なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

タイソン

平均点 78.317点
最終レビュー日 2019年4月8日
41 39 0 83
レビュー 店舗 スキ いいね

「ステーキカレー(サービス690円)」@新田毎 秋葉原の写真粘度のある蕎麦屋のカレー。ここでカレーを食べるのは5年ぶりくらい。少しコクがあり、そのへんが立ち食いより進んでいるか。肉はコショウがかかっているものの、薄い。ステーキというよりも、牛肉で、ステーキと考えると、ちょっと寂しい。

 サービスデーなのだが、これを1100円で食べる人はまずいないだろう。600円なら安いが、750円は高い。690円は、意外と頼みやすい価格設定なのだろう。ただ、ここはカレーより蕎麦が良い。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カツカレー」@まんてんの写真2カ月に1度は、お世話になっている店。レビューを忘れていたので、初の書き込み。この辺のB級グルメは、いもや、さぶちゃんなどがあったが、すでに閉店。学生、リーマンに愛される店として長く続けてほしいものだ。

 ルーは粘度があり、具はひき肉。レベルとては学食、社食という感じか。旨くはないと思うが、これが意外に癖になる。満足とするのではなく、ほっとする味わい。

 カツは、ほぼ揚げたて。600円いう値段を考えれば、肉も食べ応えがある。間違いなくゴーゴーに勝り、南海は揚げ方が良いので、まんてんより上か。

 ワンコインに100円足すだけで、この満足度。間違いなくプチコーヒー分は、お得だ。昔、もっと若かったころは、カツカレーにカツをたして、ダブルカツを楽しんだものだ。そして、カツもいいけれど、ウインナーやシュウマイにするとジャンク度が増す。旨い店というよりは、愛されるスポットだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ハンバーグ・黒・3辛」@スープカレー屋 鴻 神田駿河台店の写真正直、スープカレーはあまり食べない。シャバ系なら、どうもカシミールの店を選んでしまう。ここも、いつも気になったが、初訪問。

 意外にスパイシーで驚く。カシミールに比べ水っぽさを感じるものの、ルーの量が多いので、気にならない。しっかりとしたコクも感じるので、まったく不満ない。辛さは、ちょっと弱いかと思ったが、だんだんと利いてくる。辛さ、スパイシー、コクとも、普通のカレーとそん色はなく、逆に魅力を感じる。

 具は小さめのタマネギが泳ぐ。そして、ジャガイモ、ニンジン、ピーマンが大振りで1個づつ入っている。食べにくいものの、存在感を感じる。何といっても、ハンバーグが旨い。粉っぽい肉の塊ではなく、ちゃんとしたビーフ。1000円くらいに値段で、このレベルのハンバーグは超珍しい。

 一つ不満は、つけ合わせがないこと。福神漬けは似合わないが、タマネギのピクルスでもあったら、もっと食べやすいというか、旨くなると思うのだが。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ポークカレー」@ばんびの写真1時過ぎ、先客1人と、ちょっと寂しい。実力を考えれば、少し寂しいか。

 カシミールのようなシャバ系のルー。スパイス感は、しっかり。辛さは、もう少しあったほうが、好みか。コクは少なめで、その辺は不満だが、全体的に満足だ。ここのメーンは具材だろう。大きな肉隗2個。柔らかくて食べ応えがある。ビーフなら、この大きさもあるが、ポークでは超珍しい。

 しかし、付け合わせは、ほしいところ。付け合わせのない店は、正直、記憶にない。福神漬けやピクルスなんかあれば、もっとうまく感じるのに。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カシミール」@デリー 上野店の写真列が短かったので、吸い込まれように列に接続。3年ぶりのデリー。もちろん、選ぶのはカシミール。メニューを見ると、ついに値段が1000円になっていた。まあ、値上げしても客離れが起きる店ではないだろう。

 鼻に抜けるようなスパイス感、あとから襲う辛さ。さすがの味わい。日本人向けアレンジを行う店は多いが、ここはインドそのままだと思う。そのくらいの自信が、味に表れている。個人的には、インドカレーの原点だ。

