なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

タイソン

平均点 78.317点
最終レビュー日 2019年4月8日
41 39 0 83
レビュー 店舗 スキ いいね

「カシミール」@デリー 上野店の写真列が短かったので、吸い込まれように列に接続。3年ぶりのデリー。もちろん、選ぶのはカシミール。メニューを見ると、ついに値段が1000円になっていた。まあ、値上げしても客離れが起きる店ではないだろう。

 鼻に抜けるようなスパイス感、あとから襲う辛さ。さすがの味わい。日本人向けアレンジを行う店は多いが、ここはインドそのままだと思う。そのくらいの自信が、味に表れている。個人的には、インドカレーの原点だ。

 大きなチキンが3個。しっかりと味が染みて、ルーに負けていない。ただ、肉が固いのが惜しいところ。

 久しぶりだったが、デリースイッチが入ってしまったらしい。カシミール以外も、超久しぶりに食べてみなければ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「キーマカツカレー」@ターリー屋 神田西口店の写真チェーン店なので、足を運んでいなかったが、いつも混んでいるのが気になっていた。先日、昼に初訪問。ナン食べ放題のセットも気になったが、珍しいキーマカツカレーをチョイス。

 ルーは、思ったより良い。挽き肉の量も十分。ただ、もう少しスパイシーな方が、インド専門店の味になっただろう。目玉焼き付きは、お得感が増す。サフランライスは、余り味がしなかった。

 正直残念だったのがカツ。味は問題ないが、小さい。カツカレーと言うより、カツが具材のように思えてくる。このカツなら、セットを選びナンをお代わりした方が満足度が高いだろう。ただ、ヨーグルトもついてくるので、コスパは悪くはない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「マトンアサド(ランチ、1090円)」@ビストロひつじや 神田店の写真目指したカレー屋が早じまいだったので、こちらを初訪問。ランチは、いろいろあったが、マトン料理の付くセットを。カレーは日替わり2種から1つを選ぶ仕組み。ダイコンとチキンのカレーを頼む。

 カレーは、そこそこ本格的。インド料理専門店のレベルに届いている。ルーは少し塩が利いているのが気になる。チキンの味は普通だが、やや大きめ。カレーにダイコンが合うのは驚きだ。量も、インドカレー屋のアルミ製の器より一回り大きくて、お得感あり。

 マトンは、カレーと言うよりもデミグラス系のソースで煮込んだ印象。ポテトの上にトマト、さらに、その上にマトンが乗る。ちょっと食べにくいのが難点だが、これは、なかなか旨い。ライス、ナンとも普通。しかし、おかわり自由だ。

 今回1000円オーバーンセットだったので、CPは、そこそこ。メニューには、ランチのカレー2種類を頼めるセットもあり、これが790円。店は広く落ち着いており、そのへんのカレーショップで食べるより、ゆったり出来る。この790円のセットなら、この付近のカレー屋でも、なかなかのCP。雰囲気も良いので、日常使いできそうだ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「やわらかチキンカツ(本日のインド風、790円)」@ジンコックの写真店の前を通ると、いつも満員の札がかかっている店。先日、時間があったので、並んでみる。7,8分で入店。カニクリームコロッケが人気だと言うが、初訪問なので「本日」からチョイス。席のキャパはテーブルが埋まっているとしても12人ほど。客のスペースは狭いが、意外に厨房は広い。そして注文してから15分近く待たされる。モタモタというよりも、仕事が丁寧だからだろう。いつも満員になっているのは、そんな理由からだろう。

 ルーはシャバ系のカシミール。一応インド風なので、カシミールは、どうなっているのだろ。多分、シャバ系は同じだが、スパイスの違いと想像する。

 極辛でも、そんなに辛くなく専門店の辛口より穏やか。一方、スパイシーさは、周辺の店ではトリコより上、べっぴん舎寄りは下か。レベルとしてはなかなかの香り、雰囲気で、カレー激戦区の中でも屈指のレベル。こんな店が未訪だったなんて、少し損した気分。

 カツも揚げてで、サクサクと言うよりフワフワ。この出来なら、文句なし。ルー、カツともに堪能。ここ一皿が790円というのは驚きだ。店に1月からの値上げのお知らせが張ってあった。もし値上げ後の価格なら、ちょっと信じられない。もし、この価格から値上げされても、全く高いと思わない。この近くなら、ルー・ド・メールと並び常用したい店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「スペアリブのカレー(限定・1380円)」@ビストロべっぴん舍の写真今年は仕事始めが金曜スタートなので、月曜まで休んでいる店が多い。日曜の会社に行く前にのぞいてみると、べっぴん舎は営業中。それも、神田カレーのマイスターの称号を得た逸品が限定としてお目見えしていた。迷わず、2階の店に駆け上がる。

 メニューはスペアリブのカレー(1380円)。ルーは、いつもの陶器製ではなく鉄製のもので登場。もちろん、熱々。基本、辛くてスパイシー。レギュラーは、辛くてスパイシーな味わいだが、この限定は、辛さとスパイシーさが手をつないだように一緒に襲ってくる。4辛だが、体感は5辛。牛のコクもあり、汗をかき、水を飲みながら、どんどん胃袋に収まる。

