なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

4門

男性 - 東京都

●旨いモノ程身体に悪い!●食は「脂」に有り。●味は結局、好き嫌い。●店も客を選ぶ!

平均点 79.674点
最終レビュー日 2019年4月22日
484 303 14 112
レビュー 店舗 スキ いいね

「チキンカレー(大盛) 1480円」@レストラン大宮の写真此方でカレーライスを頂くのは10年以上振り。

相変わらず大宮シェフは不在だったが、
今は若手のチーフが頑張って仕切っている。

もう味も忘れてしまう位久々のカレーは、
ライスが少ない印象だったので思わず大盛を
頼んだが、出て来た量は400gは有るだろう姿。

結果、残さず食べたので腹はパンパンである。

最初に出て来るサービススープが超美味い!
今日は枝豆の冷製ポタージュで、此方らしい
丁寧な仕事に濃厚な味わいが最高である。。。

ソースポットに入ったカレーは美しいブラウン。
欧風カレーにしてはサラサラの状態だ。

フルーティーでスパイシー!
甘くもなく辛くもなくスッキリした旨さだ…。

ただ、此方の色々な料理で使われるソースの
絶品な美味しさと比べると、どうしても
ハードルが上がったあっさりし過ぎた印象だ。

ゴロゴロ入った鶏肉は、柔らかい上に張りの
ある弾力の食感!それは、先に鶏肉をソテー
してから後でカレールーと合わせるからだ…!
このひと手間が此方らしい。。。

開店直後に入店したので、炊き立てのライス
とサラサラのカレーはやはり相性も良くない。
自家製のピクルスは美味しかった。。。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カツカレー 850円」@GLORYの写真此方のカレーライスは美味い!!

レギュラーの「カレーライス」はいつもの
ランチでほぼ毎日食べることが出来るが、
この「カツカレー」は日替わりメニューで
たまにしか出ないのでずっと待っていた!

毎度、付属のミニサラダもスープも旨い。

乗ってるロースカツが薄っすい!!
衣と同じ厚さでハムカツのようだ。残念!

カレーもこの薄いカツオンリーだと少々
寂しく、前回食べた時の感動よりは若干
薄れてしまうのも仕方あるまい。。。

あと、前回はカレールウがソースポットに
たっぷり入っていたが、今回は最初から
ルウが掛かっており、その量も微妙に少なめ。

最後の最後は白飯とのバランスがヤバかった。

でも、このカレーの良いところって、
ドミグラスカレーの香ばしさ、欧風カレー
のまろやかさとコク、家庭カレーの安定感、
インドカレーのスパイシー感に和風カレーの
旨味ととろみが全て網羅された様な所が好き!

ご馳走様。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「そぼろカレー 800円」@くわまんカレーBlacky 浅草ひさご通り店の写真浅草ひさご通りに『くわまんカレー』の
支店が出来た!5月22日のオープンである。

本店は吉原大門。
此方は本店よりも広く、30席以上は在る。

今のところカレーは2種類。
トッピングも無くかなりシンプルな状態での
営業スタートと言える。口頭注文後会計制!

自分にはほぼ1年振りの「くわまんカレー」。
注文した「そぼろカレー」は本店での1番
人気メニューとの事である。知らなかった!

漆黒で粘度の有るカレーは相変わらず初口が
甘い。かなりの甘味で後からじんわりと辛味
とスパイシーな香りが漂う仕様だ。。。

今流行っている『上等カレー』等の最初甘口
~後味辛口な大阪系カレーの部類に入る欧風
のカレーだ。ただ此方のは後半の辛味は弱い。

トッピングには和風に仕込まれた鶏そぼろと
茸のソテー。食感と香ばしさはカレールーと
対照的で中々美味い。野菜のピクルスも好い!

全てが煮込まれたブラックカレーのルウ、
自分がイマイチ寂しいのはルーのぬるさだ…。

ライスもルーもトッピングも、全てが微妙に
ぬるいのが自分的には残念なカレーである!