 大きなチキンが3個。しっかりと味が染みて、ルーに負けていない。ただ、肉が固いのが惜しいところ。

 久しぶりだったが、デリースイッチが入ってしまったらしい。カシミール以外も、超久しぶりに食べてみなければ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「キーマカツカレー」@ターリー屋 神田西口店の写真チェーン店なので、足を運んでいなかったが、いつも混んでいるのが気になっていた。先日、昼に初訪問。ナン食べ放題のセットも気になったが、珍しいキーマカツカレーをチョイス。

 ルーは、思ったより良い。挽き肉の量も十分。ただ、もう少しスパイシーな方が、インド専門店の味になっただろう。目玉焼き付きは、お得感が増す。サフランライスは、余り味がしなかった。

 正直残念だったのがカツ。味は問題ないが、小さい。カツカレーと言うより、カツが具材のように思えてくる。このカツなら、セットを選びナンをお代わりした方が満足度が高いだろう。ただ、ヨーグルトもついてくるので、コスパは悪くはない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「フジヤマドラゴンカレー」@フジヤマドラゴンカレー 秋葉原店の写真見た目は、やんちゃな感じだが、ルーは意外に普通で驚いた。粘度のあるタイプ。少し甘みや酸味、そして苦味もあり、そこそこ複雑。人気の老舗で味が落ちたくらいのレベル。悪い意味ではなく、680円という値段を考えると、CPが良い。辛さは控えめで、7でも弱い。10でも余裕ではないか。

 トッピング追加の九条ネギとニンニクは量が少ない。しかし、ニンニクは存在感がある。具は挽き肉なので、卓上のキャベツのピクルスを入れ食感を増す。卵の黄身は、このカレーには合う。

 そして、最後に白湯スープを投入。お試し気味だったが、これがなかなかイケル。ちょっと変わったスープカレーに変身したようだ。もっと白湯を投入すると、一気にお茶漬け気分になる。なかなか面白い店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「牛カツカレー」@カレーは飲み物。 御徒町店の写真アキバと御徒町で夜限定。御徒町をのぞいたら、昼も始まったと言うこと。迷わずチョイス。

 何といってもボリュームがある。豚と違い、アッサリとした肉が食べやすい。そして、ワサビ醬油も提供される。これが、なかなか相性が良く、カレーと違和感がない。ご飯をライスで食べ、次にワサビ醬油の牛カツでと、交互にサフランライスを口に運ぶ。

 トッピングで頼んだ豆サラダや、シーチキンマヨネーズが、良い箸休め。カレーは、デミグラスっぽいので黒だろう。出来れば、個人的な好みの赤なら、もっと満足感が高かった。ルーを選べるようにしてくれれば、魅力が増すだろう。

 CPで考えると、豚が200Gで確か300円プラス。牛カツが黒より310円高いだけなので、牛カツの方がお得感がある。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「牛すじ煮込カレー」@欧風カリーMの写真アキバ中央口方面では、少し穴場の場所。それでも、そこそこ混んでいるのには驚き。限定ぽいものもあったが、ここは牛すじ。

 欧州と聞いていたが、味はカレーライスに近い。食べてみると少しコクを感じる。個人的には、肩透かし感も。牛すじはトロトロで旨い。ライフは普通か。ちょっと量が少ないので、最初から無料の大盛を選んだ方が、後悔がないだろう。

 個性的なのは、薬味というか皿の上にモヤシが乗っていること。これが意外にルーと合う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ハード(辛口)+玉子」@インデラの写真10年は来店していない。場所を忘れてしまい、少し迷った。注文はハード、もちろんゆで卵付き。

 個性的なルー。苦味は珍しくないが、ここは酸味がある。個人的には、ちょっと好みから外れる。しかし、卓上に並ぶ薬味というか、おかずと言った方がよい箸休め。わかめの柴漬けとかザーサイなど5種類くらい選び、結局、この薬味をおかずに3分の1ほどライスを食べてしまった。カレーを食べに来たのか昼飯を食べに来たのか。全く不思議な店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件