカレーも相変わらず家庭的。

3種の料理全てが丁寧に作られているのが伝わって予想以上に重くなく美味しく頂けた…!!
むしろ、この3種の中では肝心な「カレー」が一番弱くアピール不足だったような気さえする。

ここに、粉チーズや福神漬け、タバスコ・中農ソース等の調味料が充実してれば嬉しかったな…。
ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「北カレー 980円」@北カレーの写真カレーの分類を「その他」にしたのは、
此方の看板に「スープカレーでもルーカレー
でもない!カレー×ラーメンスープの
ループカレーの店」と書いてあったから!!

確かにスープカレーよりはインドカレーに
近いサラサラ状態だったが、ラーメンスープ
とする根拠は全く感じなかった。。。

全体的にドミグラスソースのような色味と
少しビターで後の甘味の強いカレーである。
汁の粘度は確かにルーカレーとスープカレーの中間位のシャバシャバ加減である。

具材はスープカレーのように素揚げされた大きめ野菜が多い!肉類は一切入っていなかった。
南瓜・プチトマト・茄子・芋・ブロッコリー・キャベツ・オクラ・ヤングコーン・蓮根等という野菜。
ヘルシーで悪くはないがコーンやアスパラ等が入ってなくて「北カレー」としては完成度が低い…?

せめてベーコン等の動物性の具材があった方がカレーにもコクが移って美味しかったのに悔やまれる。
ライスは大盛無料で嬉しいが、全体に若干水分の多い炊き上がりだった。。。
卓上に薬味が一切無かったのも残念である!

ルーの粘度には拘りを込めているのだろうが、トータル的にはまあまあ普通に美味しいカレーである。
特にカレーの風味や香りにユニークなインパクトは無く、日本風にアレンジされたインドカレーに近い。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件