これで後味がもっと辛くてスパイシーであり、
尚且つ全ての温度が熱々だったら、かなり
リピート意欲の沸くカレーライスなのに。。。

とはいえ、
確実に一般的なカレーライスとは異なる此方
の個性は唯一無二だ。凶と出るか吉と出るか
はこの近所のお客さんの志向に寄るだろう…。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ポークカレー 700円」@GLORYの写真10年程前からこの地に在る洋食レストラン。

路地に在り、気になっていた店だが、
中々訪問する機会を得なかったが今日実現!

家族経営で店内はこじんまりした18席程の
街の洋食店である。若女将がホール担当。
ランチはご近所のオバサマやОL等で賑わう。

先日、外のランチメニュー看板を見て
気になっていた「カツカレー」が今日は無い。
仕方なく表題を頂くことにした。。。

たっぷりなライス!(多分300ℊ以上有り)
そしてソースポットに並々と入ったカレー!
別器のハムサラダ・スープ・福神漬も旨い。

こういう店で比較的有りがちな、
自家製カレーを業務用ソースで伸ばした様な
香が一切しない!100%自家製の欧風カレー。

濃いブラウン色の少しシャバいカレールウ。
豚肉片が沢山入っており食感も味も好い!
家庭では作れない旨味と香りが口内に広がる。

丁寧に煮込まれたフォンドボーのソースが
まったり系ではないが凄く美味しいのである!
マイルドな辛さに深いコクと旨味にビックリ。

こんなに正統派で美味しい欧風カレーが
こんな路地裏でひっそりと売られていたとは!

ライス量は多めだし、サラダやスープも丁寧
な造りで美味しいし、コスパも素晴らしい!!

このカレーで是非次は「カツカレー」を
食べたいと余計に思ってしまった。。。
隣客のハンバーグも凄く旨そう。再訪は決定だ!

ご馳走様。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ポークロースカツカレー 1300円」@ビストロ福昇亭の写真戦後初代の店主が開店した『福昇亭』。
その後2代目が洋食店『スカイライン』として
リニューアルした洋食&中華の店が又屋号を変えた!

おそらく3代目が引き継ぐ事となったのだろうが、
若干の店内内装も行い『ビストロ福昇亭』となった。
そして、久しぶりの訪問。

店内は赤いテーブルクロスが派手で中華屋っぽい。
おそらくは初代へのリスペクトなのかもしれない。壁紙はホワイトで統一したようだ。。。

3代目とおぼしき若い店主が厨房に居るが、2代目店主も後から調理場に参加していた。
ホールは3代目の奥様と思われる方とそのご子息っぽいバイトスタッフ。(あくまでも想像です…)

店内は半分程埋まっていたが、料理が出るのが先ず遅かった…!
二人のホールスタッフはお客の方を一切向かず、どちらかといえば厨房に気を使っている姿勢だった。
なのでお客の飲み干した水も言われなきゃ替えないし、サービスは今一つだった。。。

カレーは以前より100円値上げされたが、一皿に全てを一緒盛りしたワンプレートスタイルに変更。
サラダが白飯の脇に居るのもイマイチだし、先に出るスープも量がカップの半分以下で残念だった。

しかしロースカツは以前よりも一層分厚くなった印象で、肉身は15mm以上はあって超肉厚な食べ応え。
衣は直ぐ剥がれるし、豚肉は正直柔らかいとは言い難いがボリュームと肉感は満足できるクォリティだ!
カレールウの旨さとコク、スパイシーさは相変わらず素晴らしく美味しい!!

このクォリティならば、確かにロースカツライスとカレーを一緒に食べている感じはする。
ただ、サービス面や卓上調味料がテーブルに無いこと、おかわり水やつまようじ等もこっちが
アクションしないと答えてくれないのがいたく残念である。料理提供時間も確り説明が欲しい。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「スペシャルカレーセット(ランチ) 1000円」@Deux こきりこの写真浅草「花やしき」の裏にあるカレー推しの喫茶店。

昔からずっとBMしたまま10年以上が経っている。
中々入り難い雰囲気と、どうせ食べても美味しく
なさそうな感じがずっと入店を遅らせていた。。。

今日は11:40に入店。ランチは11:30からである!
お客はノーゲス状態。年配のオジサンがデカい
モニターで韓国ドラマを観ていた。暇かっ…!!

