なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ビリヤニランチ 980円」@ビリヤニハウスの写真日曜の12時過ぎに到着。なかなか来れないこの界隈でのワンチャンスでこちらに来店。入店すると広めの店内に先客数組。老夫婦と学生風の方が普通にナンの入ったカレーセットを食べていた。丁寧な接客な店員さんにオーダー前に質問をしたが、答えになっていない。とりあえず掲題のメニューで、カレーは海老で激辛というのをメニューに指をさしてオーダー。すぐにラッシーとやや乾き気味のサラダが運ばれてきた。

出てきた一皿はかなりのボリュームで、通常のライスの二人前くらいである。パスマティライスでこの量はなんとなくアルカラムのビリヤニ(埼玉・八潮)を思い出したが、ライスに色ムラが少ないことやライタやカレーを後置きしていないことから、丁寧さが感じられた。食べてみると鶏系ベースの出汁にライスにしっかりとした旨みがあって美味しい!ライスは張りが残っており、とかくこの系統はグチャッとした食感に出会うことが多かったが、こちらの味と食感は良いと思った。色は香りからサフランである。ビリヤニからの香りがしっかり出ており、カルダモンそしてナツメグに近い独特な香りがしており、食べ進むとそれぞれホール毎出てきた。具材はチキンとフライドオニオンで、チキンは食べやすい大きさで美味しいが、ライスに比べて存在感が薄い。フライドオニオンは乗っかているだけで、単品だと普通であるが、この上から海老カレーをかけると香ばしさが出て、一気に存在感が増した。カレーは意外と粘度があってライスに絡む。辛さは激辛にしては少し優しめ。海老はいい食感だが、よくあるクオリティであった。ライタは思いの外濃縮感があって美味しい!カレーもそうだが量を飽きさせないための存在に感じられた。ちなみにラッシーも濃い仕様。ヨーグルト系にも個性が感じられた。

ビリヤニをこれだけのボリュームで食べたことはなく、これで大盛だとデカ盛レベルになる量で、後半飽きるかと思ったが、カレーとライタで美味しく完食することができたビリヤニであった。ライスの仕上げも良くスパイス感もしっかりとあったが、これでもっとベース出汁がはっきりして、具材に存在感があればと思った。次回来ることがあれば、マトンビリヤニでいこうかと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。