なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「あぶりチャーシューカレーライス 850円」@らーめんひの木の写真日曜の12時過ぎに到着。以前こちらで激辛のラーメンを食べた際に、厨房の中の貼り紙に「あぶりチャーシューカレーライス」というのがどうしても気になり、こちらの方面に来る機会があったので、この度来店。入店してそのメニューを探すと確かにあった。辛くできるか聞いてみたら、やはりラーメンと同様大辛までは同額とのことで、それでオーダー。この時間先客は一組だけだったが後客が続き、空席が一つだけになった。

出てきた一皿はかなりボリュームのあるビジュアルで、その後スープが出てきた。カレーは粘度があるビジュアルで、フライドされたオニオンやガーリックがその上に載っていた。食べてみると、豚骨と魚介の出汁にかなりの辛さが相俟って美味しい!かなりのねっとり感があり、口の中に辛さが留まる味わいである。前回食べたラーメン同様激辛まではいけると思ったが、それ以上は危険だと思った。ルーの中に具材はないが、野菜や挽肉が溶け込んでいるように感じられた。食べ進めると辛さはいいが、粘度と相俟って濃さが引っかかってきた。ルーのボリュームは結構多めだと思った。ライスはやや硬めの炊き加減で、クオリティは標準的。デフォでフルにかかっているので、そのままの味はわからなかったが、一体感があった。具材は炙られたチャーシューで、食べてみると香ばしさと旨みがあって美味しいが、旨みの方がカレーの味で相殺されているようにも思った。どちらかというとラーメンのスープの方が相性はいいかなあ・・・。単体では悪くはないと思った。オニオンはカレーやライスと併せて美味しい。ガーリックも同様であるが、ルーが濃いので、くどさが見えていた。スープは豚骨ベースの味わいであるが、アツアツで美味しいもののカレーと共に飲むとカレーの辛さが目立つ。そのためヒリヒリ感が持続してしまい、食べるのに少し苦労した。

後半「辛いですか」と店主から聞かれ、「辛くて美味しいです」「神奈川で一番辛いお店と聞いています」と答えた。この一皿もルーの出汁が効いており、辛さも美味しさを引き出していたが、粘度や濃さがくどい味わいになっていたのが惜しい。もう少しスープを加えていたらかなり違った味わいになっていたのではなかろうか。ヒリヒリ感を口の中に残しつつ退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。