なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

タイソン

平均点 78.343点
最終レビュー日 2019年2月16日
35 33 0 74
レビュー 店舗 スキ いいね

「フジヤマドラゴンカレー」@フジヤマドラゴンカレー 秋葉原店の写真見た目は、やんちゃな感じだが、ルーは意外に普通で驚いた。粘度のあるタイプ。少し甘みや酸味、そして苦味もあり、そこそこ複雑。人気の老舗で味が落ちたくらいのレベル。悪い意味ではなく、680円という値段を考えると、CPが良い。辛さは控えめで、7でも弱い。10でも余裕ではないか。

 トッピング追加の九条ネギとニンニクは量が少ない。しかし、ニンニクは存在感がある。具は挽き肉なので、卓上のキャベツのピクルスを入れ食感を増す。卵の黄身は、このカレーには合う。

 そして、最後に白湯スープを投入。お試し気味だったが、これがなかなかイケル。ちょっと変わったスープカレーに変身したようだ。もっと白湯を投入すると、一気にお茶漬け気分になる。なかなか面白い店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「牛カツカレー」@カレーは飲み物。 御徒町店の写真アキバと御徒町で夜限定。御徒町をのぞいたら、昼も始まったと言うこと。迷わずチョイス。

 何といってもボリュームがある。豚と違い、アッサリとした肉が食べやすい。そして、ワサビ醬油も提供される。これが、なかなか相性が良く、カレーと違和感がない。ご飯をライスで食べ、次にワサビ醬油の牛カツでと、交互にサフランライスを口に運ぶ。

 トッピングで頼んだ豆サラダや、シーチキンマヨネーズが、良い箸休め。カレーは、デミグラスっぽいので黒だろう。出来れば、個人的な好みの赤なら、もっと満足感が高かった。ルーを選べるようにしてくれれば、魅力が増すだろう。

 CPで考えると、豚が200Gで確か300円プラス。牛カツが黒より310円高いだけなので、牛カツの方がお得感がある。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「牛すじ煮込カレー」@欧風カリーMの写真アキバ中央口方面では、少し穴場の場所。それでも、そこそこ混んでいるのには驚き。限定ぽいものもあったが、ここは牛すじ。

 欧州と聞いていたが、味はカレーライスに近い。食べてみると少しコクを感じる。個人的には、肩透かし感も。牛すじはトロトロで旨い。ライフは普通か。ちょっと量が少ないので、最初から無料の大盛を選んだ方が、後悔がないだろう。

 個性的なのは、薬味というか皿の上にモヤシが乗っていること。これが意外にルーと合う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ハード(辛口)+玉子」@インデラの写真10年は来店していない。場所を忘れてしまい、少し迷った。注文はハード、もちろんゆで卵付き。

 個性的なルー。苦味は珍しくないが、ここは酸味がある。個人的には、ちょっと好みから外れる。しかし、卓上に並ぶ薬味というか、おかずと言った方がよい箸休め。わかめの柴漬けとかザーサイなど5種類くらい選び、結局、この薬味をおかずに3分の1ほどライスを食べてしまった。カレーを食べに来たのか昼飯を食べに来たのか。全く不思議な店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「マトンアサド(ランチ、1090円)」@ビストロひつじや 神田店の写真目指したカレー屋が早じまいだったので、こちらを初訪問。ランチは、いろいろあったが、マトン料理の付くセットを。カレーは日替わり2種から1つを選ぶ仕組み。ダイコンとチキンのカレーを頼む。

 カレーは、そこそこ本格的。インド料理専門店のレベルに届いている。ルーは少し塩が利いているのが気になる。チキンの味は普通だが、やや大きめ。カレーにダイコンが合うのは驚きだ。量も、インドカレー屋のアルミ製の器より一回り大きくて、お得感あり。

 マトンは、カレーと言うよりもデミグラス系のソースで煮込んだ印象。ポテトの上にトマト、さらに、その上にマトンが乗る。ちょっと食べにくいのが難点だが、これは、なかなか旨い。ライス、ナンとも普通。しかし、おかわり自由だ。

 今回1000円オーバーンセットだったので、CPは、そこそこ。メニューには、ランチのカレー2種類を頼めるセットもあり、これが790円。店は広く落ち着いており、そのへんのカレーショップで食べるより、ゆったり出来る。この790円のセットなら、この付近のカレー屋でも、なかなかのCP。雰囲気も良いので、日常使いできそうだ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ポークカレー+ルー大盛+ライス中盛り」@スマトラカレー共栄堂の写真多分、人生で一番通ったカレー屋は共栄堂だろう。すでに昭和時代には店に足を運んでいた。当時は先代店主で、非常に腰の低い人だった。メニューは変わらず。唯一の変化は、平成の米不足の時に、ライス中盛りが登場したことくらいだろう。ただ、値段は、このところ上昇気味。基本、ポークカレー+ルー大盛+ライス中盛りを食べるので、現在価格は1200円。以前は月1に通っていたが、1200円になると他の選択肢も多いので、5カ月ぶりくらいの訪問だろうか。

