なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「(ランチ)ワンカレー(キーマ・マターを選択) 1300円」@純印度料理 AJANTAの写真平日の11時半過ぎに到着。二階にどうぞと案内されるが、一階は場所柄テイクアウトのシフトのようだ。テイクアウト用の自販機があるのが凄い!着席してメニューを見ると、どうも1500円のペアがおすすめのようで、カレーを2種類選択できる。1種類選択のワンカレーだと1300円・・・初めて来たのでそちらを選択。確かこちらのお店が日本で初めてキーマカレーを提供したと聞いているので、キーマ・マターをライス大盛(無料)で選択。インド系らしき店員さんは「辛いですがいいですか」等々、丁寧な受け答えであった。

出てきたカレーは全く液状のモノは無く、大きめのそぼろ状の鶏肉とスライスされた玉ねぎが載っているカレーで、ライスの量は大盛らしいボリュームであった。カレーを食べてみると、スパイスが幾重にも重なって美味しい!鶏肉からも旨みがしっかり引き出されているように感じられた。辛さも心地良い辛さで、標準的な辛さより少し辛い。この辛さにクミン・ローリエ等ホール状のスパイスとカルダモン・複数のペッパー等パウダー状のスパイスを駆使して下ごしらえした鶏ひき肉と炒められたのだと思った。マスタードの味がジワッと出てくるが、マスタードオイルを使って炒めたのではないだろうか。素晴らしい一品である!徐々に止まらなくなったきた。ライスのクオリティは標準的で、スープ・ルー状のカレーでないため、少しライスが余りかけてきた。具材は他にグリーンピースがあり、ほとんどキーマと一体化されて美味しく食べることができた。玉ねぎははっきりとアクセントを出していた。あっという間に食べてしまった。

有名店ならではの実力通りのカレーで、鶏肉も事前に丁寧に仕込まれていて、そこにスパイスを複数投入することによって旨さにシナジーを感じることができた素晴らしい一品。ライスもそれに合っていてナンより合うかもしれないと思った。クオリティの高く素晴らしいカレーであるが、これで1300円というのは高くはないだろうか。Aペア・Cペアだと200円の差しかない。このコスパはいかがなものか。美味しいことには間違いないが、高くて美味しいのは当たり前にも思うので、この採点とさせていただきます。次回は1500円のペアランチを食べてみよう、そして「Bペア」が無いことを聞いてみようと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。