なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「(アフタヌーンサービス)ザイカレー 880円」@ロージナ茶房の写真平日の14時半に到着。一橋大学生御用達の老舗喫茶店が激辛カレーを提供していると聞いて来店。ランチ時と14時半以降でポーションが違うと聞いているが、それにも興味があった。入店すると1Fはほとんど席が埋まっていた。案内されて着席後、すぐに掲題のメニューをオーダー。この時間確かに学生風の方が多いが、一人の大人客も多い。先に出していただいたアイスコーヒーを飲みながら待つことにする。

出てきた一皿は楕円形の皿に大きくライスとカレーが盛られたビジュアルで、確かにネットで見るランチのそれとはボリュームが違うと思った。食べてみると、酸味と辛さに解れた肉が相俟って美味しい!トマト系の酸味にチリペッパー的な辛さが効いて美味しさとなっている。激辛と聞いていたがさほどではなく、最初は辛くないが後からジワッと出てくる辛さで、カレーの美味しさが伝わってくる味わいである。適度なスパイス感もあり、何となくGHEE(原宿)系のエッセンスがあると思った。具材は野菜が溶け込まれており、ほぐされた牛肉片がゴロゴロとある。食べてみるととても柔らかくカレーと相俟って美味しい!これをライスと併せて食べてみると一体感が出ていて美味しく感じられた。量的には満足感があるが、ライスのクオリティは普通で、パサつきが目立つ。量として存在感があるものの、カレーの味わいが突出しているように思われた。付け合せ的に茹で玉子とピクルスがあって、カレーと併せて食べてみると、玉子の旨みとカレーの酸味が合っており、これも美味しい。ピクルスは口直し的役割で、これも美味しく食べることができた。

トマトの酸味とチリペッパーの辛さ、そして牛肉の旨さでバランスが取れている味わいのカレーで、個人的には激辛とまではいかないが、旨みのはっきりとした辛いカレーという印象であった。カレーには野菜からの旨さもあり複雑性もあった。ライスもボリュームがあって満足感があったが、クオリティ的には食べた時間が影響したのだろうか。次回はランチ時に行って少なめのザイカレーを食べてみようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。