 やっぱりルーが個性的。30年以上、この味の近似値に出合ったことがない。スパイシーというか、独特の苦味が後を引く。辛さはないが、なぜか力強い。この店を人に紹介すると、半分は大して反応はないが、10人のうち2人くらいが、必ずはまる不思議な店だ。

 ライスは普通。ただ、中盛りのボリュームは値上げ後に増したと思う。特に肉の量は明らかに増えた。この辺が良心的なのだろう。出来れば、肉がトロトロレベルなら申し分ないが。しかし、ビーフではなくポークなので、そのへんは難しいのだろう。

 久しぶりに老舗の味を堪能。これで1000円なら、文句ないのだが。1200円はビーフの値段だ。そう、名物の焼きリンゴを食べ損なったことを店を出てから思いだした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「贅沢ビーフカレー(880円)」@B&R 神田店の写真開店したころカツカレーを食べたので、5年近いブランク。この店が出来たころから、どうも甘いカレーが増えた。甘さは、ちょっと苦手。

 久しぶりの味。やっぱり甘い。しかし、独特のコクと苦味もあり、以前より違和感はない。しかし、時々登場する甘さは、やや気になる。

 牛肉はトロトロ。量も、そこそこ多く、お得な部類。しかし、贅沢というレベルでは、ないだろう。素直にビーフカレーと呼んだ方が、変な期待をさせないのではないか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カラアゲカレー(6個入り、800円)」@ジョイアルカレー 神田錦町店の写真素通りしていたが、神田カレーの準グランプリと言うことを思い出し、入ってみる。本日は成人の日なので、リーマンの姿はなく、家族連れや有人グループなどで5,6割の入り。1000円のビーフも気になったが、店の張り紙を見ると唐揚げ推しのようなので、そちらを。もちろん100円高いだけの6個入りをチョイス。

 まず唐揚げに拍手。そのへんの衣の固いものとは異次元。揚げたてさくさくで、アッチッチ。肉に醬油味が付いているので竜田揚げに近いか。いずれにしても、なかなか定食屋で登場するようなレベルで、唐揚げだけでライスが消えそうだ。

 揚げ物が良いと、ルーが残念なものが多いけれど、ここは違う。量をもっと多くしてもらいたい気もするが、なかなかスパイシーで本格的。辛さは強くはないものの、ピリピリして悪くはい。そしてコクがある。トマトのような野菜系のコクが、シッカリしている。揚げ物の入ったカレーなら、CPを考えれば、周辺で指折りだろう。

 福神漬けは存在していないが、代わりにタマネギのピクルスが。これも出来が良くて感心。名店ではないが、間違いなく良店だろう。近くのリーマンや学生には超オススメだ。感想を言えば、グランプリはマジではなく、こちらが正解だったのではないか。これからは、日常使いのカレー屋に昇格だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「やわらかチキンカツ(本日のインド風、790円)」@ジンコックの写真店の前を通ると、いつも満員の札がかかっている店。先日、時間があったので、並んでみる。7,8分で入店。カニクリームコロッケが人気だと言うが、初訪問なので「本日」からチョイス。席のキャパはテーブルが埋まっているとしても12人ほど。客のスペースは狭いが、意外に厨房は広い。そして注文してから15分近く待たされる。モタモタというよりも、仕事が丁寧だからだろう。いつも満員になっているのは、そんな理由からだろう。

 ルーはシャバ系のカシミール。一応インド風なので、カシミールは、どうなっているのだろ。多分、シャバ系は同じだが、スパイスの違いと想像する。

 極辛でも、そんなに辛くなく専門店の辛口より穏やか。一方、スパイシーさは、周辺の店ではトリコより上、べっぴん舎寄りは下か。レベルとしてはなかなかの香り、雰囲気で、カレー激戦区の中でも屈指のレベル。こんな店が未訪だったなんて、少し損した気分。

 カツも揚げてで、サクサクと言うよりフワフワ。この出来なら、文句なし。ルー、カツともに堪能。ここ一皿が790円というのは驚きだ。店に1月からの値上げのお知らせが張ってあった。もし値上げ後の価格なら、ちょっと信じられない。もし、この価格から値上げされても、全く高いと思わない。この近くなら、ルー・ド・メールと並び常用したい店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ホームランカレー(1000円)」@カレーの市民 アルバ 秋葉原本店の写真何年も前を素通りしていた店。どうも金沢カレーは好みではない。アキバの人気店なので試しに訪問。やはりルーが少なく、カレーを食べた気がしない。

 ルーは粘度があるものの、ご飯に比べ少なく不満。辛さはないが、そこそこコクがある。しかし、ちょっと客の入るカレーショップなら珍しくないレベル。カツは普通で驚きなし。海老フライは、そのへんの定食屋くらいのボリュームで、これは合格。ウインナーは安物ではなく、そこそこのレベル。目玉焼きは半熟で良い。しかしトッピングも、やはり驚きはない。

 ルーが少ないとカレーを食べているのか、揚げ物のカレー味を食べているのか分からなくなる。ゴーゴーよりは上と思うが、やはり好みから外れる。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件