カレーとコーヒーのセットを注文すると、オジサンはどっかへ電話してカレーのオーダーが入った
ことを伝えている。此方は朝から営業して「モーニング」等もやっている筈だが準備がおろそかだ。

ホットコーヒーは直ぐに出て来たが、カレーはいっこうに出て来ない!!
後から来た年配者(多分オーナー)がカウンター内でずっとこちらに背を向けて料理をしている。
おそらくカレーの仕込みもしていなかったのだろう。。。

案の定ラップで包んであった白飯を皿に盛りレンチンしていた。おいおい飯も炊いてないのか!?
何だか生姜の千切り等も今頃切って鍋に入れている。この店、マジで普段お客が来ないんだな…。

注文して既に30分が経過。これはとんだハズレくじを引いたと完全に諦めた。
流石にもう催促コールする気力も無くなってしまった。。。

で、やっと着皿。オヤジさんからは「お待ちどうさまでした!」の言葉も無く誠に哀しい…。
レンチン飯に不味そうな後乗せ肉。粘度の低い欧風カレーのビジュアルも空しい。

しかし、カレー自体の味はそれ程酷いものではなかった…!白飯も如何にもなレンチン具合では
なかった。きっと、このトゥオーダーシステムのレシピが出来上がっているのかもしれない。。。

欧風カレーなのに極限までシャバいルー。だがスパイシーな中に野菜の旨味と甘味が活きていて
そこそこ美味しいのだ!形の残った野菜は玉葱のみで、他は後乗せのパサパサ豚肉と生パプリカ。
ドミグラスのようなビターな味わいではなかったが、奥深いコクも出ている…。

さっき刻んでた生の生姜の千切りも確りと活きている。。。
適度な甘さとスパイシーさ、業務用のカレーの匂いもしないオリジナルのシャバ欧風カレーである。
酸味の強いコーヒーとは相性も良く、これだけ段取りの悪い手際も見せられたのに不味くはない…!

不思議な店だが、流石にもう次回再訪するモチベーションは沸かない。。。
ご馳走様!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ダブル(ビーフ&エビ)カレー 1300円」@ペルソナの写真老舗『ボンディ』で修行された方が開いた店。
といううろ覚えの知識しか無かった此方。

その『ボンディ』から比較的近い場所に在り、
中々敷居の高い2階に入口があるのである。

店内は木彫で落ち着いた雰囲気。
メニュー構成から最初にジャガイモが出て来る
ところも本家とほぼ一緒であった。。。

「辛口」を所望したのだが超マイルド!確実に本家よりは甘い。ルーの風味も状態も本家とソックリ。
これはもう完全に「暖簾分け」とか「支店」と名乗っても良いレベルだ。
ある意味安心のクォリティであるし、反面つまらなくもあるカレーである。

本家と違うのは、カレーが提供されるまでの速さ!結構直ぐに出て来て若干の驚き。。。
ライスに少しのチーズが既にトッピングされているのも本家流である。

カレールーとしては、色味も味も本家より少~しマイルドで軽い仕上がり。
牛肉の塊は柔らかく旨い。海老身も確りプリプリ!
まろやかで甘くてコクがあって、女性と子供が好きそうな印象のカレーである…。

普通に美味しかったけど、次は本家に行けば良いかな…的に思ってしまって残念なお店である。
が、しかし、本家への愛情とリスペクトが溢れ出ている素晴らしい店とも言える。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「黒カレーライス(ランチ限定) 700円」@麺屋 紅の写真店主が「ランチ難民を救いたい!」と、
お昼時だけ「ご飯もの」を出すに至った!

