なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「骨付きラム肉・野生鹿カレー・和ダシラッサムetc」@エリックサウス マサラダイナーの写真ラム半額286g1001円他(全て税別表記)。19:00前訪問。異動に伴い山手線定期が死ぬので、前から来たかった月曜日限定ラムステーキ半額狙いで。3,4組、後客ソロ含めチラホラと入り、20:00過ぎに出る頃にはほぼ満席に。
BGMはわかりやすいインド系からアコーディオン(インド?)等のインストが落ち着いた音量で。卓上調味料はなし。以前もディナー時はなかった。ランチのみ提供か、なくなってしまったかは不明。まぁウールガイ無料はだいぶサービスだよな。。限定メニューを見たら食べたいものが多数。独りコースのようになってしまった。こうなると酒もそりゃあ頼む。ワーキングクラスドリンカなのでジムビームハイボール(450円)を

◆本日の限定メニューより
・和ダシのラッサムスープ(590円)
カツオ・昆布・椎茸のブレンド出汁がベースの当店オリジナルラッサム
・カジキマグロの石窯レアステーキ 南インド的なタップナード添え(half 900円)
スパイスでマリネした新鮮なカジキマグロを高温短時間でレアに焼き上げました。スパイシーなオリーブのソースで。
・岐阜県産 山県ジビエ野生鹿のカレー(単品800円)+バスマティライス(400円)
スパイスとハーブをふんだんに使用し柔らかく煮込んだカレー。
◆グランドメニューより(おすすめ★マーク付き)
・豪州産 骨付きラム肉の厚切りスパイスステーキ(1gあたり7円/月曜半額3.5円)
赤みの味わいがしっかりと楽しめるジューシーなステーキです。本日のカット肉からお好みのサイズ・部位をお選びいただけます(標準200g~300g)

和出汁のラッサムから配膳。熱々。
ワダがひとつ入っている。豆、小麦粉風味がよく合う。
三つ葉、トマト、豆微塵。クミン、黒胡椒、タマリンド(梅も?)。
酸味はさほど尖っておらず程よく。
トマトの自然な酸味に恐らくタマリンド。梅っぽい風味もあったような?
チリの辛みは、じわじわとちゃんと辛い。
序盤は和出汁それっぽいかな~くらいで、三つ葉で和風に寄せている感じだったが、アクセント用に残しておいた後半にしっかりと出汁も感じる。底に溜まっていたのか、冷めて味わいが落ち着いてきたからか。
三つ葉の主張がやはり強いが、昆布、椎茸、鰹の風味がちゃんと出ている。しかし味わいはしっかりラッサム。
後半の方が旨いかも。

次はカジキマグロ。
ミディアム焼き、生部分は中心部に少し。火入れミスかも?
ティッカのように漬け込まれてはおらず、スパイス感は少しであまり感じない。
マリネ液の油が下部に少し溜まっている。マグロの味は普通にいい。
タプナードが旨い。オリーブ微塵に、タマリンド(梅?)で少し酸味あり。
ウールガイっぽい風味。スパイスバッチリ、辛さは控えめ。
ただ、量は少ない。いいマグロなのかもしれないが、瞬殺。

続いてお目当てのラムが到着。
グラム表示された真空パックが出され、そのなかから選べる。150gくらいのものもちょうどよく入ったとのことで勧められたが、半額なので大きめ286gを(貧乏性)。一番大きいのは330gくらいあったか。
ラム肩ロースが地元スーパーでグラム3.9円。半額の時に買いだめをしている。ラムチョップはもっと高い(半額にほぼならない)。店舗でこの価格で食べられるのは凄い。半額ディは採算度外視となっている。

レア焼き。石窯で焼かれていて、炭火焼きのような香ばしさあり。
焦げ風味と火の通った部分と生部分のラムの風味がそれぞれ味わえる&混ざる。
羊風味もちゃんとあり。旨い羊は正義。
表面に薄らスパイス風味。ラムの風味を味わうために抑えめにしているのかも。塩分もやや控えめでふんわり薫るのがまたいい。
グリーンチャツネはコリアンダーのいい風味に、酸味少しでドレッシングぽさも。辛さはピリ辛弱。とても合う。
粒マスタードは言わずもがな。フレッシュコリアンダーの刻みも当然合う。
端の大きいものが、関節可動部位のカットだったようで、外すのにやや苦戦したが、骨周り生肉、筋もまた堪らない。ほかの生き物を食べて生きていることを実感する、と言ったら大げさか。

ラストに野生鹿カレーが到着。
英語表記はVenison roghanjosh。カシミリプラオ(フルーツやナッツを炊き込んだピラフ)とセットで1350円だが、甘いものが好きでないので単品で。
北インド系かお姉さんに聞いてみると、南寄りとのこと。ロティとバスマティと迷うが、どちらがオススメか聞いてバスマティにした。

表面にオイル、トマトメインに玉葱のサラッとしたグレイヴィ。
テンパリングオイルがしっかりと浮いている。
スパイスは強めながらバランスよく。柑橘系の酸味がやや強めにあり、辛みもしっかり。汗がじわじわと出てくる。
針生姜はいいアクセントになっている。
鹿肉ホロホロ食感、適度な柔らかさの小・中サイズ片が7,8個。
クセなし。肉の味はするのだが、クセが消されているのと、食べることが少ないため、牛、豚、鶏でない味わいだが、なかなか覚えられない。臭みが消されていないものも一回食べてみたいところ。

チビチビと楽しんでいたラッサムの残りに、カレーで残ったバスマティライスを入れてフィニッシュ。
それぞれが被らず、さほど間を置かずに提供される。単品オーダーだったが、ちゃんとコースになっていた。
ハイボール3杯で5444円。贅沢気味のディナーだが、コスパは間違いなくいい。
山手線定期なくなるの痛いな~。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。