 スペアリブは、鎮座というか、どっかりとルーの皿に存在する。肉はトロトロで、もちろん旨い。ルーとの一体感は余り感じなかったものの、それぞれ満足度が高い。この1380円はお得で、体感1500円くらいか。

 それと、新春からレギュラー陣が値上げされた。それぞれ70円のアップ。もともと、少し安い気がしていたので、値上げに納得。950円スタートとなるが、近くの老舗・共栄堂のポークと同じ。べっぴんはご飯大盛り無料だし、デミコーヒーも付くので、まだまだCPが高い。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「赤カレー」@カレーは飲み物。秋葉原店の写真先日、御徒町で黒をいただく。CPに感心したものの、カレーっぽくなく、少し残念。そこで、限定を求めアキバへ。麻婆は券売機に見つからない。そして今の限定は夜専用。そこで、後ろ向きにレギュラーの赤をチョイス。しかし、これが上物で驚いた。800円でつりが来るとは信じられない出来だ。


 シッカリとスパイスを感じるルーは、そのへんのインドカレーより上出来。辛さは弱いので、卓上のハバネロソースを使い強化する。そして、トマトの酸味が後を引く。真剣に食べてしまったが、意外にルーが多く、そうそうにライスが姿を消す。大盛りにすればと後悔した。豆サラダ、シーチキンマヨネーズ、フライドガーリックを選んだが、ガーリックが一番相性が良かった。

 お値段もそうだが、味も名店に負けない。ラーメンのくろ㐂や青島の長い行列に出くわしたら、方向を変えて、このカレーに足を向けそうだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ココットカレー」@紅花別館の写真久しぶりに日本橋の名店へ。1620円と、ちょっとお高いのと、平日は行列が出来るため1年ほどのご無沙汰。祭日なので行列なしと信じたが、店内はほぼ満員で、ギリギリで並ばず。チョイスは、もちろんココット。

 壺を開けた瞬間、スパイシーな香りが鼻をくすぐる。辛さも強いが、スパイスとバランスが良いので食べにくくない。それよりも、バランスの良さがリズムになるというか、癖になって、どんどん食が進む。チキンも大きく歯ごたえがあり、パワフル。ついつい、ライスをお代わりしてしまう。

 出費は痛いが、洋食屋で食べると思えば納得。店の雰囲気、サービスも良いので、普通のカレー屋さんでは経験できない満足感を感じる。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「コリアンダー香る濃厚エビカリー +ルー大盛り」@ビストロべっぴん舍の写真2度振られ3度目の正直。開店から2年経っているので新店ではないが、最近、神保町周辺に出来た店では、屈指のレベル。カシミール系なら、趣が違うが、名店のデリーを思い出した。

 スパイシーさが満載。さすがに激戦区の神田でマイスターの称号を得ただけある。コリアンダー(パクチー)も、シッカリ口の中に香り、食欲を増す。辛さは5をチョイス。なかなか辛い。後半は汗が出る。多分、4くらいが良さそうで、5以上は寒い時か真夏の選択か。5の体感はエチオピアの20倍より上だと思う。

 普通のエビカレーはエビっぱい雰囲気がルーに付いているが、こちらはエビの香り、味わいとも、きちんとルーに溶け込んでいる。スパイス、香草、辛さ、エビが一体になって素晴らしい。

 基本1000円でお釣りが来るし、コーヒーも付く。大盛り無料で、ルー増しも100円とリーズナブル。正直、大盛りご飯でもデフォのルーで十分な味付けだ。CPも文句がないので、ここは愛用したい店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ビーフ角切り」@ベンガルの写真復活したベンガルへ。厨房や店員さんは別物なので、復活というよりも、のれん分けの新店に足を踏み入れた感じ。ただ、味や調味料は変化ないと思う。なにしろ、4,5年は行っていなかった。逆に、閉店の話を聞いて思い出したくらいだ。

 やっぱり、この大ぶりのビーフは相変わらずの存在感。スプーンで切れるほどの柔らかさ。卓上の薬味も、お手製で上級。ルーを食べて思い出したのでが、やっぱりスパイシーさに欠ける。卓上のスパイスを、そこそこ投入、ライスにもかけてしまった。

 同じシャバ系ではデリーなどは、スパイスの香りに魅了される。そのへんの味わいが、何年もご無沙汰した原因かもしれない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ビーフカレー(20倍)」@エチオピア カリーキッチンの写真エチオピアで褒めたいことがある。周辺の人気店では、ボンディは1500円超えが普通。共栄堂も950円スタートだが、ライス中盛り、ルー大盛りにすると1200円。エチオピアは、少し値上げしたけれど900円。ライスの量も多いし、2時までならサービスでアイスも付く。味自体は変わらないが、周辺の名店の値段が上がっているので、相対的にエチオピアの魅力が増す。

 小麦を使わないルーが特徴。辛さの細かい指定が可能。普通は10~20倍、体調がよいと20倍超え、逆に悪いと5~10倍という感じ。スパイシーなので、自分がカレーに求めるエスニック感は十分堪能できる。ここ神保町でも、新店は変化球が多く、こういうストレートな味わいは、逆に貴重だ。

 文句があるとすればジャガイモが貧弱。これならばジャガイモなしで、50円安くして欲しい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件