洋食出身で腕とセンスの良い店主が作る
カレーライスであるおのずと期待感が高まる。
案の定、期待通りの美味しいカレーだった!

確り煮込まれたフォンドボーの奥深さが解り、
独特の玉葱の甘味が全体をキープしている。

柔らかくホロっと崩れるビーフ肉。トマトもたっぷり入ってるというが立った酸味も無くコク深い。
真っ黒なカレーソースは高級欧風カレーの佇まいそのままである。美味い!!
こんなカレー、ラーメン屋ではとても普通はお目にかかれないシロモノである。。。

一般ウケを狙った甘いカレーだったが、自分にはもっと辛かったら嬉しかったな…。
卵黄の円やかさも、この甘いカレーには多少トゥマッチな感じも否めない…!

因みに、このカレーに麺を合わせた「黒カレーまぜそば」も用意されている。
ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「牛たんカレー 750円」@仙臺の写真今日は一日中忙しく、昼も夜もカレー!
2軒とも初訪店だったがどちらも当たり!

此方は昨年オープンした新店らしいが、
年配のご夫婦が営まれている欧風カレーが
店に入った瞬間から良い匂いを放っている。

他の牛タン料理等のメニューも豊富だけど、
目の前のオープンキッチンで良い香りを放つ
寸胴鍋を見たらカレーを頼むしかない。。。

先ずはライスの量がボリューミー!しかもこの価格は凄く良心的である。
流石は周りもカレー屋だらけの激戦区「神保町」に参戦して来ただけの事はある…!

大きなスライスマッシュルームと厚めの牛舌肉が柔らかくて美味しい!
カレーのルーは焦げ茶色した完全欧風仕様である。ビターなコクと旨味が深い。。。
しかもフレッシュ感もある。適度な甘味と適度な辛味もバランスが良い!後発店の強味!?

特に個性的なカレーではないかもしれないが、この高級感溢れるカレーを750円で食べられる
のは嬉しいし有り難い! それにメニュー的にもまた再訪したくなるような仕掛けが有る…。

どこかホテル等で腕を振るっていた店主が、リタイア後「腕試し」でこの地にオープンした
ような店である。何だか得した気分になって帰れた旨いカレーであった。。。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「こだわり欧風カレー+タマゴ 700円」@ANDRAの写真比較的最近この場所に出来たバーである。
昼間はランチで「カレー」を出している!

基本のカレーは1種類のみで、
トッピングの違いでメニューを出している。

本当は「ハムカツ」狙いだったが売り切れ!
今日は珍しくハムカツが沢山出たとのこと。
代わりにタマゴをお願いした。。。

タマゴは目玉焼きとスクランブルのどちらか。
ゆで玉子じゃなかったのも意外だし、目の前の鉄板でチャチャと調理してくれるのに50円は安い!

大きめのおしゃれ皿に多めのライス。その上にコールスロー的なサラダが山積みとなり、
カレーが入ってオムレツ風のスクランブルエッグがトッピングというビジュアルである。
ワンディッシュの「金沢カレー」スタイルだが、不思議と違和感も無く気にならない。。。

コールスローも差ほど水分は無く、下部のライスにも影響は無い!そしてサラダが中々美味しい。
カレールーは細かく砕かれた野菜の食感。とろみは無くシャバっとしたルーである。
最初は甘く後から中々スパイシーな辛味が来る。「欧風」とは言うが深いコク味はあまり無い…。

今流行の野菜中心のカレーであり、自分のあまり好きではないレトルト系の匂いがする。。。
このカレーが何かのレトルト物を使っている…という事ではなく、最近のレトルトカレーにも多い
溶けた野菜とスパイスの香りの同系列の匂いがする…という事である。いわゆるレトルト臭とは違う。

福神漬、ふんわり仕上がったスクランブルエッグが良いアクセントになっている!
でも、この欧風・インド・日本のカレーの中間的な味造りが客の好き嫌いを分けるだろう。。。
自分的にはCPの良いカレーだとは思うが、決してリピートを切望するクォリティではなかった。

ご馳走様!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件