なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そばとカリーのセット 1000円 ※」@えびすやの写真※セットのカリーの単品の設定無し インドカリー・キーマカリー 単品:800円

日曜の12時半前に到着。カレーが好評のラーメン店があると聞いて来店。来店状況についてはRDBのレビューで。店内に入るとカレー系の香りが強い。着席すると隣の後客が券といっしょに50円玉を。後で気づいたのだが、玉ねぎのマリネの価格であった・・・ちょっと後悔。もう少し予習をすべきでした。ほぼ全員が掲題のメニューを食べていた。

ラーメンを食べた後すぐにカレーが出てきた。偶然かもしれないが、タイミングの良さが絶妙であった。カレーは画像左がキーマで、右がチキン。汁系のキーマは本石亭(新日本橋)以来である。そしてライスはターメリックライスをスパイスで濃い色にしたように感じられ、そのまま食べてみるとやはりブラックペッパーの味がする。ターメリック・ブラックペッパー・他いくつかのスパイスと油を入れて炊いたように感じられた。まずキーマをライスにかけて食べてみると、ピリッとした辛さに酸味が見え隠れしており、それがライスに絡んで美味しい!挽肉は小さめで、どちらかというとスープのスパイスから出ている複雑性のある味が目立つ。スパイスと肉からの旨みというシンプルながらもはっきりとした美味しさである。次にチキンをライスにかけて食べてみると、鶏肉にカレーが浸み込んでおり、それがライスと相俟って美味しい!こちらもカレーがライスに浸み込み、適度な辛さとスパイス感がしっかりと出ている。やや油が強いもののスープ・具材・ライスに一体感があった。食べ進めていっても飽きは来ないが、季節的に器がすぐに冷たくなり、カレーの温度が下がるのが早いと思いつつ完食した。

個性的なラーメンに比べカレーはどうかと思ったが、やはり個性的な一皿で、ライスはターメリックをメインにしてスパイスを効かせた味わいが素晴らしく、これがカレーと一体感を出していた。カレーについてはキーマのシンプルであるが深みのある味わいとチキンのスパイス感が美味しいと思ったが、正直冷めるのが早い。この季節仕方ないのだが、このカレーが冷めると旨さが見えなくなった感が否めない。丁寧な挨拶をいただき退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。